鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻レディエッセ注入の失敗

鼻レディエッセ注入の名医の失敗として、肌に誰から見てもわかるような、しこりが残ることがあります。鼻のパーツは皮膚のすぐ下ほどの厚みで、その下はもう骨があります。非常に皮膚としても、薄いというのがわかるでしょう。その非常に皮膚の薄い部分へ、鼻レディエッセ注入の治療を行うことになります。注入は簡単と思うのは浅はかであり、皮膚の薄いパーツへの注入は、下手な医師にあたれば、おかしい形のしこりを残す結果になります。

鼻レディエッセ注入の失敗

デメリットについて

鼻レディエッセ注入は、何回も繰り返しするような美容整形ではありません。1回や2回はまだいいかもしれませんが、そのうちに鼻の形には違和感が見られるようになります。繰り返して何回も注入をしていれば、いつのまにか鼻には幅が出てきてしまい、広がった鼻に変わっていきます。鼻の高さを目的としたはずが、横に広い不細工な鼻に変わってしまうのです。鼻レディエッセの成分は、すぐに気に入らないからといって、溶かすことが不可能な成分です。

横に広がった状態に変わってきたら、その修正は注射では対応が困難となってきます。メスは使用したくなくて注入系を選んでいた人でも、鼻の形状がおかしな見た目になってきたら、鼻レディエッセの注入はストップをして、外科的な処置をする必要性も出てくる可能性があります。鼻レディエッセの費用は安くはありませんし、それを修正する費用は外科手術となるため、お金はもっとかかります。

失敗例について

鼻レディエッセ注入での失敗として、注入をして形がおかしくなることもあります。人間の顔は左右が、全く対象にはなっていません。真ん中にある鼻も、ほんの少しだけ曲がりがあります。鼻は低いとわからないものの、高くなるとその左右差は目立ちます。曲がり具合が大きい鼻の場合は、注入をしていくと、いびつな形状となることがあります。もともとが曲がりのある鼻は、注入をしても綺麗には仕上がりませんし、医師の腕が低ければ仕上がりは最悪です。

鼻レディエッセ注入の名医の失敗

鼻レディエッセ注入の失敗例として考えられる、「溶解注射がない」について

鼻のプチ整形にはヒアルロン酸注入法という、施術法もあります。
ヒアルロン酸は溶解できる薬剤があるので、もし失敗してしまったとなったら、溶解注射での治療で元に戻す事が可能です。
ただ、レディエッセの場合、溶解できる薬剤はありません。
もし失敗してしまった場合は薬剤が体に吸収されるまで、失敗の状態が続く事になってしまいます。
レディエッセ注入で使用する薬剤は、通常約2年ほどは効果が持続するので、その間は失敗したままとなるのです。

鼻レディエッセ注入で起こるリスク「しこり・石灰化」

鼻のレディエッセ注入は、注射器で施術を行うプチ整形です。
メスを使わないという事もあり、人気の施術ですがしこり・石灰化を起こすリスクがあるので注意しましょう。
皮膚の一か所に薬剤を注入し過ぎてしまうと、その部分がしこりとなって固まる事があります。
症状が悪化してしまうと石灰化といって、しこりよりもさらに固くなってしまう状態が起こるのです。
しこり・石灰化が起こる事で、鼻が変形するケースも考えられます。

鼻レディエッセ注入で起こるリスク「鼻先に注入すると団子鼻になる」

鼻のレディエッセ注入で起こるリスクとしては、鼻先に注入すると団子鼻になるという事も挙げられます。
鼻は皮膚が厚く、また余裕もありません。
そこへ薬剤を注入すると鼻先を綺麗に整える事ができず広がってしまうのです。
薬剤が広がってしまうと、鼻の先が丸っこくなる団子鼻になってしまいます。
隆鼻術はスッとした鼻にする為に、施術を受ける方がほとんどです。
失敗してしまうと団子鼻という、新たな鼻のコンプレックスが現れてしまいます。

鼻レディエッセ注入は名医を選ぼう

手軽なプチ整形と考えがちな、鼻のレディエッセ注入ですが溶解注射がないという事もあり、失敗してしまうと後遺症に悩まされるようになります。
プチ整形だからと軽く考えず、鼻のレディエッセ注入を受ける際は、名医を探す事がおすすめです。
当相談所では鼻のレディエッセ注入はもちろん、注入する事で鼻を高くできる隆鼻術に精通している、医師をご紹介しています。
施術を希望する方は、ご気軽にご相談ください。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*