鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

わし鼻修正のリスクを体験談からまとめてみた

自分のわし鼻にコンプレックスを抱えている方の間で話題を集めているわし鼻修正ですが、中にはわし鼻修正を行い失敗してしまう方もいます。
その為、わし鼻修正を行う際には、事前にメリットだけでなくデメリットにも注目してみることが大切です。
わし鼻修正のリスクとして挙げられるのが、鼻が平坦になってしまうなどの施術の失敗です。
このようなトラブルに合ってしまうのは、切除する際に削られ過ぎてしまうことが考えられます。
また、施術を行う前にきちんとシミュレーションを行わなかったことで、患者と医師の考えやイメージが一致していないという場合もあるでしょう。
わし鼻修正を安心安全に行うためには、実績や経験が豊富なドクターに行ってもらうことが欠かせません。
未熟な医師の場合、レントゲンをしっかり撮らなかったり処置が甘いなどの問題点があります。
また、技術力が低いことも考えられます。
わし鼻修正の失敗などのリスクを避けるためには、技術力が高く丁寧なカウンセリングを行ってくれる医師を選ぶことが最も大切です。

わし鼻修正のリスク

わし鼻修正とは?

現在、話題を集めているわし鼻修正は、鼻筋が曲がってしまっていたり、突き出してしまっている鼻を綺麗に修正する施術法です。
鼻がわしの嘴のようになっていることからわし鼻と言われていますが、鼻筋のバランスが悪いことで女性らしさを損なってしまうなどのデメリットもあります。
日本人がわし鼻の場合、外国人と比べてみても目立ってしまうなどのリスクもあります。
しかし、現在は美容外科クリニックなどで手軽にわし鼻修正が行えるようになり、短期間でわし鼻のコンプレックスを解消できます。
突き出てしまっているバンプを切除することで、綺麗な鼻を手に入れることも可能です。

評判が良いクリニックを探そう

わし鼻修正は安いところで、400,000円ほどの費用で手術を受けることが可能になります。傷跡を目立たせないために鼻の穴から手術を行うため、慣れていない医師が行うと削り方が足りなくて変化を感じることができなかったり、削りすぎて鼻のラインが崩れてしまうような失敗が起きる可能性があります。同じクリニック内でも、技術があり件数をこなしている医師に担当してもらうことが肝心です。

評判が良いクリニックはそれだけ症例数も多くなっていて、難症例もこなしてきた実績があるといえますから、わし鼻修正を行いたい人は、リスクを避けることができるクリニックを選ぶべきです。

手術後に固定する必要がなくても、強い衝撃を与えることは避ける必要があります。入院の必要がなく当日に帰れますが、体温が上昇すると傷口から出血する可能性があるため、運動はしばらく避けて入浴も翌日からにし、当日はシャワーだけにした方が良いです。

信頼できるドクターのご紹介

日本人の多くは鼻の低い人が大半な為、技術力の高い医師にとってバンプを削ってもらわなければ平坦な低い鼻になってしまうこともあります。このようなトラブルに見舞われない為にも信頼できるドクターを見つけましょう。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*