鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻中隔延長術(鼻中隔軟骨)のリスクを知る上での3項目

鼻は顔の中心部分になるため、人と会話をするときに自然と目に入る部分です。表情を作る上で重要な要素になりますから、美しい鼻の形にしたいということで整形を望む人が増えています。人によって鼻の形が異なるので、鼻の整形手術には様々な方法があります。

その1つが鼻中隔延長術(鼻中隔軟骨)で、鼻中隔延長術(鼻中隔軟骨)を行うことによって鼻尖を高くしたり、鼻尖を下向きに卸すことができる、また、鼻柱を下向きに降ろす効果があります。鼻中隔延長術(鼻中隔軟骨)は、鼻中部分にある軟骨を使用する手術で、傷跡を残すことなく手術ができるので人気が高く、さらに鼻が変形するリスクが低い手術でもあります。鼻中部分にある軟骨は、強度があって大きさも確保できることから、変形リスクが少ない素材だと言えます。

鼻中隔延長術(鼻中隔軟骨)のリスク

失敗した場合は?

鼻中隔延長術(鼻中隔軟骨)で失敗した場合は、鼻尖が曲がったり、鼻の穴がひきつれてしまい違和感を感じる、さらに手術をしたときに細菌感染してしまったり、傷跡が残るということがおきます。失敗してしまうと、再手術をしなければならず、1度目の手術で内部組織が崩れてしまうと修正が難しくなります。また、鼻中隔延長術(鼻中隔軟骨)の場合は、鼻曲がりや変形であればメンテナンスで修正することができますが、入れ替えたり除去するのは大変難しい手術になります。入れ替えるときは、鼻中隔軟骨が摂取できないので、他の軟骨を移植しなければならないので、大がかりな手術になってしまいます。手術時間も長くなりますし、費用もかさんでしまいますから、最初に鼻中隔延長術(鼻中隔軟骨)を行うときは、スキルの高いクリニックや医師を探すようにします。

鼻の形を自由自在に変更

日本人はもともと鼻が上向きだったり鼻の穴が目立ったり、鼻先が低かったりして欧米人の細くて高い鼻に比べると見劣りするような気がしてコンプレックスに思っている人も大勢います。

鼻中隔延長術(鼻中隔軟骨)を受けることで、鼻を高くしたり、鼻先を整えるなど理想の鼻にするために自由自在に変更することができます。鼻先を前に出したり下向きにするなど微細な部分もオーダーできるので、美しい顔立ちを手に入れることができます。

鼻中隔延長術(鼻中隔軟骨)のリスク

鼻中隔軟骨の鼻中隔延長術を行っている美容外科、評判が良いのは?

鼻を下向きにしたり鼻の穴を目立たないようにするために有効なのが鼻中隔軟骨の鼻中隔延長術では、軟骨を移植したりプロテーゼを挿入するなどいろいろな方法があり、全身麻酔で行われる大がかりな手術なのでしっかりした技術を持っている医院で受けないと希望通りの仕上がりにならなかったり傷口が化膿したり、メスを入れた傷跡が残ってしまうなどのトラブルもあるので評判のよいクリニックを選んで綿密に計画を立てることが必要です。

実績のある医院なら医者やスタッフ全員が慣れていて、これまでの施術例を参考にしながら自分に最適な鼻の形を選べるので、安全に理想の鼻を手に入れることができます。

鼻中隔軟骨の鼻中隔延長術を受けるときの費用は、安いクリニックだと30万円程度です。麻酔は別途料金になっていることがあるので、全身麻酔を受けると更に5~10万円くらいのお金がかかり、施術後に検査のために来院する回数が多くなると追加料金を取られることもあります。手術は1時間程度で終わりますがダウンタイムが1週間ほど必要で、ギプスをつけて生活することになるので余裕を持って予定を立てないと大変です。

慣れていない医者だと軟骨を移植する量を誤って希望通りの大きさにならなかったり、左右で高さが違うバランスの悪い鼻になってしまったり、数年後に形が崩れてしまうような失敗もあります。評判の良いクリニックなら半永久的な効果を得ることができて年月と共に鼻が変形してしまったり形がおかしくなるトラブルもなく、安全な施術が受けられます。鼻中隔軟骨の鼻中隔延長術は成功すれば鼻のコンプレックスを解消するのにとても有効な手術です。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*