鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

切らない鼻翼縮小術のデメリット3つのまとめ

特殊な糸を使って小鼻を小さくする方法

切らない鼻翼縮小術でも最も多く行なわれているのは、特殊な糸を使って小鼻を小さくする方法です。

小鼻の両端に糸を通して、左右の小鼻を中央に引き寄せて小鼻を小さくします。糸も身体に残るナイロン製の糸と体内に自然に吸収される糸があります。

体内に吸収される糸は約3〜6ヶ月程度で効果が薄れるデメリットがあり、定着するまで何度か施術を行なう必要があります。

糸で施術をする以外には注射を使って小鼻を小さくする施術もあり、脂肪溶解注射とボトックス注射があります。

脂肪溶解注射は、小鼻についた脂肪を減らして目立たなくする効果があり、ボトックス注射は小鼻を広げる筋肉の働きを抑えて小鼻を縮小させる効果が期待できます。

費用について

切らない鼻翼縮小術の費用は、糸を使用する施術は約20万円前後で、注射の場合は1回2〜3万円程度です。
鼻翼縮小術を成功させるためには、病院や医師を選ぶことが大切です。

鼻は顔の印象に左右するもので、高い技術力はもちろんのこと、優れたデザイン能力も必要になります。

さらに施術前やアフターケアなどもスムーズに行なえることも大切なので、施術前のカウンセリングなどを活用して、医師や病院を見極めることも必要なことです。

切らない鼻翼縮小術のデメリット

切らない鼻翼縮小術のデメリットをまとめます

切らない鼻翼縮小術は、メスを使用せずに糸を使用して鼻先を細くするプチ整形です。

鼻が大きくて低いため修正したくても、メスを使用する整形をすることに抵抗を感じる場合には良い施術法で、鼻先を尖らせたい場合にも有効な方法で、施術の当日からメイクが可能で、仕上がりは自然で傷跡も目立ちません。

鼻翼縮小術には、大きい小鼻を小さくする整形手術です。施術法には内側法と外側法、切らない鼻翼縮小術があります。

内側法と外側法はメスを使用して小鼻の一部を切開し、余分な部分を切除して小鼻を小さくする美容整形です。

切らない鼻翼縮小術は、メスを使用せず小鼻を切らずに小さくするプチ整形で、糸で結んで小鼻を引き締める場合と、注射によって小鼻を引き締める場合があります。

それぞれにメリットやデメリットがあり、鼻の悩みや特徴などから最適な方法を選択します。
メスを使用することに抵抗を感じる場合には切らない鼻翼縮小術です。

切らない鼻翼縮小術のデメリット

整形デメリットについて知る!後戻りしたらどうする?切らない鼻翼縮小術アフターケア

「後戻り」のデメリットについて。

切らない鼻翼縮小術を受けた場合、後戻りが起こるデメリットがあります。この施術は、そもそも鼻翼を糸で留めるだけのプチ整形なので、鼻の状態によっては効果が出にくいケースもあります。つまり、医師が鼻の状態に合う施術方法を提案してくれない事が、後戻りの原因と言えます。

施術できちんとした効果を得るには、時間をかけてカウンセリングを行い、自分に適した施術方法を訊くことがとても大事です。

「ピンチノーズ」のデメリットについて

切らない鼻翼縮小術を受けると、ピンチノーズになるデメリットがあります。これは、施術後に鼻先をピンチでつままれているように不自然な形になることです。他人から見ると整形したと一目でばれてしまうので、修正手術が必要になります。

この症状が起こる一番の要因は、医師の技術が不足している事です。医師の技術力によって仕上がりが左右されやすいので、慎重に信頼できる医師を見つけたほうが良いです。

「だんご鼻になる」デメリットについて

切らない鼻翼縮小術を受けた場合、術後にだんご鼻になるデメリットがあります。これは、施術で鼻翼を小さくしても、鼻先の高さが足りないことから起こる症状です。

医師がカウンセリングの際に、元の鼻の状態に適した施術方法を提案しなかった事で起こるトラブルです。

このようなリスクを減らすには、十分に時間をかけてカウンセリングを行い、どのような手術で効果が得られるかちゃんと把握する必要があります。

 

名医に施術を任せれば安心できる

切らない鼻翼縮小術では、鼻が横に広がっている状態、鼻の穴が目立つなどのコンプレックスを解消する事ができる美容整形です。

メスを使うことなく、小鼻の部分に糸を通して両側から中央に引っ張ることで、小鼻を引き締める事ができます。鼻に強いコンプレックスを抱えている方に、最適の整形といえます。

ただとてもデリケートな施術なので、リスクもあります。そこで、当相談所では名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*