鼻の整形の名医

鼻 シリコンプロテーゼ リスクとは?

鼻 シリコンプロテーゼのリスクまとめ

鼻 シリコンプロテーゼに関してのリスク説明がなされずに整形・手術をしてしまった方は多いと思います。それだけカウンセリングではリスクについてはっきりと説明しないクリニック・ドクターが多く、手術後にリスクが生じて初めて気付くという事も有ります。

そのため、鼻 シリコンプロテーゼのリスクに関する特集ページを作りました。

リスクを回避するためのクリニック選びもお気軽にご相談ください。

その他の鼻を高くする手術
隆鼻術自家組織移植

I型プロテーゼゴアテックス

失敗しないための鼻の整形トラブル・リスク・デメリットSOS

鼻 シリコンプロテーゼのリスク 拘縮

鼻 シリコンプロテーゼのリスクで代表的なのが拘縮です。

拘縮とは鼻 シリコンプロテーゼを使用した際に生じる体の異物反応で、コラーゲンの膜でシリコンプロテーゼを覆う様になる事を指します。

拘縮が起こってしまうと皮膚感が硬くなったり、最悪の場合、抜去しなければならなくなります。

ですが、ほとんどの美容外科は拘縮が起こってしまうタイプの隆鼻術の材料を使用しており、それが原因で術後にリスクを発症しています。

こちらのご相談所では鼻 シリコンプロテーゼ以外の拘縮FREEの隆鼻術の素材をお薦めいたしておりますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

鼻 シリコンプロテーゼのリスク 感染

鼻 シリコンプロテーゼだけではなく、いずれの治療においても、感染してしまうリスクはあり得ます。

感染は隆鼻術のリスクの中でも最も警戒しなければならないものですので、衛生面の整っていないクリニックで手術を行うのは辞めた方が良いです。

例えば隆鼻術のプロテーゼの治療でも、クリニックによっては短時間で雑な手術をされてしまうケースがありますのと、こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

鼻 シリコンプロテーゼのリスク ピンチノーズ

鼻 シリコンプロテーゼのリスクとして代表的なものにピンチノーズが有ります。

ピンチノーズはL型プロテーゼを入れた際などに起こるリスクで、鼻をつまんだ様な形になってしまう症状です。

ピンチノーズのリスクは30分で終了する様なL型プロテーゼでオーダーメイドもしない簡単な隆鼻術で度々起こっていました。ですが、このリスクはあまりカウンセリングで説明される事が少なかったため、失敗者が相次ぎ、術後に修正したいとおっしゃる方がこちらのご相談所に来ておりました。

鼻 シリコンプロテーゼのリスク 鼻曲がり

鼻 シリコンプロテーゼを挿入後、鼻曲がりを生じてしまうリスクが有ります。

鼻 シリコンプロテーゼはオーダーメイドで形づくりをして頂けるかどうか、またプルアウト固定などが出来るかどうかを基準にクリニック選びをして下さい。

鼻曲がりのリスクを回避する事が出来ます。

一度鼻曲がりになってしまうと入れ替えや抜去が必要となってしまいます。

さいごに・・

以上、鼻 シリコンプロテーゼにおける代表的なリスクについてまとめました。
コンテンツは随時、追加していく予定です。今回取り上げた様な上記の様なリスクを回避するためには名医を選択しなければなりません。
名医のご紹介をご希望の方はお気軽にご相談ください。

失敗しないための鼻の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*