鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻を高くする鼻の整形の失敗や修正・上手い病院のご紹介

鼻を高くする鼻の整形の種類まとめ

プロテーゼ(隆鼻術I型プロテーゼ(稀にL型プロテーゼ単体)と鼻中隔延長術を組み合わせます)や注入物によってお鼻の筋を通す治療法です。

異物を挿入・注入する為にご自身に合った施術内容がとても重要になってきます。効果的な治療方法をご紹介いたします。
尚、鼻の整形手術は組み合わせやバランスが大切になります。そのため、手術項目を組み合わせる事もしばしばございます。ちなみに、整形以外では洗濯バサミ等による方法を行っている方も多いですが、これは軟骨の変形を生じさせる原因となりますので止めた方が良いです。

失敗を回避するために名医を選択してください。

鼻の整形 鼻を高くしたい

症例写真

症例画像①

美容整形・手術・治療

鼻を高くしたい場合の美容整形は鼻の整形の中でも人気のお悩み・ご相談内容です。。

鼻の美容整形は、10年前のL型プロテーゼが主流だった術式から大きく変化してきており、名医であれば眉間から鼻先の角度、鼻の大きさや穴の形状までを含めた提案が出来ます。

例えば、眉間からのカーブにこだわった治療をするには隆鼻術+鼻中隔延長術+眉間プロテーゼなどの手術方法が度々行われております。

またプロテーゼやヒアルロン酸などの隆鼻術の素材も選択の幅が広がり、よりリスクを回避した治療をご相談窓口では提案しております。ご希望の方は遠慮なくお問い合わせいただければと思います。

その他の鼻の美容整形の種類については下記をご参照ください。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

おすすめのクリニックは名医が手術を行うことは重要です。

しかしそれだけでなく手術において使用するシリコンプロテーゼやヒアルロン酸の品質が良いものを取り扱っている点も安全性や信頼性の面から必要とされることです。

少なくともシリコンプロテーゼの入れかたを間違っている医師がいるクリニックなどは避けるべきです。また価格設定が明確である点もお金のトラブルを避けるために必要なポイントです。

カウンセリングや行う手術の説明やアフターケアがしっかりしていることもクリニックには重要なところです。

少なくともメリットばかりあげたりして肝心のデメリットに対する説明不足であるクリニックは問題外としていい部類です。

もちろん医師の知識やスキルがない点もまともに行っているクリニックではありえない状態であるため信頼に値しないので避けるべきクリニックの例となります。

また症例写真を公開しているならばそれがクリニックとその医師の腕が明確になっている部分であるので納得できる腕のいる医師がいるクリニックかどうかの判断材料として最適と言えます。

中には成功と言い難い症例を成功例としてあげているクリニックもあるのでおかしな症例を公開しているクリニックは気をつけなければいけません。

失敗・修正・再手術

鼻を高くしたい場合の美容整形はプロテーゼ(隆鼻術I型プロテーゼ・L型プロテーゼ)と鼻中隔延長術・鼻尖縮小術・小鼻縮小術・鼻翼縮小術や注入物が考えられます。

拘縮が起こる素材などで入れ替え・修正・再手術をしなければならなくなると厄介なので、是非、はじめから失敗しないために名医を選択して頂く事が大切です。

こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

鼻筋・鼻先を高くする整形の修正の落とし穴・トラブル例

鼻や鼻先を高くする整形の方法は複数あります。

代表的なのはヒアルロン酸を注入するメスを使わない整形手術とシリコンプロテーゼを挿入する方法があります。

前者の場合効果が薄れたらまた定期的に注入する必要がありシリコンプロテーゼの場合は手術を行った医師の埋め込みかたが悪いと鼻の形が歪んだり透けて見えたり飛び出す恐れがあります。

具体的には鼻骨と骨膜の間に埋め込むことができないとシリコンプロテーゼが安定せずに触れると動いてしまいます。

これは本来ならありえない状態ですが間違った手術をしてしまう医師も存在する点も問題です。

L字型の場合鼻先に特徴が出やすいため鼻の高くする他のトラブル以外に鼻先の変形やシリコンプロテーゼの飛び出しが発生することもあり鼻先が醜くなるケースがあります。

またアップノーズになりがちになる点もデメリットとしてあげられます。

他に高くする方法に自家組織移植で鼻を高くする方法があります。体内から軟骨を鼻に移植するので安全性が高いものの使用した軟骨によっては鼻筋が曲がってしまったりデコボコになるなどがあります。

さらに追い打ちとして失敗した場合修正することが困難であえて行う場合は鼻が陥没するのを覚悟する点が問題です。

効果・仕上がり・アフターケア

鼻を高くする美容整形の効果・仕上がりを評価する上では、鼻筋や鼻先の形状を確認する必要があります。
ばればれの形であったりすると綺麗とは言えません。

鼻の高さが低すぎると正面から見たときにのっぺりとして印象が薄くなりがちですが、横から見たときにも鼻先と唇、あごのラインがきれいに揃っていないとパーツのバランスが悪く感じてしまいます。鼻筋・鼻先を高くする整形を受けることで、正面からも横からも美しく見えるように整えることができます。

鼻筋を高くするときには、シリコンプロテーゼを挿入すると長持ちし、半永久的な効果があります。シリコンプロテーゼは軟骨に近い作りになっているため自然な仕上がりにすることができます。

L型を使えば鼻先まで高くすることが可能ですが、鼻先をより自然に見せるためには、鼻筋にI型を用いて、鼻先には耳介軟骨を移植して高さを出した方がよりきれいな仕上がりが望めます。

プロテーゼなどの隆鼻術でのダウンタイムはおよそ2週間程度、アフターケアとしては、血流が良くなる事のない様に安静にお過ごしください。

荒木さやかのような鼻を作る整形

荒木さやかは、日本のファッションモデルで、DJや実業家としても活躍しています。
そんな彼女の魅力は、目力のあるルックスで、整った鼻筋も魅力となっています。

はなは、顔の中心にあるパーツですから、顔の印象に大きく左右します。特に、日本人に多いはな先の丸い団子鼻の場合、子供っぽく見え、顔も丸く見えてしまいますから、鼻先の整形をすることで、印象を変えることができます。

はな整形というと、シリコンプロテーゼを挿入する隆鼻術が有名ですが、それ以外にも、ヒアルロン酸注射によるプチ整形や、鼻先を高くする軟骨移植、小鼻を小さくするなどさまざまな種類があります。

はなにコンプレックスを持っている人は、他のパーツよりも大きかったり、上を向いた豚はなや、鷲はななど、どうしてもマイナスの印象を与えてしまいます。

こういった悩みを解決してくれるのが、はなの整形手術です。

はなの整形といっても、高くしたり小さく調整したりなど、いろいろな方法がありますし、クリニックによっても金額はまちまちです。

実際希望する方法が自分にあっているかどうかを知るためにも、事前のカウンセリングでどんなタイプが理想などかなどを相談したうえで、選ぶことが大事です。

整形手術というと、大がかりな外科手術をイメージするかもしれませんが、一番手軽なヒアルロン酸注射の場合10分程度で終わりますし、半永久的に形を維持できるシリコンプロテーゼの場合、施術時間は30分程度で終わります。

ただ、美容整形を行うと、手術に伴う腫れやむくみなどができやすくなり、日常生活にも制限が起きてしまうことがあります。

このダウンタイムは、個人差がありますが、シリコンプロテーゼの場合には、1週間程度は腫れることがありますから、事前に確認しておくとよいでしょう。

上手な医師・クリニックの特徴

鼻を高くするにあたっての上手な医師は正しい知識と技術力が求められます。特にシリコンプロテーゼの埋め込みかたの方法が間違っている医師もいるのでトラブルに繋がっているのが問題とされています。

また手術をして感染を起こしたり修正が必要になった場合も対処できることが必要な条件となります。

また患者が言うことをホイホイ安請け合いする医師はそもそもまともに行おうとする意思がないので結果的に失敗につながる可能性が非常にな高くなってしまうので患者側からも信頼できるか見極めることは重要なポイントです。

鼻の状態や希望する仕上がりや高さによって適切な手術方法を選択する必要があるためそれらのやり取りや説明の能力も結果につなげるには必要な要素です。

医師側と患者側の相違があるのになんの対処をしないで手術をした場合患者が望まない結果になることは十分起こり得る点です。

よってカウンセリングから説明やアフターケアに至るまで納得と信頼できる医師であることはその知識や能力テクニックをフルにして立派に仕上げることにも繋がっています。

よってあまりにクセが強い医師の場合は患者が望まない結果の元になり得るのでちゃんとした医師に変更して手術をすることが大切です。

トラブル・リスク・デメリット・後遺症・ダウンタイム・腫れ

鼻を高くする美容整形におけるトラブル・リスク・デメリットをご紹介いたします。

代表的なリスクとしては、polly-beak変形やピンチノーズなどのトラブルです。

技術が低いドクターを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。

鼻を高くする美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。
ご相談窓口でも説明いたしております。

腫れ・ダウンタイムについては、プチ整形のもので1日~数日程度、隆鼻術のシリコンプロテーゼやゴアテックスなどは2週間程度が目安となります。ダウンタイム中に外出をしなければならない場合には、マスクなどで隠す事をお薦めいたします。

鼻筋・鼻先を高くする整形受けるなら?口コミで評判の美容外科・クリニック

鼻を高くする美容整形によって鼻が低い事を改善したり、ホリを深くしたりといった事が可能となります。

隆鼻術と言っても、プチ整形によるヒアルロン酸と、本格的な整形であるシリコンプロテーゼやゴアテックスでは解決出来るお悩みが異なりますので、出来ればクオリティの高い手術を選択する様にして下さい。

ご相談窓口にて、名医の条件、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽のご相談頂ければと思います。

シリコン?ゴアテックス?クリニック選びのおすすめ

施術には色んな方法がありますが、長く効果を維持する方法を選ぶとしたら技術が必要だときいたので、優れた医師に行ってもらいたいです。

ちなみに鼻筋・鼻先を高くする整形を行っている栗にっもも多いのですが、拘縮が起こるタイプ隆鼻術をしているクリニックがほとんどです。ゴアテックスなどでの治療を受けることができる病院は限られています。

シリコンプロテーゼとゴアテックスの違いについてはご相談所で解説しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

料金相場・安い病院に注意

鼻筋・鼻先を高くする整形を一度に行ったときににかかる費用は、安いところで680,000円ほどになりますが、選択した術式によって違いが出てきます。

切開は鼻の穴の中から行われることが多くなりますが、状況によって鼻柱部分も切開することがあります。

シリコンプロテーゼを入れ慣れていない医師が行ってしまうと位置をずらしてしまったり、必要な高さが出ない、入れる位置が悪くて表から入れたことが分かる状態になってしまう失敗があります。

鼻先に入れる耳介軟骨もずれてしまうと、不自然な位置に高さが一番出てしまい、鼻先が曲がっているかのように見えてしまいます。

一度入れたものを取り出して修正を行うと皮膚のたるみなども起きやすくなってしまうため、初めから正確な対応ができる医師による施術を受けたほうが良いです。

東京で鼻筋・鼻先を高くする整形による評判が高いクリニックなら、理想的な鼻筋と鼻先に形成してもらえる可能性が高くなります。名医紹介は下記からお問い合わせください。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*