鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

隆鼻術の名医の全貌5項目まとめ!

隆鼻術の名医

このページでは隆鼻術について、マル秘情報を提供しています。

隆鼻術の名医の探し方とは?美容外科での隆鼻術の名医の探し方について説明いたします。

カウンセリングで、隆鼻術のメリットやデメリットなど、疑問点を丁寧に答えてもらえる医師を選ぶのが名医にあたる近道になります。

また、隆鼻術の名医を紹介するこちらの相談所を通じて医師を探すことをオススメいたします。当相談所では全国の病院の失敗確率を算出しております。インターネットには、隆鼻術のさまざまな体験も掲載されていますが本当に信頼できるかどうかはリソースが確かでなければ分かりません。カウンセリングでは、自分が納得いくまで、吟味しながら医師を探すのが良いと考えています。

隆鼻術の名医の全貌5項目まとめ!

隆鼻術の名医のマル秘とは?

隆鼻術の美容整形についてまとめます。

隆鼻術は、鼻筋にプロテーゼなどの人工物を入れて、鼻筋を高くしたり整えることができる手術です。スッと通った鼻を作ることができるので、人気が高いです。

オーダーメイドのプロテーゼを作ってくれるクリニックもあり、これだとよりフィット感が高まります。ただし、プロテーゼ手術は医師の腕が問われやすく、失敗の例も少なくありません。

起こりやすいトラブルには、笑ったときに鼻先が動かないので不自然に見える、鼻に異物感を感じる、鼻の皮膚の変色や皮膚が薄くなる、プロテーゼ周囲に痛みが出たり、輪郭が透けて見える、などです。あくびをしたときにプロテーゼがグラグラする、などというケースもあります。

これらのトラブルは、プロテーゼの挿入場所、プロテーゼの形や大きさにミスがあった場合に起こります。
隆鼻術を受けるときには、このようなことにならないように名医と呼ばれる執刀医がいるクリニックを利用したいものです。

名医の条件をまとめます。

隆鼻術の名医

隆鼻術の名医のマル秘その1 当相談所の口コミや友人

こちらの相談所では、失敗しないためのリスクファクターを徹底的に洗い出して、名医のご紹介にあたっております。日々、失敗患者さんからのお問い合わせがあり、修正の相談に乗っておりますが、鼻の整形は名医を選ばなければ致命的な失敗をしてしまいます。また、補助的に、インターネットの口コミサイトや友人など、近しい人たちの経験談を参考していくのもよいでしょう。

隆鼻術の名医のマル秘その2 カウンセリングの充実

隆鼻術といっても、さまざまに手術の方法がありますので、カウンセリングが充実している美容外科を選ぶのが良いことです。相性もあると思いますので、技術面と相性の両面を判断しなければなりません。

隆鼻術の名医のマル秘その3 プロテーゼの種類、拘縮FREE

現在、99%の美容外科が、シリコンと言う拘縮を引き起こしてしまう材料を扱っています。そのため、ゴアテックスや自家組織移植、あるいは最新式の隆鼻術などの拘縮FREEの材料を扱っているかが名医の条件となり、重要です。

また隆鼻術で使うプロテーゼには、I型とL型があります。I型は鼻筋の上にフィットし、L型は鼻筋から鼻柱(鼻の穴の真ん中の部分)までをカバーします。

患者の希望や状態によって使い分けるのですが、L型だと笑ったときに鼻先だけ動かない、透けて見える、などのトラブルが起こりやすいです。

そのため、安全性を重視しているクリニックではI型が選択されることが多いです。

隆鼻術では、プロテーゼを鼻骨や軟骨組織とそれを覆う骨膜の間に固定します。これにはされほどテクニックは必要ないと言われていますが、正しい位置に挿入しないとトラブルの原因になります。

隆鼻術の評判が良い美容外科・クリニック

隆鼻術は信頼度が高い医師にお願いし、きれいに形成してもらわないと修正が必要になってしまうことがありますから、安心して任せられるクリニック選びが不可欠です。

鼻筋の高さが足りないとのっぺりとした平たい顔に見えてしまうことがあり、人によっては目と目が離れているように見えてしまうことがあります。鼻筋にボリュームを増したいときにはシリコンプロテーゼを入れる方法があり、鼻先だ毛の場合には耳介などの軟骨を入れる方法が効果的です。

隆鼻術の対応している美容外科も数多くありますが、鼻の内側から切開して挿入して行くことになるため、狭い視野でも丁寧な施術ができる技術ある医師に担当してもらい、理想とするデザインに近づけるように、適したサイズのシリコンプロテーゼや軟骨を入れてもらうことが成功につながります。シリコンだと、異物としての拒否反応が出にくく柔らかさもあって自然な鼻に近い表現ができます。

隆鼻術の名医

安い病院で失敗したら抜去が必要となる

隆鼻術は、安いところで120,000円ほどの料金で行われているところがあります。シリコンプロテーゼなどを入れた際に失敗すると一度抜き出し再挿入することになるととても負担になります。

経験が不足した医師が行うと、鼻筋がいつまでも赤い状態が続いたり、酷い腫れや痛みが出て治まらない、皮下に挿入していることが表面から分かってしまう、位置が明らかにずれている状態にされてしまうことがあって、こうした場合すぐに抜去が必要になります。

酷い状態を放置してしまうと炎症や感染症、血腫ができたり壊死する可能性もあるので、術後異常が続く場合には早めに処置を受けに行くことが求められます。

耳介軟骨を採取するときには、傷が目立たないように耳の後ろ側を切開することが多く、軟骨の加工を行ってから鼻先に入れることになるため、よりノウハウを持っている医師に担当してもらう必要があります。

隆鼻術の名医のご相談はこちら

失敗が起こるのは、医師の腕の不足や、患者の隆鼻術整形に対する知識不足が原因になってしまうこともあります。

また患者側としても、鼻を高くしたいあまり、医師の言うことを聞かずに「もっと高く」と希望してしまい、プロテーゼが合わなくてトラブルが起きたり、顔全体と不釣り合いな鼻になってしまい失敗する可能性もあります。

適切なアドバイスをくれる名医がいるクリニックを利用しましょう。

隆鼻術の評判が良いクリニックであれば、数多くの症例をこなしてきて経験を積んでいるため技術や知識が高まっており、リスクを避けて安全に鼻の高さを整えることを目指せます。

鼻の美容整形をご希望の方は、名医のご紹介から失敗しないポイントまでをアドバイスしておりますのでご連絡ください。病院ごとの技術的な評価、評判の良い病院のご紹介も致しております。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*