鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻翼縮小術の失敗3つと修正手術の方法

鼻の横幅はメイクなどの工夫によってごませるパーツでもないので、悩みを解決したいのであれば、美容整形手術を受けるしかありません。

現代の美容医学は急速に発展しており、美容整形技術も諸外国並みに進歩しています。

鼻の形に関する悩みの中でも、比較的多いといわれている小鼻の大きさや鼻の穴の形、鼻が低いと気にされている方も多いですが、小鼻を形成することで、意外なことに高く見えたり、鼻筋が通ってすっきりとした鼻に見えるということもあるようです。

鼻翼縮小術の修正

知っておくべき手術の説明

鼻翼縮小術のダウンタイムは2週間ほどですが、切開をしないプチ整形の場合は1週間程度で腫れもなくなります。

美しい鼻を手に入れることのできる鼻翼縮小術ですが、リスクが皆無というわけではありません。

医師の技量や治療方法の選択ミスにより、鼻翼縮小術が失敗に終わるケースも存在します。

失敗例のひとつは傷跡が残ってしまうということです。

内部から切開した場合は問題ありませんが、外側から切開した場合は少し傷跡が残ることもあります。

また鼻の形成そのものが上手くいかない場合もあります。切開せずに糸をもちいて引っ張り合うだけのプチ整形の場合は効果が乏しく、後戻りする可能性が高くなります。

鼻翼縮小術の失敗

鼻翼縮小術の修正・トラブルは意外とお金がかかる!?

鼻翼縮小術による修正は、鼻の中を切開することによって鼻を小さくし、丸みを減らすことを目的といて行われる施術です。

鼻翼縮小術の修正をすることによって、小鼻の膨らみが改善し、笑った時に小鼻の広がりを目立たなくする効果があります。

鼻翼縮小による修正は、切らないプチ整形とは異なり、外科的な施術となるため、半永久的に効果を得られるというメリットがあります。

しかしながら、鼻翼縮小術の修正は外科的な施術となるため、しっかりと設備が整ったクリニックで、かつ技術力のある医師による施術が必要となります。

なぜなら、鼻翼縮小術の修正は外科的な施術となるので、クリニックの衛生管理と医師のデザイン力が非常に重要となるからです。

鼻翼縮小術による修正の失敗例として挙げられるのは、鼻翼縮小術による修正を行った後に、ほうれい線が目立つようになってしまうという失敗例もあります。

この失敗例は、医師のデザイン力の問題でもありますが、皮膚を切り取ると、皮膚と皮膚の緊張関係の問題で顔のバランスを崩すこととなるので、それによってほうれい線の部分の皮膚が引っ張られてほうれい線が目立つようになるケースがあります。

こうしたケースでは、笑顔が不自然になるというケースもあります。

こうしたケースは医師の技術力に問題があるケースなので、信頼できる医師に施術を任せることが大切です。

上手な医師・クリニックの特徴

鼻翼縮小術の修正は鼻を切開する外科的な施術となります。そのため、技術力のある上手な医師が施術をする必要があります。

上手な医師の特徴としては、鼻翼縮小術の修正の前にしっかりとカウンセリングを行うという特徴があります。

カウンセリングは医師が患者さんの意向を聴くための重要な機会です。

患者さんがどんな鼻のかたちにしたいのかを聴かないと、医師はどんな鼻のかたちにするかを本来であれば決めることはできません。

そのため、上手な医師は事前のカウンセリングをしっかりと丁寧に行い、施術プランをしっかりと説明してくれます。

鼻翼縮小術の修正に関するカウンセリングをする際に、上手な医師はメリットだけはなく、施術に伴うデメリットについても説明してくれます。

デメリットまで説明してくれるのは、施術に関する知識が非常に豊富であるからです。

患者さんができるだけリスクをとらないようにするために、しっかりとメリットだけではなくデメリットも説明してくれます。

施術に関して無駄なセールスなどもないので、安心して施術を任せることができます。

上手な医師はしっかりと丁寧にメリットとデメリットを説明し、施術プランからアフターケアまでしっかりと説明してくれます。

鼻整形の名医-失敗と効果

安易に料金だけで美容外科を決めると失敗する

美容外科も数多くあり、なかには格安の料金設定のところも存在します。しかし失敗する可能性を考えれば、安易に料金だけで美容外科を決めてしまうのはリスクが高すぎます。

できるだけたくさんの情報を集めたうえで、実際にカウンセリングを受けてみて信頼できると判断してから、鼻翼縮小術に取り組むように心がけましょう。

鼻翼縮小術の失敗「後戻り」はなぜ起こる?

鼻翼縮小術では、手術後の後戻りの可能性があります。
これは、未熟な医師による手術の場合に起こりやすいトラブルです。

この手術では、内側から切開する方法と、外側から切開す方法があり、その手術の方法や、どのぐらいの切除を行うかは医師の判断によります。

正しい判断を行える医師で無いと、手術後に後戻りなどのトラブルが起きやすいので、カウンセリング時に手術についての説明をきちんと受けておくことが大切です。

ピンチノーズになるリスク

鼻翼縮小術とは、小鼻の部分を一部切除して、小さくする手術のことです。
この手術によってピンチノーズになってしまうというリスクがあります。

ピンチノーズとは、ピンチで鼻をつままれたような状態のことを言います。

このような状態になってしまった場合には、他の手術によって修正が必要となってきます。
その場合には、麻酔のリスクや体への負担も大きくなるので、注意が必要です。

リスク回避のためにも医師選びを慎重に行いましょう。

傷跡が残る可能性がある

鼻翼縮小術では、元の状態によって鼻の内側を切開して手術を行う方法と、外側を切開する方法があります。

鼻の内側を切開する方法であれば、顔の外側には傷が残らないので傷跡が残る心配はありません。
しかし、大きな変化が出しにくいというデメリットがあります。

これに対して、外側を切開した場合には、医師の縫合技術が低い場合には傷跡が残ってしまう可能性があります。

しかし、大きな変化を出すためにはこちらのほうが効果的です。

鼻翼縮小術の失敗

おすすめの成功術とは

鼻翼縮小術において、最初から希望する仕上がりにするためのおすすめの方法としては、医師選びを慎重に行うことです。

美容整形には様々な方法があり、医師によって得意とする部位や手術が異なります。

自分の希望している手術を得意としている医師であれば、手術の経験も豊富で、知識もあるので安心して任せることが出来ます。

医師によっては症例写真を公開している場合もあるので、事前にチェックしておくことも大切です。

成功させるポイント

鼻翼縮小術は、大きすぎる小鼻を小さく縮めることで、すっきりとしたバランスの良い美鼻に整える美容整形手術ですが、患者さんの鼻の形によって、どれくらいの皮膚を切り取るのか、どこからどう切るのか、といった見極めが仕上がり具合に大きく影響してしまうものなので、鼻翼縮小術を成功させるポイントは、執刀する医師選びを間違えない、ということに尽きます。

鼻翼縮小術は前述したように、皮膚組織を切り取る手術になるため、切りすぎてしまった場合にはもう修正できません。

鼻翼の大きさ、鼻の穴の大きさが、左右非対称となってしまったり、不自然な形になってしまうこともあり、医師のセンスや技術力に加えて、数ある治療法の中から、どのような治療を行うのがベストな選択なのか、患者さんの思い描いている理想を実現できるのか、をしっかりと見極めることのできる医師を見つけることが重要です。

鼻翼縮小術の切りすぎた失敗を治すには、他の部分から組織を移植するしかなくなってしまうので、ダウンタイムやコストがさらにかかってしまいます。

鼻の手術は、鼻翼縮小術に限らず、いくつかの処置を組み合わせることも多いので、より多くの症例を手掛けている名医に行ってもらいましょう。

技術力の高い美容外科を選択することがとても重要

さらに医師の技量によって鼻翼縮小術が失敗することがあります。

この手術はもともとの鼻の形を考慮して、外側から切開するか内部から切開するかを判断しますが、その判断を誤ると術後の鼻の形が崩れてしまうこともあるのです。

さらに鼻翼縮小術を行った場合、小鼻が下がった印象になることも多いのですが、これは切開した皮膚を縫合することが原因とされています。

この状態を避けるためには、手術前に完成形のデザインを正確にイメージしておくことが重要になりますが、これも当然ながら医師の技量に左右されます。

鼻翼縮小術は組織を取り除く方法ですので、失敗を修正する場合には困難がともないます。ですからまずは技術力の高い美容外科を選択することがとても重要になるのです。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

鼻翼縮小術の修正は鼻のかたちをきれいに整えるために有効な施術と言えます。しかしながら、鼻翼縮小術の修正はリスクもあることを理解しておくことが大切です。

顔の中心に位置する鼻のかたちが崩れてしまうと、顔全体の印象も崩れてしまいます。

鼻のかたちは顔全体のバランスを決めることになるので、技術力が高くデザイン力の高い医師に施術を任せるようにすることが大切です。

鼻翼縮小術の修正が上手な医師は施術経験も豊富でデザイン力とデザイン力がある医師です。

鼻翼縮小術は外科的な施術であるため、衛生状態の整ったクリニックで施術を受ける必要があります。

上手な医師では、事前にしっかりとカウンセリングを行ってくれますのでイメージしたような鼻のかたちにすることができますし、メリットとデメリットまで説明を行ってくれるので安心して施術に臨むことができます。

当相談所では名医を紹介させていただきておりますのでお気軽にご連絡ください。衛生管理の行き届いたおすすめのクリニックに所属する技術力とデザイン力の確かな医師をご紹介させていただきます。

お客様が安心して施術を受けられるようしっかりとサポートさせていただきますので、まずはご連絡下さい。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*