鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻 シリコンプロテーゼの修正のきっかけ3つを調査!

鼻 シリコンプロテーゼの修正

このページでは鼻 シリコンプロテーゼについて、マル秘情報を提供しています。

鼻を美容整形した人で、困っている人はいませんか。鼻のシリコンプロテーゼの修正は後悔しないうちに行いましょう。

いろいろな情報に振り回されて、ドキドキしている人が中にはいるかもしれません。

シリコンプロテーゼの修正については、正しい知識を得ていないと大変です。鼻は顔の中心にあるので、一番はじめに目に行く大切な場所です。もしシリコンプロテーゼの修正をするなら、早いうちにするのがおすすめです。

鼻 シリコンプロテーゼの修正

修正による効果→ト・フェジ(オルチャン)になるための鼻の整形

女性なら誰でも自分の容姿が気になるものです。顔のパーツの中で一番気になるのは目元かもしれませんが、それと同じくらい気になってしまうのが鼻です。

中央になあるパーツで、目立ちやすいため、形の悪さや低いことがコンプレックスになっている人は多くいます。

しかし、目立ちやすいからこそ、形を良くしたり高くしたりすることができれば、顔の印象は格段にアップします。

目元や口元と違ってメイクでのごまかしがきかない部分なので、本気で改善したいと思っているなら美容外科での整形手術がおすすめです。整形手術なら、ト・フェジ(オルチャン)のようになることも夢ではありません。

ト・フェジ(オルチャン)のようになるには、高さを出して鼻筋を通す必要があります。

その場合は、シリコンプロテーゼを内部から挿入することで実現可能です。団子鼻でお悩みの人は、鼻先の軟骨を縫い縮める手術をすると、ツンとした鼻先になることができます。切ったり縫ったりするのには抵抗があるという人には、ヒアルロン酸注射もおすすめです。

ヒアルロン酸を注入すれば、その部分が物理的に膨らむので、鼻筋に注入して高くしたり、鼻先に少量を注入して尖らせることもできます。傷跡も残らず安全性も高い為、人気の治療法となってます。

整形に成功して理想の鼻になることができれば、顔の印象は驚くほどに美しくなります。しかし、失敗してしまうと思ったような顔になれないばかりか、修正が出いないほど取り返しのつかない状態になってしまう可能性もあります。

確かな技術と豊富な実績のある医師に手術を担当してもらうことが大切です。また、美的センスのズレは、仕上がりに大きく影響します。

カウンセリングで自分がどうなりたいかをはっきりと医師に伝えるようにしましょう。当相談所で名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

鼻 シリコンプロテーゼの修正のマル秘とは?

鼻シリコンプロテーゼは、医療用シリコンで作った人工軟骨で、本物の軟骨と同様な柔らかさがあり、心臓の人工弁や人工関節などの素材として利用されており、人体に無害で時間の経過とともに変形や変質することはなく安全性や耐衝撃性が極めて高い医療材料です。

鼻全体を形良く高くしたり、鼻筋をシャープに見せたい場合に最適で、一定の期間を過ぎて挿入部位が落ち着くと安心して日常生活を楽しむことが可能になります。

ここから先は、鼻 シリコンプロテーゼの美容整形の利点についてをまとめます。

鼻シリコンプロテーゼの修正

鼻 シリコンプロテーゼの修正のマル秘その1 鼻先が赤くなる

鼻の先が赤くなってしまったなど、整形が終わってから数々の症状に悩まされているという人の話を聞くと、私は大丈夫かなと思うでしょう。

周りの人に指摘されてからでは遅いですよね。

鼻 シリコンプロテーゼの修正のマル秘その2 鼻筋・鼻先の圧迫と抜去・入れ替え

シリコンプロテーゼ抜去の修正手術は、入れた時よりも時間が短くてすみます。もし形が気になる、プロテーゼが出てきてしまいそうで不安、なんとなく罪悪感があるなど、悩んでいる人は信頼できる整形外科に相談してみましょう。

鼻 シリコンプロテーゼの修正のマル秘その3 曲がり

鼻すじが少し曲がっていると入れ替えを行わなければなりません。

リスクやトラブルについてもチェックする事!

鼻シリコンプロテーゼの形状は、I型とL型がありますが、鼻先へ圧迫を減らすことができるオーダーメイドの船型や、プルアウト固定などを使用すると曲がりのリスクを最小限にできます。

希望にあった鼻の高さに合わせてプロテーゼを加工することができるオーダーメイドの手術で、注入法とは異なり半永久的な効果が期待できます。

鼻の穴の内側からプロテーゼを挿入するため傷口は外見上はわかりません。

鼻シリコンプロテーゼが失敗するとプロテーゼが飛び出したり、プロテーゼの輪郭が浮き出たり、鼻筋の違和感などがあります。特にプルアウト固定は技術力のある医師でなければずれやすく失敗する可能性があります。

鼻シリコンプロテーゼは、鼻などに合っていないサイズや形を入れた場合や間違った手術を行なった場合にトラブルが発生します。失敗した場合には修正することは可能で、プロテーゼを抜き取る手術や入替手術などがあります。

施術前にきちんと確認

鼻シリコンプロテーゼは、10年前はL型プロテーゼが主流でしたが、技術などが進歩しており名医であれば眉間から鼻先の角度、鼻の大きさや穴の形状までをアドバイスすることができます。

失敗した場合には修正ができるかを判断する必要もあり、技術の高い医師や病院などにセカンドオピニオンをうけることも良い方法ですが、修正するようなトラブルに合わないためにも、鼻シリコンプロテーゼを行なう場合には、技術の高い医師や病院をカウンセリングなどで見極める必要があります。

鼻 シリコンプロテーゼの名医のご相談はこちら

鼻の美容整形をご希望の方は、名医のご紹介から失敗しないポイントまでをアドバイスしておりますのでご連絡ください。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*