鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻骨骨切りのデメリット3個を解説

鼻骨骨切りとは鼻の中間部分の横幅を狭める手術のことを指しており、これによって目と目の間が離れ気味だった場合でもしっかり中央に寄せることができるのでバランスのいい顔のつくりを行うことができます。

また、鼻が大きいというコンプレックスを解消してくれるというところもメリットとなっており、現在ではあまり行われることが少なくなっている手術のひとつではありますが直接鼻の整形をすることができるということでいくつかの美容クリニックでは行っているところもあります。

鼻骨骨切りのデメリット

デメリットについて

ですが鼻骨骨切り手術は名前の通り、直接鼻の骨を削って整形するという手術方法となっているので当然デメリットも生じてきます。

どういうことなのかというと、そもそも現在あまり行われなくなった理由のひとつが鼻骨は非常に薄いので削ってしまうと強度が弱くなってしまうというところであり、鼻骨骨切りを行うことによって鼻骨の強度を弱めて骨折などをさせやすくしてしまうという問題があります。

それ以外にも鼻骨骨切り手術のデメリットとして上げられているのが手術の対象として適正と判断される鼻の形状であり、本来は鼻筋が太いという人にオススメされている手術となっています。

逆に言えばそれ以外の鼻の形状をしている人にはあまり向いていない手術となっており、そのような人が鼻骨骨切り手術をしてしまうと思ったとおりの仕上がりにならなかったり、小鼻縮小術などのほかの手術をしている場合は鼻筋が太いという人でも仕上がりが不自然になってしまう可能性があります。

隠されたデメリット!鼻骨骨切りで「傷跡が目立つ」ということがある

切る箇所によっては傷跡が目立つ可能性もある。

鼻骨骨切りの手術は、鼻の中間部分の横幅を狭めて鼻を細く仕上げる施術方法です。方法には、内側または外側からの切開により骨を切り鼻の形を整えます。鼻筋が太い方には特に適している手術で形状を大きく変える事が出来ます。

効果的な方法と言っても、切る個所や切除の長さを見誤ると消えない傷が残り一生後悔する事もあります。施術後は3日程度は強い腫れが伴い2週間もすれば解消するのが通常です。

鼻の仕上がりの違和感が生じるリスク

鼻骨骨切術では、鼻の中間部分の修正を行いますが骨事態を削る訳ではなく鼻骨の一部を切る施術です。鼻の穴の中や外側部分を目立たない様に切開して、細い器具を用いて少しずつ切り取りしていきます。

成功すれば半永久的に美しい鼻を保ったまま過ごす事が可能ですが、難易度が高い方法なので失敗の事例も後を絶ちません。医師の技術不足によって鼻曲がりと呼ばれる事態になる事もあるデメリットも潜んでいます。

顔に合わない鼻の形になる事もある

鼻骨骨切りの手術では、左右の鼻骨を均等に調節して中央へ寄せていく事で大きな鼻を修正していくものです。大きな鼻の方には理想的な鼻になれる手術ですが、鼻骨は非常に薄い構造で削る事で強度が弱まっていきます。

より慎重に施術を行う必要がありますが、骨を切り過ぎて鼻が細すぎる事態になるリスクもあります。

失敗すれば再手術で修正する事になりますが、精神的にも肉体的にも大きな代償を払うことになります。

デメリットなども考慮しながら鼻骨骨切り手術を考えられる医師選びを

このようなことからデメリットとしては仕上がりの問題が上げられることが多いのですが、それ以外にも手術をする場合には入院が必要になるケースもあることや費用がかかりやすいなどの問題もありますし、手術自体が難易度の高いものとなっているので失敗してしまうと取り返しのつかないトラブルに発展するという可能性もあります。

なので、デメリットなども考慮しながら鼻骨骨切り手術を得意とする医師を探して検討することが重要となります。

失敗リスクを減らす為にも名医を探す事のおすすめ

鼻骨骨切りの手術は非常に難易度が高く失敗リスクもそれに伴い高いものです。この施術方法を取り扱っている医師も非常に少ないのも現状です。

高い技術を持った医師やクリニックを探すには、個人で調べるより美容整形の相談所を利用して、確実な施術を行ってくれる施設を紹介してもらう事が大切です。

失敗すれば費用や精神と身体の負担も大きく、取り返しのつかない事態になり一生違和感のある鼻と付き合う羽目になります。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*