鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻中隔延長術(保存軟骨移植)の失敗を3つブログから考察してみた

体や顔の悩みって人それぞれありますよね。とくに人には言えない悩みを抱えている人も少なくないのではないでしょうか。自分の中で気持ちを明るく保ち悩みといえど、個性の一つとして捉えている人もいるでしょう。

しかし一方で、最近では整形技術も発達してきているので、そういった整形手術を施して悩みを解消する人ももちろんたくさんいます。今回は鼻先の整形である、鼻中隔延長術(保存軟骨移植)の失敗についてまとめました。

鼻中隔延長術(保存軟骨移植)の失敗

術後に変形やトラブルに繋がりやすい手術

整形手術の中でとくに多いのが、目と鼻。目はプチ整形という言葉があるとおり、比較的気軽に施すことができますが、鼻の手術は大掛かりになることが多いといわれています。そうなると失敗の可能性が心配になりますよね。

例えば、鼻中隔延長術(保存軟骨移植)というものがあります。摂取することが多い軟骨は、耳介軟骨(耳)や、肋軟骨(胸)、鼻中隔軟骨(鼻の奥)などです。

この鼻中隔延長術(保存軟骨移植)は、鼻先を下方向に延ばし、鼻先を下に伸ばしたり正面から鼻の穴をみえにくくする手術です。日本人が本来もつ鼻の形には、凄く効果的な良い手術であると言われていますが、一方で、正しく行なわなければ、術後に変形やトラブルに繋がりやすい手術でもあるのです。

クリニックによって異なる方法で手術を行っているようで、その方法が失敗につながりやすいものがあるということです。

失敗例について

失敗例もいくつか報告されているのも事実です。例えば、鼻の腫れが治らなかったり傷口が消えなかったり、見た目にも分かりやすい失敗もあるようです。この鼻中隔延長術(保存軟骨移植)で大切だといわれているのが、鼻を伸ばすために必要な軟骨をどのようなものを使うか、という点です。

耳の軟骨や保存の豚の軟骨を使用するなど、病院によってさまざまです。それぞれデメリットもあるので、まずはそれぞれの方法と後遺症の可能性などを詳しく知ることが大切なのではないでしょうか。

また鼻背部軟骨移植を併用している場合もありますして、これは軟骨を耳などから摂取してから鼻に埋め込んでもらうような内容の移植手術になっています。

希望する人も多く、症例も増えてきている鼻中隔延長術(保存軟骨移植)。必ず信頼できる病院でしっかりその内容を知っておくようにしましょう。失敗だけは絶対に避けるためにも怠らないでくださいね。

鼻中隔延長術(保存軟骨移植)の失敗

知らないと怖い、保存軟骨移植の鼻中隔延長術の失敗例「変形」

鼻中隔延長術は短い鼻や上を向いた鼻を修正する手術です。施術には本人の軟骨を移植するほかに、他人の肋軟骨を使う場合もあります。保存軟骨移植の鼻中隔延長術は、本人の耳や鼻中隔の軟骨よりも大きな軟骨が使えるので、それだけ大きく修正できるというメリットがあります。しかし大きいだけに変形しやすい点には注意が必要です。十分な強度を保つため、何枚かの軟骨を重ねたり、本人の軟骨と併用する場合もあります。

軟骨の吸収で効果が薄れる

保存軟骨は薬品で処理されているので、感染症やアレルギー反応などの心配はありません。しかし元々人体の一部ですから、時間が経つと徐々に吸収されていく可能性があります。軟骨の吸収が起きると、延長した鼻が元に戻ってしまいます。個人差もあるため、現在のところ何年経てば吸収されるという明確なデータはありません。場合によっては半永久的な効果を得られますが、確実とはいえないことを知っておく必要があります。

鼻先の圧迫を防ぐには

大きな保存軟骨を移植すると、鼻の形も大きく変えられますが、延長しすぎると顔全体のバランスを崩すことになりがちです。また皮膚が突っ張って、鼻先の圧迫を感じる場合もあります。症状が重くなると息が苦しくなったり、鼻づまりになったりすることもあります。このような失敗を防ぐには、あらかじめ鼻のデザインをしっかりと行ない、無理な移植は避けることが大切です。医師の経験と判断力がポイントになります。

名医を探して失敗を防止

保存軟骨移植の鼻中隔延長術には、他にも鼻が曲がってしまったり、左右が不揃いになったりする失敗例があります。失敗でなくても、延長する方向が間違っていると、イメージとは異なる顔になってしまう可能性があります。鼻中隔延長術で後悔しないためには、美的感覚に優れ手術に熟練した名医を選び、施術前に十分な意思疎通を行なうことが欠かせません。おすすめできる美容外科に関しては、お気軽にお問い合わせください。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*