鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

整鼻術の失敗

現代において鼻の整形技術は非常に発展し、プロテーゼ挿入をはじめとした多くの方が使用できるまでになりました。
そしてその方が持つコンプレックスなどを解消しより美しくなったり、社会的に対応可能にしたりなど様々な恩恵をもたらせていることは事実です。

ただ実際、この整形手術が100%成功する保証はなく失敗したり、思うような姿にならなかったりする例も起こっていることは確かです。そのため失敗した場合の対処法に関しても把握しておかないと、対応が遅れてしまい最悪どうしようもないという事態に陥りかねません。

整鼻術の失敗

鼻に関するコンプレックスを解消

昨今鼻の整形手術では、鼻曲がりを解消する整鼻術が多く実施されるようになってきました。
周りから見ると全然気が付かないのですが、鼻に関するコンプレックスを持っておりそれを早く治したいと思っている方が多いという表れでしょう。
もちろんこの整鼻術が成功しより快適に過ごせる方が多くなった一方で、失敗する例も起こっています。
失敗した場合は化膿、鼻尖の曲がり、鼻閉塞をはじめとした後遺症や手術の傷跡が残ってしまうことになります。
そうなると非常にショックは強いですよね。
ただこの失敗に関しても、修正できる可能性があります。
その方法を知っていればもしも失敗した時でも、すぐに対応することが可能になりますのでご存知ない方は今からでも知っておくことをお勧めします。

失敗について

整鼻術も失敗があります。具体的に良く起こり得る失敗例をまとめました。
一つずつ見ていきましょう。

整鼻術の失敗

整鼻術で起こりうる失敗例、「内出血と腫れ」とは?

シリコンプロテーゼなど異物を挿入する整鼻術では、内出血と腫れのダウンタイムで個人差はありますが長引く可能性があります。鼻は顔の中心で目立つ部分でもあり、一週間を目安の抜糸とギブス外し後の腫れは3日間以上のひどい場合があり覚悟が必要です。また内出血は長期に続く場合もあり、その部分が固く変色してしまうケースもあります。内出血と腫れが長引く場合は、固くならないうちになるべく早めのケアが必要です。

整鼻術の失敗、鼻曲がりとは

鼻筋の形を整えて高くする隆鼻術は、一般的にゴアテックスという素材を使用するかシリコンプロテーゼを使います。ゴアテックスは感染がおこりやすくシリコンプロテーゼより鼻曲がりの失敗例があります。シリコンプロテーゼも形状が不適切な場合は、鼻が曲がってしまったりプロテーゼが飛び出したりのトラブルがあります。また切開部分が炎症して縫合部分の引きつれが鼻の穴の形状を変えたり、ゴアテックスは逆に重ねすぎのトラブルもあります。

精神的ショックの鼻が細すぎる失敗例

整鼻術の失敗例で多いのは、俗にピンチノーズといわれる鼻筋よりも鼻が細すぎることです。鼻筋よりも鼻が細くなりすぎると小鼻と鼻先のくぼみが、まるで洗濯バサミでつまんだような鼻になってしまいます。さらに鼻の穴の形状も変わりこの失敗は、精神的なショックが大きいため再手術が必要です。しかし一度の失敗の違和感から、なかなか満足する結果が得られません。度重なる手術は壊死するリスクが大きくなります。

名医で避けられる危険

鼻は顔の中心でとても目立つ場所のため、鼻に関する様々なトラブルがたえません。さらに精神的ショックが大きな場合で、術後のアフターケアなど大変な部分でもあります。シリコンプロテーゼをはじめさまざまなケースに経験豊富な卓越した技術力の高い名医を選択することで、これらの危険を回避することができます。鼻は脂肪が少なく皮膚の薄い部分なので、術後のダウンタイムの対処法から名医の場合は違ってきます。

納得して先へ進むことが重要

まず失敗した際には再手術できる可能性があります。
ただやみくもに再手術だというのはそれこそ過ちを繰り返す原因となる可能性が高いです。
そして経済的な負担もかなり大きいものなので、お勧めはできません。まず整鼻術に関して実績があり信頼が置けるお医者さんを探すことから始めましょう。実績のある病院を紹介する本やインターネットサイトがありますので、そちらを参照するのが良いと思われます。

そのお医者さんにアドバイスをもらって、まず手術の必要性があるかを探ってください。
手術しなくて別の方法があるのなら、もちろんそれを採用すべきだと思います。
どうしても納得できない場合は別のお医者さんのところへ通うのも問題ありません。
とにかく納得して先へ進むことが重要なので、整鼻術に精通するお医者さんの話を聞いて次のステップを決断してください。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*