鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻プロテーゼ抜去の名医を原因究明と一緒に考えてみる

プロテーゼを抜く原因とは?

鼻プロテーゼは、鼻のコンプレックスを解消するために、鼻プロテーゼ法を受ける方は少なくありません。鼻プロテーゼ法は人工シリコンを鼻に挿入し、高さを出したり形を整える隆鼻術です。

鼻の穴の内側からシリコンを挿入するという整形手術で、美容外科などの医療機関で実施されています。鼻筋と目頭の間の彫りが深くなり目も大きく強調されるので、顔全体が整ったイメージに変化するというメリットがあります。鼻が低く平べったい顔に悩んでいる人には、かなりおすすめできる内容です。

かなり鼻の印象を変えられるという事もあり、鼻の美容整形の中では人気の施術となっています。

ただ、仕上がりがイメージと違う、プロテーゼが変形した、鼻に違和感があるなどの理由で、人工シリコンを取り除きたいというケースも出てくるようです。

このような場合は、鼻プロテーゼ抜去という施術を受ければ、元の鼻の状態に戻せます。
鼻プロテーゼ抜去は名前のとおり、鼻に入れた人工シリコンを除去する施術です。

鼻プロテーゼ抜去の名医

鼻プロテーゼの種類について

この鼻プロテーゼには、L型とI型の2種類があり、名医と呼ばれる人は後者を選択するケースが多いのが特徴です。これは、L型は鼻の先端部分が笑った時に上がらないので不自然な表情になってしまううえに、鼻先の皮膚への負担も大きいということが理由です。このために、皮膚を突き破って飛び出てしまうという危険もあります。このような事態になると膿が出て感染が酷くなるので、見た目を整える以前の問題となります。

これに対して、I型の場合は鼻の先の皮膚は自由な状態をキープしているので、表情が不自然になることはありません。また、仕上がりが思わしくない場合に抜き取る鼻プロテーゼ抜去も短時間で簡単に出来るということも魅力です。このように、名医がI型を選択するのは、トータルでメリットがあるからです。

ただし、鼻プロテーゼ抜去はL型でも可能です。少なくとも挿入するよりはシンプルであり、手術の時間や術後の腫れも少なくて済みます。鼻の穴の中を数ミリメートル切開して引き出すという内容であり、傷跡が人目に触れることはありません。トラブルに発展する前に、鼻プロテーゼ抜去を行うのが賢明です。

鼻プロテーゼ抜去の名医

費用について

鼻プロテーゼ抜去などの美容整形手術は、自由診療に分類されているので、内容や費用にはクリニックごとに違いがあります。安いクリニックであれば、約15万円程度の値段で施術を受けられるようです。

テクニックにも差があるので、当然仕上がり具合も違ってきます。このために、事前の比較検討が重要なポイントとなります。名医と呼ばれる様なテクニックと知識を有しているドクターにより施術を受けるのと、そうでない場合とでは出来栄えにかなりの差がつくことになります。

鼻プロテーゼ抜去を行っている評判の良い美容外科とは

技術の高い医師であれば、鼻の穴の中から人工シリコンを取り出せるので、顔に傷跡が残るとい心配はありません。
鼻は顔の中心にあるパーツという事もあり、隆鼻術に失敗してしまうと精神的に大きなダメージとなります。
失敗したと感じたら、早めに鼻プロテーゼ抜去を相談しましょう。

鼻プロテーゼ抜去はプロテーゼ法という、隆鼻術を失敗してしまった時に行う美容整形です。
鼻の中に入れた人工シリコンを取り出し、元の状態へと戻します。

鼻が高すぎる・大きすぎるといった仕上がりに不満がある時だけでなく、人工シリコンが皮膚を圧迫して赤みが出る、皮膚を突き破りそうという時などは、すぐに鼻プロテーゼ抜去を医師に相談しましょう。

ただ、鼻プロテーゼ抜去は、医師の技術によって仕上がりが大きく左右されてしまいます。
鼻の美容整形に精通していない医師が施術を行った場合、人工シリコンを上手く取り出せず、皮膚がデコボコになってしまったり、感染症を引き起こすリスクが高まるのです。
キレイな状態に戻そうとして、このような状態になってしまうと、精神的な負担はかなり大きいでしょう。
鼻プロテーゼ抜去を受ける際は、評判の良いクリニックを探す事をおすすめします。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*