鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻プロテーゼ抜去のリスク3項目

鼻プロテーゼ抜去のダウンタイムに関しては入れるよりは患者への負担も大幅に少なく、概ね大きな腫れは1~3日程度で済み、抜糸に関しても手術日から1週間程度で行うことができます。また、通院も1回程度で済み、入院も不要となります。

鼻プロテーゼ抜去のアフターケアとしては、大切なものとして鼻の周囲、特に患部に関しては1ヶ月間はマッサージをしないようにする必要があり、他に関しては問題はないものの、もし、違和感などを感じた場合には担当の医師の診察を受けることが大切になります。アフターケアに関しては、抜き取る前にも十分に説明が行われ、それは術後においても行なわれますが、不安を覚えるような場合には定期的な通院をすることも1つの方法となります。

鼻プロテーゼ抜去のリスク

デメリットについて

鼻プロテーゼ抜去は、仕上がりが満足できない場合やL型のプロテアーゼを挿入している場合に用意されている施術です。入れる時よりも短時間で完了するうえに、リスクはほとんどありません。デメリットは、元の状態に戻るということだけです。ただし、L型により鼻の皮膚が破れてしまい、感染している様な場合には状況は違ってきます。

このような場合での鼻プロテーゼ抜去は、美容というよりも治療としての性格が強くなります。このままの状態を続けていれば、皮膚に開いた穴はどんどんと大きくなり、感染も酷くなるからです。このために、緊急手術を行わなくてはなりません。

鼻プロテーゼ抜去のリスク

事前のクリニック選びは非常に重要

このようにL型のトラブルにより鼻プロテーゼ抜去を行った場合は、L型を挿入する前の状態に戻らない可能性があります。これは、崩れにより鼻が拘縮してしまうからで、鼻プロテーゼ抜去の後に別の美容整形手術を行うという流れとなります。このように、間違った手術を受けると後々まで響く原因となります。このために、事前のクリニック選びは非常に重要なポイントです。

鼻プロテーゼ抜去を受けるなら評判の良いこのクリニック!

鼻は顔の中心のあるパーツという事もあり、顔の印象を大きく左右するパーツです。
他人に見られる機械が多い為、鼻が低いという事がコンプレックスになっている方も少なくありません。
このような鼻の悩みを解消する方法として、おすすめなのがプロテーゼ法です。
プロテーゼ法は人工シリコンを鼻に挿入して、高さを出したり形を整える事が出来る隆鼻術です。
美容外科であれば、ほとんどのクリニックで施術を受けられます。
ただ、プロテーゼ法の場合、見た目が不自然になってしまったり、シリコンが皮膚を圧迫して赤みが出る、最悪の場合は皮膚を突き破って出てきてしまう事さえあります。
もし、プロテーゼ法を受けて失敗した、元の状態に戻したいと感じたらプロテーゼ抜去を受けましょう。
プロテーゼ抜去とは名前のとおり、プロテーゼを除去する美容整形です。
プロテーゼを入れてから時間があまり経過していなければ、元の状態に戻りやすいと言われています。

鼻を高くする隆鼻術、プロテーゼ法を失敗してしまった場合、鼻プロテーゼ抜去という施術を受ける事で元の状態に戻せます。鼻はメイクなどでカバーする事が出来ないので、失敗したと感じたら早めに鼻プロテーゼ抜去を受ける事がおすすめです。
安いクリニックであれば、約15万円程の値段で施術を受けられます。
ただ、プロテーゼを取り除くのには、かなり高度な技術が必要です。
プロテーゼ法で鼻を高くした時以上に、クリニック選びを慎重に行う必要があります。
もし、施術に失敗してしまうと元の状態に戻らない、傷跡が残ってしまいます。
また、組織と癒着したプロテーゼの剥離が上手くできず、鼻がデコボコになってしまう事もあるようです。
このように、鼻プロテーゼ法は大きな光視症がリスクのある施術です。
安心して施術を受けるには、鼻の美容整形に精通している医師がいるクリニック、そして口コミなどで評判の良いクリニックを探す事が必要不可欠です。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*