鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻中隔延長PRC法の名医の重要3項目

鼻は顔の真ん中に位置しており、特に目立ちやすい部分です。

そして鼻は顔の美しさを決めるのにも重要な役割を果たしています。鼻が高く鼻筋がきれいな人は顔全体が美しく見えますが、鼻は低かったり、大きかったり、団子鼻であったりなど悩みもまた多い部分です。

そして、鼻が上を向いてしまう、いわゆる豚鼻で悩む人も少なくありません。豚鼻は鼻中隔軟骨が短いとなりやすいですが、こうした場合も鼻中隔延長PRC法を行えばかなりの改善を得ることもできます。

鼻中隔延長PRC法の名医

傷跡が目立つ心配がない

鼻中隔延長PRC法は従来の鼻中隔延長術に比べ、肋骨や耳から移植用の軟骨を採取しなくて良いので、手術時間も短縮され、移植部位の傷跡が目立つ心配もありません。

そして、鼻中隔延長PRC法は安全性の高い質の良い大きな軟骨を利用することができますので、鼻中隔延長の効果を十分に発揮することができます。

ダウンタイムについても知っておきたいですが、ダウンタイムは2週間程度となっており、3日ほどは鼻の固定を行う必要があります。ダウンタイムの間はできるだけ鼻に刺激を与えないよう注意しましょう。

リスクについて

高い改善効果が期待できる鼻中隔延長PRC法ですが、やはり実際に治療を行うまでにはメリットだけではなく、リスクについても確認しておきたいところです。
まず、移植する軟骨は自分の組織ではありませんので、異物反応が起こることもあります。
さらに感染などがあると炎症や化膿が起きてしまうことも考えられます。

そのほかでは軟骨が浮き出てしまったり、軟骨が定着せずにずれてしまうこともあり、そうなった場合は修正治療が必要となります。

修正の際にはまた内部処理も必要となりますので、そうしたことにならないよう、一回の施術で満足な結果を得るためにも名医と呼ばれるドクターに対応してもらうことが大切です。
そしてダウンタイムを短く抑えるためにもやはり高い技術で対応してくれる医師を選ぶことが大切ですので、医師の実績や経歴はよく確認しておきましょう。

鼻中隔延長PRC法の名医

鼻中隔延長PRC法で評判の良い美容外科教えます!

鼻が低いことで悩んでいる人にはシリコン製のプロテーゼを挿入したり自分の耳の軟骨を切り取って鼻に移植する手術が一般的ですが、人工的なものを入れると拒絶反応を起こしたり、自分の軟骨でも接合部分が変形したり石灰化するなどのトラブルがある上、体を傷つけることになるので傷跡が残ったり腫れや化膿が起こる危険もあります。鼻中隔延長PRC法なら医療用として使用されているブタに由来する軟骨を使うので手術時間を大幅に短縮し、負担をかけず安全に鼻の整形ができます。

大手の美容クリニックで対応している病院では使用することができて、人体に馴染みやすく安全なブタの軟骨を使用して効果が半永久的に続く結果を得られます。自分の耳から軟骨を抽出する作業が必要ないため1時間くらいで手術が完了し、傷跡も残らず自然に由来する素材なので術中や術後の合併症の心配もほとんどありません。効果の高い鼻の整形法として注目されている話題の手術です。

クリニックで鼻中隔延長PRC法を受けるときの値段は安い病院でも45~50万円くらいかかります。終了後は72時間ギプスを装着する必要があり、麻酔や前後の検査費用が別になっているときは追加料金も請求されるので予算は多めに見積もるようにしましょう。稀にブタの軟骨が体質に合わずしっかり固定して癒着しない場合や、医者の腕が悪くて鼻先の形が想像と違うものになってしまったり、数年後に型崩れを起こすなどの失敗があるので評判がよくて信頼できるクリニックを選び、術後に異常を感じたり気になることがあったらすぐに相談するようにしましょう。

鼻中隔延長PRC法で鼻を手術すると傷跡は残りませんが術後に鼻づまりがあったり、鼻とつながっている喉や耳などに痛みや炎症が起こることもあります。ダウンタイムが終了しても1ヶ月くらいは安静に過ごすようにして、鼻のメイクをするときや洗顔時に力を入れないようにするなど気を付けて生活することが必要です。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*