鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

隆鼻術のデメリットの全貌5つをまとめ

隆鼻術とは、鼻を高くすることで鼻の部分を整えて美しく見せることができるという美容形成手術です。具体的には鼻を切開して鼻の下に材料を入れることで鼻を高くします。

隆鼻術のデメリット

このページでは隆鼻術について、マル秘情報を提供しています。

隆鼻術のデメリットについて。

鼻は顔の印象を決める大事なパーツのひとつです。バランスにもよりますが、鼻が低いことで顔全体の印象が崩れると悩んでいる人は多数います。 鼻を高くする方法のひとつとして「隆鼻術」という施術方法があります。隆鼻術ではアクアジェルやプロテーゼを用いて鼻を高くします。

持続力はアクアジェルの方は最長で8年程度なのにたいして、プロテーゼの方は半永久的に持続します。プロテーゼの方では患者ひとりひとりに合わせて作成したプロテーゼを鼻の穴の内側からいれますので、傷跡を心配することはありません。施術の時間は30分程度なので、早く終わります。

隆鼻術のデメリット

 

 

隆鼻術の種類

隆鼻術とは、鼻を高くすることで鼻の部分を整えて美しく見せることができるという美容形成手術です。具体的には鼻を切開して鼻の下に材料を入れることで鼻を高くします。

材料については、プロテーゼとよばれるシリコンの一種に分類される材料を埋め込んでいくほかプロテーゼの補助的な役割を持つ材料としては軟骨も入れることもあります。

プロテーゼを入れた後は患者に鼻が高くなったかどうかを確認をとって良ければ完了となります。プロテーゼを入れる方法に抵抗感を覚える人に対しては、ヒアルロン酸などを注入して一時的に鼻を高くする方法もあります。

隆鼻術のデメリット

隆鼻術のデメリットについて

美容整形の分野では人気がある隆鼻術ですが、デメリットも存在します。隆鼻術を確実に成功させるにあたっては、医師の経験と技術次第ということがいえます。

ですので信頼できる医師を選ぶことが前提となっています。
隆鼻術を受けることで想定されるデメリットとしては、まず手術を受けた後にはしばらく腫れます。

しかしその腫れは1週間ほど続きますがそこまで極端に気にすることは無いといえるでしょう。ただ一定期間ダウンタイムがかかる傾向がありますのでそこは留意事項といえます。

術後トラブルについて

次に、術後のトラブルについてです。人によっては術後にプロテーゼが安定しないことで仕上がりが崩れてしまう可能性があります。

そのため、プロテーゼを入れる場所についてはきちんと手術を行う前に確認をとるようにしておくようにします。

また、プロテーゼを鼻先に入れた場合にはプロテーゼがなんらかの衝撃により鼻の皮膚を突き破って飛び出してしまう可能性もまったくないとはいえませんので、プロテーゼを鼻先に入れないことが医師側には定められています。

費用の面については、健康保険の適用外となっているため注意が必要です。ですので、プロテーゼを入れる手術を行った場合には比較的高額となります。平均で15万円前後が相場となっています。

ヒアルロン注射などの場合には費用は抑えられますが、効果はそれほど長くは続きません。

隆鼻術の「鼻筋の圧迫」というデメリットを解説

「鼻筋・鼻先の圧迫」デメリットについて。

隆鼻術を受けた場合、鼻筋・鼻先の圧迫が起こるデメリットがあります。そもそもこの施術は、鼻の中にシリコンプロテーゼを挿入することで鼻を高くしていく治療方法です。

ただ鼻の長さに合わないシリコンを挿入してしまうと、鼻にフィットせず、強い圧迫が生じてしまうのです。

圧迫が生じると、再手術を受けてシリコンを取り除かなければいけません。

リスクを防ぐには、信頼できるクリニックに治療を依頼することが肝心です。

「シリコンプロテーゼによる被膜拘縮(カプセル)」が起こるデメリット

シリコンプロテーゼを挿入した場合には拘縮が起こってしまう。隆鼻術では、シリコンプロテーゼによる被膜拘縮(カプセル)」が生じるデメリットがあります。これは、体内に異物が挿入された事で起こる身体の免疫作用によるものです。

被膜拘縮(カプセル)が起こると患部が固くなり、鼻の形が変わることもあります。そして、最悪の場合は、プロテーゼの入れ替えの治療をする必要があります。

リスクを減らすには、生体親和性がよいシリコンプロテーゼを使うクリニックを選ぶことが大事です。

「プロテーゼがずれる」デメリットについて

隆鼻術を受けると、術後にプロテーゼがずれるというデメリットがあります。これは、医師の技術、経験が未熟なために、鼻に合ったプロテーゼを挿入しなかった事で起こります。

リスクを減らすには、隆鼻術の施術症例が多く、技術の優れた医師に依頼する事がポイントです。それと、プロテーゼの種類が豊富でオーダーメードが可能な美容クリニックを選ぶことも、リスクを軽減する上では非常に大事です。

腫れが強い

隆鼻術のデメリットとしてはアクアジェルに比べて腫れが強いことがあげられます。一週間程度は強い腫れが続くことが考えられます。

不自然・ばれるになることがある

技術が下手だと不自然・ばれることがあります。

施術におけるリスクを減らすには名医に任せる事

隆鼻術は、シリコンプロテーゼを皮膚を切開して鼻に入れていくことで、鼻を高くする事ができる美容整形です。鼻の穴の中を切開するので、施術後は傷跡が目立つ事もなく、安心です。

ただ担当する医師の知識や技術レベルによっては、術後の仕上がりが大きく左右されるケースがあります。鼻というのは目立つ部位なので、確実にきれいに仕上げたいものです。そこで、当相談所では名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

鼻整形の名医-失敗と効果
 


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*