鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻先を前に出したいときの整形方法まとめ

鼻の整形 鼻先を前に出したい

鼻先を前に出す美容整形としては耳介軟骨移植、鼻中隔延長術、鼻尖縮小術3Dなどが考えられます。これらの手術では、鼻先を延長する事で日本人特有の団子鼻を改善したり鼻先の角度を調節することもできます。

特に鼻中隔延長術は美容整形における大きな発明と言われる手術です。

鼻中隔延長術では、(1)鼻尖を高くする方向(2)鼻尖を下向きに降ろす方向(3)鼻柱を下向きに降ろす方向
に延長させることができます。状態に合わせた術式を提案してもらう必要があります。

使用する軟骨の種類を大きく分けますと、
・耳介軟骨(じかいなんこつ)
・肋軟骨(ろくなんこつ)
・鼻中隔軟骨(びちゅうかくなんこつ)
・保存軟骨(ほぞんなんこつ)
のいずれかを移植する軟骨として(組み合わせる可能性があり)延長します。

鼻の整形 鼻先を前に出したい

鼻の整形 鼻先を前に出したい 症例写真

症例画像①

鼻の美容整形・手術・治療

鼻先を前に出したい場合の美容整形は鼻の整形の中では人気のお悩み・ご相談内容です。

鼻の美容整形は、10年前のL型プロテーゼが主流だった術式から大きく変化してきており、名医であれば眉間から鼻先の角度、鼻の大きさや穴の形状までを含めた提案が出来ます。

例えば、手術方法としては、隆鼻術と耳介軟骨移植や鼻尖縮小術3Dや鼻中隔延長術を組み合わせた治療などが考えられます。

よりリスクを回避した治療をご相談窓口では提案しております。ご希望の方は遠慮なくお問い合わせいただければと思います。

鼻の整形 鼻先を前に出したい 失敗・修正・再手術

鼻先を前に出したい場合の美容整形は耳介軟骨移植や鼻尖縮小術3Dや鼻中隔延長術が考えられます。拘縮が起こる素材などで入れ替え・修正・再手術をしなければならなくなると厄介なので、是非、はじめから失敗しないために名医を選択して頂く事が大切です。

こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

鼻の整形 鼻先を前に出したい 効果・仕上がり・アフターケア

鼻先を前に出したい美容整形の効果・仕上がりを評価する上では、鼻筋や鼻先の形状を確認する必要があります。
整形をした事がばればれの形であったりすると綺麗とは言えません。

耳介軟骨移植や鼻尖縮小術3Dや鼻中隔延長術などのダウンタイムはおよそ2週間程度、アフターケアとしては、血流が良くなる事のない様に安静にお過ごしください。

一條りおなのような鼻になりたい時の整形方法

一條 りおなのような鼻になりたい時の整方法形には、プロテーゼの挿入によって高さを出す手術や、先端まで高くするための軟骨移植、先端を下に伸ばす手術、などがあります。

女性には少しでもきれいに見られたいという願望があります。そして自分の容姿には少なからずコンプレックスを持っているものです。

目が小さいのがコンプレックスの人は、アイシャドウやつけまつ毛などで大きく見せる努力をします。唇が薄いのが嫌だという人は口紅やリップグロスの塗り方を工夫してふっくらと見せることもできます。

しかし、メイクでごまかしがきかないのが鼻です。低かったり、あぐらをかいてたりすると、ごまかすこともできず、美人とは程遠いイメージになってしまいます。

コンプレックスを一気に解消したいなら美容外科での整形がおすすめです。整形手術を受ければ一條 りおなのようになることができます。

しっかりと鼻筋が通って高さも申し分ない一條 りおなのようになりたいなら、I型プロテーゼ挿入で実現できます。

プロテーゼの挿入によって高さを出す整形ですが、鼻先までの長さは無いため、先端まで高くしたい場合は、軟骨移植などの手術を同時に行う必要があります。鼻の穴が見えやすいタイプの人は鼻中隔延長術で鼻先を下に伸ばす手術を受ける必要があります。

このような手術によって鼻筋の通った美しい顔に近づくことができます。

しかし、美容整形である以上、リスクや失敗はつきものです。失敗しないためには、腕の良い医師を選ぶ必要があります。

料金が安い、誰かが良いといっていたなどという安易な理由で選ぶことはせず、どれだけの実績があり医師はどれくらいの手術の経験があるのかなどを確認するようにしましょう。

仕上がりの美しさも大切なので、症例写真を参考に、自分と美的センスが合うドクターを選びましょう。

気になる人は実際にカウンセリングを受けて、そのクリニックやドクターが信頼できるかどうかを判断しましょう。当相談所で名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

鼻の整形 鼻先を前に出したい トラブル・リスク・デメリット・後遺症・ダウンタイム・腫れ

鼻先を前に出したい美容整形におけるトラブル・リスク・デメリットをご紹介いたします。

代表的なリスクとしては変形や曲がりなどのトラブルです。

技術が低いドクターを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。

鼻先を前に出したい美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。
ご相談窓口でも説明いたしております。

腫れ・ダウンタイムについては、耳介軟骨移植や鼻尖縮小術3Dや鼻中隔延長術などでは2週間程度が目安となります。
ダウンタイム中に外出をしなければならない場合には、マスクなどで隠す事をお薦めいたします。

料金・安い病院

鼻筋・鼻先を高くする整形を受けるなら、安いクリニックだと30万円くらいから施術ができますが、どんな方法で行うのか、鼻先だけなのか鼻筋から全体にかけて整形をするのかによって費用が大きく変わってくるので事前にしっかり確認をしましょう。麻酔の料金が含まれていないときは検査も含めて別途5~10万円くらいの追加料金がかかり、ギプスや手術後の診察もプラス料金になることがあるので、トータル50万円くらいの予算を用意しておくのが無難です。

鼻筋・鼻先を高くする整形の口コミ人気が高いクリニック・名医は?

日本人は生まれつき鼻が低くて鼻筋が丸まっていることが多いので、外国人のようなすらっとした鼻筋や整った鼻先になるための整形手術を受ける人が増えています。だんご鼻や平べったい鼻を美しい高い鼻にするための整形を受けたいなら、鼻尖縮小術や鼻中隔延長術に対応しているクリニックが人気で、鼻筋・鼻先を高くする整形に特化したコースがたくさんあるので口コミでも話題になっています。

鼻の手術は繊細な作業なので実力のある医者の技術が問われ、わずかなミスでも仕上がりに影響して思い通りの見た目になれないことがあるので経験が豊富なドクターがいる美容外科でしっかりとカウンセリングを受けたり事前の打ち合わせを何度も行ってから自分に本当に合った整形を受けることが大切です。人気の医院ならこれまでの治療例を見ながら具体的に相談をしたり、自分の顔をモニターに映して完成イメージを確認することができるので、理想の鼻を手に入れるのに役立ちます。

鼻筋・鼻先を高くする整形は皮下組織や軟骨を数ミリ単位で削ったり移植したりする精密作業なので、経験の浅い医者は削りすぎてしまったり左右のバランスが悪くなるような失敗をすることもあります。評判のよい医者だと鼻を含めた顔全体の印象や、施術を受けたい人の性格、服の好みなどを考えて最適な形になるように整形をしてくれるので、顔全体のバランスや雰囲気もきれいで仕上がりに満足できます。

まとめ

鼻先を前に出したい美容整形によって、団子鼻や丸くて低い鼻を変えたりといった事が可能となります。
クオリティの高い手術を選択する様にして下さい。

ご相談窓口にて、名医の条件、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽のご相談頂ければと思います。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*