鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻レディエッセ注入のリスク

鼻レディエッセ注入の名医のリスク リスクについて考えてみると、皮膚にしこりができた理するケースがあります。比較的顔の中でも鼻は皮膚の薄いパーツですので、注入をしたもののデコボコになるケースはないことではありません。また骨の近いところはの注入は、成分が硬くしこりとなって、そのまま残りやすくもあります。鼻レディエッセ注入をしたことでしこりが、誰から見ても目立つようであれば、最悪の場合は外科的な手術の方法を使って、そのしこりを取り除く手術を行うこともあります。
鼻レディエッセ注入の名医のリスク

リスクについて

鼻レディエッセ注入のリスクとして覚えておきたいのは、一般的なヒアルロン酸のように、簡単にはヒアルロン酸を専用の薬剤で、解かせないという問題点です。通常のヒアルロン酸あらば気に入らない場合は、専用の薬剤を注入をして溶かすことができますが、鼻レディエッセは溶かすことができません。注入をしてデザインが気に入らなくても、追加で入れて形の調整をするか、成分型以内に吸収する2年後を気長に待つしか方法がありません。

術後の注意点

鼻レディエッセ注入は施術の後に、膨らみが目立ちやすいことがあります。注入量がアンバランスに多過ぎると、見た目には不自然な膨らみができます。注入に失敗をすると、血管塞栓による壊死に至ることもあります。また障害注入するパーツには、わりと太さの血管がありますのでその血管に針が入ってしまうと、レディエッセ注入によって血管を塞いでしまうというトラブルが起こることもあります。注入では血管を傷つけないことを考えないとなりませんし、過剰な注入は控える必要があります。

鼻レディエッセ注入の過剰な注入をしてしまうと、鼻は高くなるのではなく、横幅が広がって仕上がりの見た目が崩れておかしくなります。注入後にレディエッセ拡散注入パーツとか、そのまわりのをマッサージをした場合には、注入をしたレディエッセが拡散されますから、希望のパーツからレディエッセの成分が思いがけないところへと移動をしてしまうことがあります。

100%成功するとは限らない

手軽なプチ整形という事で、「鼻レディエッセ注入」は人気です。
気になる費用ですが注入する薬剤の量、そしてクリニックでも変わります。
安いクリニックだと0.1ccあたり、1万5000円程度で施術を受けられるようです。
メスで切開する必要も無く、注射器で施術を行うプチ整形という事もあり、鼻レディエッセ注入は若い世代の方も受けやすい隆鼻術でしょう。
しかし、プチ整形だからといって、100%成功するとは限りません。
失敗してしまうケースもあるので、クリニック選びは慎重に行いましょう。
失敗としては薬剤を注入し過ぎた事で、不自然な見た目になってしまった、鼻がデコボコになってしまったというケースが挙げられます。
レディエッセを溶かす薬剤は無いので、自然と体に吸収されるまで、失敗のままでいなくてはいけません。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*