鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻中隔延長術(耳介軟骨)の失敗

鼻中隔延長術(耳介軟骨)というのは鼻中隔軟骨とおいう鼻の支柱である骨に耳介軟骨を2枚重ねにすることで鼻先を伸ばす手術です。肋軟骨で行なう方が鼻先を大きく出せるメリットがある反面、胸に大きな傷跡が残ってしまいます。耳の穴の中や耳の裏側にある軟骨、耳介軟骨をつかうほうが傷跡が目立ちにくくよいでしょう。

同じく鼻先を伸ばす方法として耳介軟骨移植もありますが、上に乗せるだけなのに対し、鼻中隔延長術(耳介軟骨)だと鼻の支柱そのものが延長されるのでその効果は高いです。鼻中隔延長術(耳介軟骨)を行なうことで鼻先が上向きになったり、斜め下方向に出すことができるので、高く理想的な鼻が実現するのです。

ただ、鼻中隔延長術(耳介軟骨)は強力な支柱を作ることで無理やり鼻先の皮膚を突っ張らせる手術です。そのため鼻先の皮膚には負担がかかり、失敗の可能性も高くなります。リスクを考えるのであれば耳介軟骨移植を行なったほうが安全です。

失敗例のまとめ

そんなのアリ?耳介軟骨の鼻中隔延長術での失敗例について解説していきます。
カウンセリングの前にチェックしてみて下さい。

鼻中隔延長術(耳介軟骨)の失敗

鼻が変形してしまうリスクがある

耳介軟骨の鼻中隔延長術は、治療をすることによって、鼻が変形してしまうリスクがある治療法になっています。本来の鼻の組織とは異なるものを入れてしまう内容になっているため、きちんと治療を行わないと、鼻が徐々に変形していくリスクがあるため、治療が上手な医師を探して治療をしてもらうことが重要になっています。たくさんの治療実績などをさまざまなツールで調べていくことが大切であるため、治療前にも努力をする必要があります。

軟骨の吸収が起こる可能性がある

耳介軟骨の鼻中隔延長術を行うと、軟骨の吸収が起こります。何年も鼻の中に軟骨を入れた状態が続くこと凝る症状であり、少しずつ九州が進んでいくため、治療をする前に軟骨の吸収に関するリスクを頭に入れて治療をすることが重要です。他の治療法との比較内容を医師に確認しておくことが重要になっていて、治療後のメンテナンス内容なども確認して、よい治療内容にしていくことが、とても重要になっています。

鼻先の圧迫が長期間に及ぶこともある

耳介軟骨の鼻中隔延長術は、鼻先の圧迫が長期間にも及ぶ可能性があります。治療後しばらく軟骨を入れたことが原因で圧迫感を感じ、一般的には徐々に正常な状態になることがほとんどですが、圧迫感が取れないようなこともあるため、リスクを考えておくことが大切です。大幅に鼻を調整していくことによって、起こる症状になっているため、医師と相談しながら圧迫が起きないような良い状態に仕上げていくことが大切になっています。

おすすめの治療法とは?

耳介軟骨の鼻中隔延長術は、鼻の形を調整することができる整形手術の手法になっています。多くの人が行っていて、比較的良い内容の治療になっていますが、治療内容が思ったものと異なる可能性もあるため、医師と相談して治療を進めていくことが重要になっています。いろいろな医師の治療技術も比べていくことが重要になっていて、当相談所を利用していただき、適した治療を考えていくことをおすすめします。

鼻中隔延長術(耳介軟骨)のおすすめ

医師・クリニックの選び方

術後すぐはよくても5年から10年ほど経つと鼻先に軟骨の形が浮き出てきたり、鼻中隔が曲がってしまって鼻全体が大きく曲がってしまう例もあります。また耳介軟骨をプラスした結果、鼻の穴が狭くなって鼻呼吸がしにくくなったり鼻づまりになったりというケースも多いでしょう。手術を受けた人の半数近くが10年以上経過後に修正手術を行なっているのです。

通常の耳介軟骨移植でも充分理想の鼻は実現するのにあえて鼻中隔延長術(耳介軟骨)を勧めてくるクリニック、更にそのほかの手術もプラスしてどんどん手術料金を吊り上げようとしてくる医師は危険なので注意が必要です。

とにかく鼻を高くという気持ちもあるでしょうが、5年後10年後に失敗しないよう、自分の鼻に合った無理のない手術を行なうようにしましょう。骨の形や鼻先の皮膚の強度などを見て、最適な大きさを提案してくれるところ・リスクについての説明もきちんとしてくれるところで行なうようにしましょう。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*