鼻の整形の名医

人中短縮(鼻下短縮) リスクとは?

人中短縮(鼻下短縮)のリスクまとめ

人中短縮(鼻下短縮)に関してのリスク説明がなされずに整形・手術をしてしまった方は多いと思います。それだけカウンセリングではリスクについてはっきりと説明しないクリニック・ドクターが多く、手術後にリスクが生じて初めて気付くという事も有ります。

そのため、人中短縮(鼻下短縮)のリスクに関する特集ページを作りました。

リスクを回避するためのクリニック選びもお気軽にご相談ください。

失敗しないための鼻の整形トラブル・リスク・デメリットSOS

人中短縮(鼻下短縮)のリスク 傷跡

人中短縮(鼻下短縮)のリスクで代表的なのが傷跡です。

外側からの人中短縮(鼻下短縮)ですと傷跡、内側からの人中短縮(鼻下短縮)ですと後戻りリスクが有ります。

そのため、人中短縮(鼻下短縮)をされる際には最低限形成外科認定医をお薦めいたしております。

こだわるクリニック・ドクターを選択して頂ければ極細糸、傷跡クリーム、傷跡を少なくするお薬(半年程度服用)などを使って傷跡を最小限にしてくれます。

人中短縮(鼻下短縮)のリスク 感染

人中短縮(鼻下短縮)だけではなく、いずれの治療においても、感染してしまうリスクはあり得ます。

感染は人中短縮(鼻下短縮)のリスクの中でも最も警戒しなければならないものですので、衛生面の整っていないクリニックで手術を行うのは辞めた方が良いです。

人中短縮(鼻下短縮)の治療でも、クリニックによっては短時間で雑な手術をされてしまうケースがありますのと、こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

人中短縮(鼻下短縮)のリスク 後戻り

内側からの人中短縮(鼻下短縮)ですと経年的に後戻りが起こります。

後戻りしてしまった場合には再手術が必要となりますので、大きなリスクとなります。

傷跡が無いメリットもあるのですが、どちらを取られるかは患者様次第です。

多くのドクターは外側法を推奨している理由はこの後戻りのリスクがあるためです。

さいごに・・

以上、人中短縮(鼻下短縮)における代表的なリスクについてまとめました。
コンテンツは随時、追加していく予定です。今回取り上げた様な上記の様なリスクを回避するためには名医を選択しなければなりません。
名医のご紹介をご希望の方はお気軽にご相談ください。

失敗しないための鼻の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*