鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻プロテーゼ抜去の失敗

鼻に人工的な軟骨を挿入するプロテーゼ挿入は、鼻先の先端などまで挿入することや皮膚の薄い部分に挿入しなくてはいけないといった点から、皮膚自体が薄くなる、鼻が異様に高くなりすぎる、皮膚をから飛び出すように突き破ってしまうといったリスクが考えられます。

それだけではなく人工的な軟骨を入れることによって異物反応を起こした結果、膿などが出るといったアレルギー反応、顔全体の麻痺、しびれ、感覚麻痺、継続的な痛みや違和感を感じる人もます。また過剰な高さや不自然な浮き出し変形などの仕上がりの失敗、プロテーゼが鼻から突き出してしまうといった失敗、また加齢や体質変化によって鼻の脂肪や軟骨が痩せると整形がばれてしまう恐怖心から修正を希望される方が多く、この場合は手術前の鼻の状態に戻したい方は鼻プロテーゼ抜去することで本来の鼻に戻すことが出来ます。

逆に本来の鼻に戻したくない方は、鼻プロテーゼ抜去をした後にプロテーゼの入れ替えやヒアルロン酸・エンドプロテーゼなどの注入によって美しい形状に整えるといった手術が可能になります。

鼻プロテーゼ抜去の失敗

鼻プロテーゼ抜去の際の失敗・注意点

鼻プロテーゼ抜去の際の注意点は、挿入時の鼻の高さより低くなるといった可能性が高く、その他には従来の鼻より広がったり凹凸が目立つといった見た目の変化にも影響を与える可能性があります。またプロテーゼ挿入期間が長年に及ぶ方は自身の皮膚との結合力の高さ悪循環となり、鼻プロテーゼ抜去自体が難しくなってしまう可能性があります。

また長年の皮膚に入っていたプロテーゼを除去することで皮膚の組織との癒着部分を再度切り開くことによって、周りの神経の危害に及び神経麻痺、鼻の穴の開きの目立ち、従来より鼻の形状が低くなったり広くなったりといった見栄えの変化、傷跡が目立つといったトラブルもあります。どちらにしても不安感やリスクに伴う恐怖心など心身ともに負担がかかる事にもなるので、一度挿入したプロテーゼを安易に除去するといった行為ではなく、自分自身の現状で身体的、精神的、経済的にもリスクがない選択肢を信頼できる医師を選び相談することが大切です。

鼻プロテーゼ抜去の失敗

鼻プロテーゼ抜去の失敗、感染ってよくあるの?

鼻プロテーゼ抜去は鼻に挿入したプロテーゼを、取り除く美容整形の1つです。
メスを使う手術となるので、施術を受ける事で起こるリスクはゼロではありません。
鼻プロテーゼ抜去で起こりやすいのは、感染症のリスクです。鼻の整形は、感染症を引き起こすリスクがあります。
プロテーゼを取り除く際、大きく切開すると、そこから雑菌が入り込み感染症を引き起こしてしまいます。
皮膚の炎症や発熱などの症状が起こります。
また症状が悪化すると、鼻だけでなく顔全体に炎症が広がるので注意が必要です。

鼻プロテーゼの抜去で傷跡のリスクが

鼻プロテーゼ抜去を行った場合、傷跡が残ってしまうリスクもあります。
プロテーゼを取り出す際、鼻柱や鼻の穴の中を切開する必要があります。
この時、技術の低い医師が施術を行った場合、プロテーゼを挿入した時よりも大きく切開する事があるようです。
大きく切開するという事はその分、大きな傷跡が残りやすいという事に繋がります。
プロテーゼを除去する際は、傷跡が残るリスクも考慮しなければいけません。

鼻の軟骨の変形が起こるリスク

長年プロテーゼを挿入したままになっていると、除去しようとしても圧迫からプロテーゼと鼻の骨が癒着してしまっているケースも少なくありません。
このようなケースで、無理やりプロテーゼを抜去してしまうと、鼻の軟骨を変形させてしまうリスクが高まります。
もし、軟骨が変形してしまったら、体の一部から軟骨を移植して元の状態に戻すしかありません。
プロテーゼの抜去と軟骨の移植という、大きな手術を受けなければいけなくなるのです。

鼻プロテーゼ抜去は名医を選ぼう

鼻のプロテーゼ抜去は高い技術がなければ、失敗してしまうリスクが高い美容整形です。
もし、失敗、してしまうと、感染症を引き起こしたり軟骨の変形を引き起こす恐れがあります。
高度な技術を要する美容整形は名医と言われる医師を選ぶ事で、失敗が起こるリスクを大きく軽減できるでしょう。
当相談所では鼻のプロテーゼ抜去に精通している、医師のいるクリニックをご紹介しています。
ご気軽にご相談ください。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*