鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻中隔延長術(耳介軟骨)の失敗3つと修正手術を口コミから分析

鼻中隔延長術というのは、鼻中隔と鼻翼軟骨の間に耳介軟骨や肋軟骨を移植し、鼻先を下げることによって鼻を伸ばす(延長する)手術のことを言います。

そのうちの鼻中隔延長術(耳介軟骨)は、耳から軟骨を取り、鼻の中に入れる方法です。

鼻に人口軟骨を入れる方法もありますが、鼻中隔延長術(耳介軟骨)はそれと比べてもともと自分の組織ですから、拒否反応、アレルギー反応が起こることもなく、安全です。また、この方法の特徴は、あとで修正が利くということです。

鼻中隔延長術(耳介軟骨)の修正

鼻中隔延長術(耳介軟骨)の失敗とは

鼻中隔延長術(耳介軟骨)というのは鼻中隔軟骨とおいう鼻の支柱である骨に耳介軟骨を2枚重ねにすることで鼻先を伸ばす手術です。

肋軟骨で行なう方が鼻先を大きく出せるメリットがある反面、胸に大きな傷跡が残ってしまいます。

耳の穴の中や耳の裏側にある軟骨、耳介軟骨をつかうほうが傷跡が目立ちにくくよいでしょう。

同じく鼻先を伸ばす方法として耳介軟骨移植もありますが、上に乗せるだけなのに対し、鼻中隔延長術(耳介軟骨)だと鼻の支柱そのものが延長されるのでその効果は高いです。

鼻中隔延長術(耳介軟骨)を行なうことで鼻先が上向きになったり、斜め下方向に出すことができるので、高く理想的な鼻が実現するのです。

ただ、鼻中隔延長術(耳介軟骨)は強力な支柱を作ることで無理やり鼻先の皮膚を突っ張らせる手術です。

そのため鼻先の皮膚には負担がかかり、技術が高い医師を選択しなければ、失敗の可能性が高くなります。

なので、自然な延長を考えるのであれば耳介軟骨移植を行なったほうが安全です。

そんなのあるのか?という様な、耳介軟骨の鼻中隔延長術での失敗例について解説していきます。
カウンセリングの前にチェックしてみて下さい。

鼻中隔延長術(耳介軟骨)の失敗

鼻が変形してしまうリスクがある

耳介軟骨の鼻中隔延長術は、治療をすることによって、鼻が変形してしまうリスクがある治療法になっています。

本来の鼻の組織とは異なるものを入れてしまう内容になっているため、きちんと治療を行わないと、鼻が徐々に変形していくリスクがあるため、治療が上手な医師を探して治療をしてもらうことが重要になっています。

たくさんの治療実績などをさまざまなツールで調べていくことが大切であるため、治療前にも努力をする必要があります。

軟骨の吸収が起こる可能性がある

耳介軟骨の鼻中隔延長術を行うと、軟骨の吸収が起こります。何年も鼻の中に軟骨を入れた状態が続くこと凝る症状であり、少しずつ九州が進んでいくため、治療をする前に軟骨の吸収に関するリスクを頭に入れて治療をすることが重要です。他の治療法との比較内容を医師に確認しておくことが重要になっていて、治療後のメンテナンス内容なども確認して、よい治療内容にしていくことが、とても重要になっています。

鼻先の圧迫が長期間に及ぶこともある

耳介軟骨の鼻中隔延長術は、鼻先の圧迫が長期間にも及ぶ可能性があります。

治療後しばらく軟骨を入れたことが原因で圧迫感を感じ、一般的には徐々に正常な状態になることがほとんどですが、圧迫感が取れないようなこともあるため、リスクを考えておくことが大切です。

大幅に鼻を調整していくことによって、起こる症状になっているため、医師と相談しながら圧迫が起きないような良い状態に仕上げていくことが大切になっています。

上手な医師・クリニックの特徴

メイクではカバーできない豚鼻や団子鼻を綺麗な鼻へと変えられる、耳介軟骨の鼻中隔延長術は鼻の美容整形でも特に人気の施術法です。

しかし、耳介軟骨を移植するだけでも難しいと言われている中で、鼻中隔延長術も行い鼻の形を綺麗に整えるには、かなり高度な技術が必要になります。

失敗してしまい修正手術を余儀なくされるケースもあるので、施術を受ける場合は医師選びを十分に行う事が大切です。

耳介軟骨の鼻中隔延長術が上手な医師かどうかを判断する、1つの基準となるのが症例数です。
多くの患者さんに施術を行ってきた医師であれば、的確な施術を行ってくれる率が高くなります。

ただ、症例数が多いだけで技術やセンスが伴わない医師もいるようです。
ですので、実際に施術を受けた方の口コミや、感想も医師選びの参考にしましょう。

特に耳介軟骨の鼻中隔延長術は、施術の技術だけでなくセンスも必要となる美容整形と言われています。

1人1人違う顔立ちにあった鼻へと整えるには、顔全体のバランスを見て高さや形を決めなければいけません。

実際の症例写真を確認するなどして、どのような施術を行うかチェックする事によって、ある程度医師のセンスを見極める事は可能です。

鼻整形の名医-失敗と効果

鼻中隔延長術の修正手術の流れ

やってみたけれど気に入らなかった、あるいは、何らかの事情で元に戻したいという場合にも対応することができます。

手術から日が経って修正したいという場合、まず最初の時期が、術後1週間以内です。

前もって自分がイメージしていたのとはちょっと違うというわけですが、術後腫れが完全に引くのが1週間前後と言われていますので、そのせいがあることが考えられます。

なのでこの時期の修正希望は、少し様子を見ます。

なお、術後まもなく微調整をするのであれば、前回の手術の続きとして無料で行なわれることもあります。

三か月ぐらいして、やっぱり少し形を修正したいという場合は、その時期に行なう場合が多いです。

なぜ三か月かといいますと、鼻中隔延長術(耳介軟骨)のような手術の場合はあまり早く患部を再度いじりますと衛生上あまりいいとは言えません。

患部が落ち着くまで三か月ぐらいとされているからです。

最終的な完成は半年後だが、術後4か月以降で修正はできる

さらに、鼻中隔延長術(耳介軟骨)によって入れた軟骨がうまくいっているか様子を見るのが一年ぐらいです。

この時点で特に問題もなくなじんでいれば身体にも合っているということで、そういう意味での修正はしなくても済みます。

そして、軟骨ですから何年か経つうちに身体に吸収されることがあり、左右で見比べた時に差ができた場合はそこで修正を行なうことがあります。

耳からとる軟骨は耳甲介というところが多いのですが、これは貝殻状ですからそもそも曲線があり、その影響も考えられます。

もし非対称に吸収があったとしても他人が気付くようなものではない場合が多いのですが、本人の希望で直すことがあるのです。鼻中隔延長術(耳介軟骨)はあとで修正ができますので、その点は安心です。

おすすめの治療法を一人ずつご紹介致します

耳介軟骨の鼻中隔延長術は、鼻の形を調整することができる整形手術の手法になっています。

多くの人が行っていて、比較的良い内容の治療になっていますが、治療内容が思ったものと異なる可能性もあるため、医師と相談して治療を進めていくことが重要になっています。

いろいろな医師の治療技術も比べていくことが重要になっていて、当相談所を利用していただき、適した治療を考えていくことをおすすめします。

鼻中隔延長術(耳介軟骨)のおすすめ

医師・クリニックの選び方

術後すぐはよくても5年から10年ほど経つと鼻先に軟骨の形が浮き出てきたり、鼻中隔が曲がってしまって鼻全体が大きく曲がってしまう例もあります。

また耳介軟骨をプラスした結果、鼻の穴が狭くなって鼻呼吸がしにくくなったり鼻づまりになったりというケースも多いでしょう。手術を受けた人の半数近くが10年以上経過後に修正手術を行なっているのです。

通常の耳介軟骨移植でも充分理想の鼻は実現するのにあえて鼻中隔延長術(耳介軟骨)を勧めてくるクリニック、更にそのほかの手術もプラスしてどんどん手術料金を吊り上げようとしてくる医師は危険なので注意が必要です。

とにかく鼻を高くという気持ちもあるでしょうが、5年後10年後に失敗しないよう、自分の鼻に合った無理のない手術を行なうようにしましょう。

骨の形や鼻先の皮膚の強度などを見て、最適な大きさを提案してくれるところ・リスクについての説明もきちんとしてくれるところで行なうようにしましょう。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

鼻は顔の中心にあるパーツという事もあり、見た目の印象を大きく左右します。豚鼻・団子鼻にコンプレックスを感じているなら、耳介軟骨の鼻中隔延長術という美容整形にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

スッと整った鼻を美容整形で作る事が出来ます。

しかし、この美容整形は医師の技術力はもちろん、鼻のデザインを決めるセンスもとても重要です。両方を兼ね備えている医師でなければ失敗したり、トラブルが起こるケースも考えられます。

もし、失敗してしまったとなると目立つ鼻という事もあり、修正手術を受けなければいけないケースも出てくるのです。
修正手術となると再度、美容整形代を支払わなければならず、金銭的な負担も大きくなってしまいます。

ですので、耳介軟骨の鼻中隔延長術を受ける場合は、医師選び・クリニック選びを慎重に行う事が大切です。

医師の技術やセンスを見極めるには、多くの情報を集めてそれらを比較しなければいけません。
仕事などで忙しいと情報を集める事自体が難しいと感じるでしょう。

耳介軟骨の鼻中隔延長術を受けたいけれど、医師選び・クリニック選びが上手くいかないと感じている方は、当相談所にご相談ください。

耳介軟骨の鼻中隔延長術を得意とする、おすすめのクリニックをご紹介いたします。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*