鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻柱挙上術の失敗3つと修正手術まとめ

鼻というのは、顔の中心部に存在しているので、身体の中では人目に付き易い部位の一つと言えます。そのため、鼻の穴が大きいと目立ってしまうので、特に女性はコンプレックスを持ち易い部位です。ですがそんな風に大きな鼻の穴ですが、美容クリニックで鼻柱挙上術を受ける事により改善する事が出来ます。

というのもそもそも、鼻の穴が大きくなってしまう主な原因に、鼻柱が下がり過ぎてしまっているため、鼻の穴が大きく広がってしまうというのがあるのです。

なので鼻柱挙上術により、問題の鼻柱を上げる事で、鼻の穴を小さくする事が出来ます。気になる鼻の穴を小さくして、コンプレックスを解消する事が可能です。

もっともそれは、鼻柱挙上術を正しく行えた場合の話だったりします。というのも技術力のない医師が手術した場合、鼻の穴を小さく修正するのに失敗するだけでなく、後遺症として厄介な状態になる危険性があるのです。

鼻柱挙上術の修正

ダウンタイムや施術費用

なお、鼻柱挙上術と同じく鼻先を吊り上げるものとしては鼻尖吊り上げ(魔女鼻修正)があります。

こちらは、鼻翼軟骨の一部を切開して吊り上げ縫合することで鼻尖を吊り上げることになります。

いずれにしてもどちらが良いかは患者によって変わってくるので、医師の判断が成功の良し悪しを決めることになります。

鼻柱挙上術のダウンタイムの期間としては2週間前後です。

この間は痛みを感じるケースもあります。鼻柱挙上術の手術そのものの料金相場は5万円程度ですが、麻酔費用が別に掛かります。麻酔の方法は局所麻酔と静脈麻酔があります。

局所麻酔の場合には修正する場所だけ麻酔をするため意識があります。

一方で静脈麻酔は痛みがなく不安がない状態で手術を行えますが、2万円から5万円程度の麻酔料金を負担しなければなりません。またその他の麻酔の方法を利用できるクリニックもあります。

上手な医師・クリニックの特徴

鼻柱挙上術の手術が上手な医師の特徴のひとつは、リスクを軽減させる努力のひとつとして、丁寧なカウンセリングを行っています。レントゲン写真などを用いて施術方法や内容を説明してくれる医師を選びましょう。

成功したかどうかの判断をする際には、ダウンタイム後になります。手術による腫れがひき、抜糸をする際に判断しましょう。

抜糸をせずに、吸収性の糸を使って縫い付けるクリニックもあり、少しずつ糸が吸収されたなくなった時にゆがみがでていないことが上手な医師の特徴です。

症例数が多いのはもちろんのこと、成功例が多い医師を選びましょう。リスクを回避するために、理想の形へ導くためのシミュレーションを何度も行っていたり、切り取る部位のマーキングなどを丁寧に行う医師もおすすめです。

切り取る部位を誤った場合には、修正がさらに難しくなりますので、気をつけることが大切です。また、鼻柱挙上術の他にも、理想の形に導くためには組み合わせが必要な手術がでてくる場合があります。

的確な判断力をもっている医師にお願いすることが失敗をさける大切なポイントです。

鼻柱挙上術で皮膚を切除するだけでなく、内側脚と軟部組織を鼻中隔下端に縫い付けを共に行った場合、変化がわかりやすくなりますが、失敗すると、希望の状態とは遠くなってしまいますので、医師選びは慎重に行うことをおすすめします。

鼻柱挙上術の失敗

失敗例をまとめます

集計しているデータを基に、鼻柱挙上術の失敗をご紹介致します。

鼻柱挙上術の失敗により、「団子鼻になる」なんて…。

鼻柱挙上術とは、もともとの鼻の形が魔女鼻のように鼻先が下を向いている場合や、横から鼻の穴が目立ってしまう場合に、症状を改善することが出来る手術です。
この手術を単独で行うことは少なく、仕上がりのイメージによって他の手術と併用することが多いです。
単独で行うこともできますが、仕上がりの状態が団子鼻になるなどのリスクも伴います。
どのような手術が必要かは医師の判断が必要なので、カウンセリング時に相談しましょう。

仕上がりのデザインが不自然

鼻柱挙上術では、皮膚の切開を行い、鼻柱を修正していき鼻先を上に向けていくものです。
この手術で大切なのは、仕上がりのバランスを考えて手術を行うことです。

カウンセリング時に医師に仕上がりのイメージがきちんと伝わっていなかったり、医師の技術力が不足していた場合には、仕上がりのデザインが不自然となる可能性もあります。

失敗してしまうと、修正手術が必要となるので、体への負担も大きくなります。

手術後の鼻づまり症状

鼻柱挙上術では、皮膚の切開や鼻柱の修正など難易度の高い手術となります。
未熟な医師による手術の場合、鼻の中に異物感が残ってしまい、鼻づまりの症状が出てしまう可能性があります。

多くの場合は、腫れがひくと症状が軽減されますが、最悪のケースの場合には改善されないので、修正手術や他の手術を行う必要が出てきます。

手術を繰り返し行うと、体への負担も費用の負担も大きくなるので、注意が必要です。

鼻柱挙上術の失敗

おすすめのクリニックとは

鼻柱挙上術のような難易度の高い手術に関しては、手術を行うクリニック選びがとても重要になってきます。

失敗のリスクを軽減するための、おすすめのクリニックとは、鼻美容整形を得意とする医師が在籍しているところです。

医師にも専門とする分野があります。

専門分野の医師であれば、手術の実績も豊富で知識も新しいものを詳しく知っていたりします。
最新技術の導入もされている場合が多いのもメリットです。

アフターケアのしっかりとしたクリニックを選ぶのがポイント

一方で鼻柱挙上術では、デメリットやリスクもあり、余分な組織を切除しすぎることで鼻が上がりすぎてしまう場合があります。

また手術の失敗例としては医師の技量不足やアフターケアがしっかりなされないことで鼻の向きが曲がってしまうケースがあります。

これらの場合には修正手術で改善することができますが、組織を切除し過ぎた場合には他の場所から組織を移植する手術を行う必要があるため上手く修正できないリスクもあります。

いずれにしても手術を受ける前の説明とアフターケアのしっかりとしたクリニックを選ぶのがポイントです。

当相談所の失敗率を元にクリニック選ぶ

具体的には、鼻の形が歪になってしまい、余計に目立つ様になってしまう事です。鼻柱の修正に失敗すると、そんな風に鼻の形にも影響を及ぼしてしまいます。

お陰で鼻の形が左右非対称になり、片側の鼻の穴は小さくなったのに、もう片側は大きなままといった状態になる危険性があるのです。

そういった形で鼻柱挙上術に失敗し、鼻の形が歪になる後遺症が残った場合は、修正のために再び手術を受ける事になります。そうなると今度は、大きな傷跡が残ってしまう事へも繋がるので、そこも避けたい所です。

だからこそ、鼻柱挙上術を行う際は、慎重に美容クリニックを選び出し、失敗しない事が一番だったりします。そしてそれを実現するためには、情報収集をしっかり行い、その情報を元にクリニック選びを行うべきです。

具体的には、過去に鼻柱挙上術を数多く行った実績があるクリニックを、まずはピックアップして行きます。

その上で、当相談所の口コミ評価をチェックし、その中で出来るだけ実際の手術経験者からの評判が良い、クリニックを選び出します。

この方法ならば、鼻柱挙上術に失敗するというリスクを避ける事が出来ます。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*