鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

わし鼻修正の失敗を3つ経過ブログから分析してみた

生まれつきわし鼻の特徴を持つ場合、相手に与える印象を考えたり、コンプレックスを持つ事でわし鼻修正を選択する事があります。

わし鼻修正とは、特徴的な鼻の形を整える方法で、コンプレックスを解消出来る最適な方法といえます。
しかし、わし鼻修正を受けても、1度で思った通りの結果にならない事があります。

そのような時は、わし鼻修正の修正が有効的で、気になる部分を再度調整してもらう事が出来ます。

修正に必要な時間は希望する形であったり、施術後の状態によって違いますが、一般的には通常の施術と同程度の時間で済みます。

わし鼻修正の修正

わし鼻修正を行うことで、鼻筋の中央が出っ張ってしまっている部分を切除することが可能な為、コンプレックスであるわし鼻を早期に解消することができます。

術後の傷跡も最小限なので、整形手術を行ったことが他人にバレルことはありません。

わし鼻で悩んでいる方は、横から鼻を見ると中央部分が出っ張ってしまっている状態になっています。
また、先端が下がり気味になっているのもわし鼻の特徴です。

このようなわし鼻を解消するためには、わし鼻修正を行うことが一番の成功の近道です。
わし鼻修正の失敗

どのような手術か?失敗はある?

出っ張ってしまっている鼻の骨を一部切り取ったり、シリコンプロテーゼなどを使用して気になるわし鼻を解消していきます。

わし鼻修正を行うことで、鼻筋のバランスを効果的に整えることができ、憧れの高い鼻を手に入れることが実現します。

わし鼻修正手術は、鼻筋の中央が出っ張ってしまっている方や鼻筋の段差が気になる方におすすめです。
信頼できる美容外科クリニックでわし鼻修正を行うことで失敗が少なく、傷跡の心配もありません。

口コミでも高い評価を集めている美容外科クリニックでは、わし鼻修正の施術は鼻の中から行うことができます。
その為、傷跡が鼻の表面にできることがありません。

術後、数日間は鼻に違和感がありますが、徐々に落ち着いてくるので安心してわし鼻修正を試すことができるでしょう。

わし鼻修正に失敗して傷跡が目立つ顔に…。いったいどうして?

わし鼻とは、鼻筋の中央が出っ張っていて、先端が下がっている状態の鼻のことです。
わし鼻の場合、鼻が目立ってしまったり、魔女のような印象になってしまうという悩みがあります。

これを解消できるのが、わし鼻修正手術ですが、切開手術が多く、医師の技術力によっては手術後の傷跡が目立つ場合があります。
鼻は顔の中央にあるので、傷跡が目立つとさらに悩みの種になってしまいます。
技術力のある医師を探すことが大切です。

ハンプが切除できていない・効果が無い

わし鼻修正手術の失敗例として「ハンプが切除できていない・効果が無い」というものがあります。
わし鼻の症状が軽度の場合には、ハンプを切除して鼻骨を軽く削ることで症状が改善されます。

しかし、ハンプの切除が上手に出来ていない場合には、ハンプが残ってしまっていたり、手術後の効果が感じられないというケースもあります。
さらなる修正手術にはリスクも大きくなるので、初回カウンセリング時に正しい判断が必要です。

手術後の鼻が細すぎる

わし鼻修正手術では、鼻筋の出っ張りを解消するだけでは形の違和感が出てしまう可能性があるので、他の鼻の美容整形を併用するケースが多くあります。

わし鼻の状態が重度の場合には、わし鼻修正手術と、鼻骨骨切りを組み合わせることが多くありますが、この場合バランスを良く考えて行わないと、不自然に鼻が細すぎる仕上がりとなってしまいます。
美容整形手術は、顔全体のバランスもとても大切なポイントになります。

わし鼻修正の失敗

名医を探すことが最も大切

わし鼻の修正手術だけでなく、美容整形手術では医師による技術力で仕上がりが左右されやすいものです。

医師によって得意分野があるので、得意としている医師を探すことが大切です。
多少費用が高くても、名医による手術には仕上がりが美しいだけでなく、様々な方法の提案がしてもらえるというメリットもあります。

美容整形手術は失敗してしまうと元に戻すことができないものです。
手術には信頼できる医師を選ぶことが大切です。

安い料金につられるな。上手い病院選びとは

修正技術が未熟であったり、必要以上に鼻の負担が増加すれば、美しい鼻を実現できないので、金額だけではなく技術と実績を見て判断する事も医療機関選びの秘訣です。

僅かな修正で済む内容で、簡単な方法でわし鼻修正が行えるのであれば、最初の医療機関に再施術を依頼する事が、短期間の低料金を実現する有効な選択肢になります。

修正に必要な技術が備わっていなかったり、より複雑な施術を求める場合は、高度な技術と設備を持つ施設を選ぶ事が必要で、初回より金額が増加する傾向があります。

カウンセリングが必要不可欠

わし鼻修正の可否には、カウンセリングが必要不可欠ですが、対応力のある医療機関が可能と認めれば、当日施術する事も可能になります。

気になるわし鼻修正の再修正に必要な料金ですが、1度で満足出来なかったとなれば、2度目以降はより複雑な施術が必要になるので、初回に比べ多めに料金を見積もる事がポイントです。

具体的な料金は、修正を行う医療機関によって違いますが、金額の幅は広く施術方法にも左右されます。
鼻の出っ張りだけではなく、横幅も同時に整えたい時は、更に倍以上の金額が発生する可能性を考慮する事が大切です。

簡単な修正術であっても、外科の領域である以上は安全確保が重要で、そのために負担が発生する点はある意味仕方がありません。

むしろ、わし鼻修正を受ける医療機関を選ぶ際は、希望した鼻を作り出せるクリニックを選び、当初の予定通りの期間で日常生活に戻れる事が最良の選択になります。

ベクトラなどの3Dシミュレーションをオススメしています

傷跡が残ってしまったり、術後数日経っても違和感が残ってしまうなどの失敗に見舞われないためには、納得できるまで相談できるカウンセリングを受けることが大切です。

信頼できる美容外科クリニックでは、施術前に専門の医師によるカウンセリングを親切丁寧に行ってくれます。

患者に最も適した施術法を提案してくれ詳しく説明してくれるので、施術前にきちんと不安や疑問を取り除くことが可能です。

カウンセリング時には、わし鼻修正のシミュレーションを行うことでも可能なので、自分の希望のデザインや角度を決めることができ納得できる施術を受けることができるでしょう。

「おすすめのクリニック」「おすすめの病院」をご紹介しております

どうしても、いかつい印象を与えてしまう、わし鼻。メイクでもカバーしきれないため、悩みを持つ人も多いでしょう。
わし鼻を修正することで、女性らしい柔らかな顔立ちになり、目鼻立ちの整った美しい横顔を手に入れることができます。その手術効果は半永久的。ダウンタイム(施術跡や腫れが回復するまでの期間)も1~2週間ほどで、日常生活に戻りやすいというのも特徴です。

わし鼻の修正は、「一度の手術で満足できる仕上がりになれるか」が大切です。
当相談所では名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*