鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

人中短縮(鼻下短縮)のデメリット3つのまとめ

人中短縮(鼻下短縮)は、鼻の下が間延びしている場合に、その長さを短くするための整形手術です。人間の顔は、数ミリの違いで若く見えたり老けて見えたりします。

その印象を与えるひとつとして鼻の下と口唇との距離があります。鼻の下と口唇は年齢とともに長く伸びてくるのが一般的であり、このため鼻の下と口唇の間が長い場合には年老いた印象を与えます。

反対に短くすることで若くみせるメリットがあります。

人中短縮(鼻下短縮)の手術方法としては、鼻と上唇の境や鼻翼と頰の境など自然な筋を切開して、皮膚を縫い縮めるといったものです。

また単に皮膚を縫い縮めるだけではなく口輪筋を鼻中隔骨の基部に引き付けることで、自然な形に仕上げることができます。
人中短縮(鼻下短縮)のデメリット

ダウンタイムや費用について

なお、ダウンタイムは2周間前後ですが、切除して筋肉を縫合するといった手術であるため3日前後は強い痛みがあります。

手術そのものは局所麻酔か静脈麻酔のどちらかを選ぶことになりますが、局所麻酔以外では麻酔のための費用が別途必要になります。局所麻酔では意識がありますが、静脈麻酔であれば痛みもなく不安のない状態で手術を受けることができます。

人中短縮(鼻下短縮)の費用としては30万円前後が相場とされますが、数ミリの違いで大きく顔の印象が変わってくるため医師選びが重要になります。

特に施術を受ける前のカウンセリングや術後のアフターケアの整っている美容クリニックを選ぶ必要があります。

デメリットについて

人中短縮(鼻下短縮)のデメリットとしては、筋肉を調整する手術であるため、後戻りが懸念されます。また皮膚や筋肉は再び伸びる可能性があります。一方でトラブルとしては医師の技量があります。

例えば縫合術が未熟な医師であれば傷跡が目立ち仕上がりが悪くなる可能性がありますし、形が思った通りに行かないといったケースがあります。

また短縮し過ぎることで上唇が引っ張られてしまい上口唇が厚く見えてしまうといったことがあります注意が必要です。

理想と違う!ガミースマイルになるのはナゼ?人中短縮(鼻下短縮)の隠されたデメリット

「ガミースマイル」のデメリットについて。

人中短縮(鼻下短縮)を受けると、ガミースマイルになるデメリットがあります。これは、医師の腕が良くなく、鼻や口元のバランスを考慮せずに無理に鼻の下の皮膚を短くしたために起こります。

鼻の下が短くなると、上唇が上に引っ張られるようになり、笑った時も歯茎が露出しやすくなってしまいます。

そのため、きれいに仕上げるには、経験、知識が豊富な名医に施術を依頼する事がとても大事といえます。

「後戻り」のデメリットについて

人中短縮(鼻下短縮)を受けた場合、後戻りが起こるデメリットがあります。この症状が起こる主な原因は、施術を行った医師が未熟で、切開した皮膚の内部処理がしっかりと出来ていなかったことによります。後戻りが生じると、患部に傷跡が残ってしまうケースが多いです。

再手術を受けることで治せますが、治療に時間がかかってしまいます。そのため、リスクを避けるには、これまで施術をたくさん行ってきた医師かどうか確認する事が大事です。

「傷跡」が残るデメリットについて

人中短縮(鼻下短縮)では、患部に傷跡が残るデメリットがあります。この症状が起こる主な原因は、担当医の縫合技術が未熟なことによるものです。縫合技術が優れている医師に施術を任せれば、通常、患部はとても綺麗な仕上がりになります。

一度、できてしまった傷は目立ちやすく、修正手術を受けても消すのはとても難しいものです。そのため、リスクを防ぐためには、きちんと技術が優れている医師を見つける必要があります。

信頼できる医師に依頼する事がおすすめ

人中短縮(鼻下短縮)とは、鼻から口にかけての長さを解消するのに最適な美容整形です。鼻の下を切開して、余分な皮膚組織を除去するだけで、間延びした感じを解消することができます。

そのため、コンプレックスを抱いている人にとって救世主的な施術です。ただとてもデリケートな整形なので、技術がない医師に任せるとリスクが高いです。当相談所では名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*