鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

L型プロテーゼのデメリット3つのまとめ

美容整形では色々な美容整形が行われています。
その中でも特に人気なのが、プロテーゼ法です。

プロテーゼ法はシリコンを挿入し、鼻を高くできる隆鼻術の事を言います。

鼻の形が大きく変わる為、鼻が低いというコンプレックスも、プロテーゼ法によって解消する事が可能です。

シリコンには大きく分けて、I字型プロテーゼとL型プロテーゼがあり、鼻全体を高くしたいという場合は、L型プロテーゼが選ばれるケースが多いようです。

L型プロテーゼのデメリット

L型プロテーゼのメリット

L型プロテーゼはシリコンが、アルファベットのLのような形をしているのが特徴です。
鼻に挿入すると鼻根から鼻先まで全体を、高くする事ができます。
前から見た時だけでなく、横顔も美しくなるのがL型プロテーゼのメリットです。

シリコンを挿入する際は、鼻腔内を切開してそこから入れます。
切開するといっても、わずか数ミリという小ささです。

また、顔の表面には一切メスを入れない為、傷跡が残ってしまうというリスクもありません。
費用はクリニックによっても変わってきますが、平均して約30万円程度が相場です。

リスクやトラブルについて

鼻のコンプレックスを解消できるとして人気の隆鼻術ですが、どんなに美容整形の技術が向上したとしても、リスクやトラブルはつきものです。

L型プロテーゼでの隆鼻術で起こるデメリットとしては、皮膚が赤くなるという事が挙げられます。

このプロテーゼは形の性質上、皮膚に負担がかかりやすく、場合によっては時間の経過と共に皮膚が赤くなってしまうケースが出てきます。

また、高さのあるプロテーゼを入れてしまった場合、皮膚への負担が大きくなり過ぎてしまい、皮膚を突き破って飛び出してくる事さえあります。

このようなトラブルを避ける為にも、L型プロテーゼを挿入する際は、形などを医師としっかり相談して決めましょう。

また、大幅に鼻の形が変わる為、施術後に仕上がりに違和感を感じる方もいるようです。
より自然に鼻を高くしたいという場合は、L型プロテーゼ以外での隆鼻術がおすすめです。

「鼻筋・鼻先の圧迫」デメリットについて

よくある失敗例:鼻先の圧迫を回避!L型プロテーゼのデメリット予防策。

L型プロテーゼによる施術では、鼻筋・鼻先の圧迫が起こるリスクがあります。これは、挿入するプロテーゼが鼻にフィットしていない事が要因です。

手術後はあまり違和感を感じないのですが、時間の経過とともに圧迫が強くなっていきます。そのまま放置すると、鼻先が赤くなる、炎症なども起こります。

そして、皮膚が圧迫され続けるので、プロテーゼが鼻から出てしまう恐れもあります。そのため、リスクを減らすには、症例数が多い医師に任せる事が大事です。

「ピンチノーズ」デメリットについて

L型プロテーゼによる治療を受けると、施術後にピンチノーズになるリスクがあります。これは、鼻先が鼻を指でつまんだ時のように変形してしまう症状の事です。見た目がとても不自然になることから、周りに美容整形を受けたことがばれてしまいます。

この症状を解消するには、プロテーゼを除去して再び入れ替えるなどの施術が必要になります。体に大きな負担となるので、信頼できる医師に依頼する事が大事です。

「プロテーゼがずれる」デメリットについて

L型プロテーゼによる施術を受けると、プロテーゼがずれるなどのリスクがあります。これは、執刀をした医師が未熟で、正しい処置をせずに施術をした事が要因です。

挿入したプロテーゼがずれたまま放置すると、鼻筋が歪むなどしてとても不自然な印象になってしまいます。そのため、プロテーゼを取り除く治療を新たに受けなければいけません。体に大きな負担となるので、リスクを減らすには信頼できる医師を見つけることが肝心です。

施術のリスクを減らすには名医を見つける事がおすすめ

L型プロテーゼによる治療とは、鼻の内側を切開してプロテーゼを挿入することで鼻を美しくする美容整形です。挿入するプロテーゼは、人間の軟骨に近い性質なので、体内に入れても全く安全性に問題はありません。ただ技術の未熟な医師が施術を行った場合、失敗する可能性もあります。

よって、実績が伴い、技術の高い医師を選ぶことが大切です。当相談所では名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*