鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻の整形 下向きの鼻先にしたい

鼻の整形 下向きの鼻先にしたい

鼻先が短いと横から見た際に綺麗なシルエットを作れないのですが、そういった場合には効果があるのが鼻中隔延長術です。

短鼻には二つのタイプがあります。

①鼻背の長さ。鼻根から鼻先の長さが短く、鼻尖が上を向いているタイプ
正面で鼻の穴が見えやすいのはこのタイプです。

②正面で見ると鼻の真ん中(鼻柱)が両側の小鼻より短いタイプ
このタイプでは小鼻が垂れ下がって広がり、鼻の下が長く見えます。

鼻中隔延長術のやり方は、オープン法とクローズ法と2種類があります。

お鼻の穴と穴を仕切っている、鼻柱を図のように切開し軟骨を移植するのが、オープン法による鼻中隔延長術です。
それに対して、お鼻の穴の中から手術を行うのが、クローズ法による鼻中隔延長術です。

失敗しないための鼻の整形トラブル・リスク・デメリットSOS

鼻の整形 下向きの鼻先にしたい 症例写真

鼻の整形 下向きの鼻先にしたい 美容整形・手術・治療

下向きの鼻先にしたい場合の美容整形は鼻の整形の中では人気のお悩み・ご相談内容です。

鼻の美容整形は、10年前のL型プロテーゼが主流だった術式から大きく変化してきており、名医であれば眉間から鼻先の角度、鼻の大きさや穴の形状までを含めた提案が出来ます。

例えば、手術方法としては、耳介軟骨移植、鼻中隔延長術、鼻尖縮小3Dなどが考えられます。

よりリスクを回避した治療をご相談窓口では提案しております。ご希望の方は遠慮なくお問い合わせいただければと思います。

その他の鼻の美容整形の種類については下記をご参照ください。

隆鼻術 シリコンプロテーゼ、ゴアテックス、L型プロテーゼ、I型プロテーゼ、自家組織移植、耳介軟骨移植、鼻中隔延長術(鼻中隔延長術 +耳介軟骨 +鼻中隔軟骨 +肋軟骨 +保存軟骨移植)、鼻尖縮小術 1day鼻尖縮小 切らない鼻尖縮小 、鼻翼縮小術(小鼻) 1day鼻翼(小鼻)縮小 切らない鼻翼(小鼻)縮小、眉間プロテーゼ、整鼻術、鼻骨骨切り、わし鼻修正、団子鼻、プロテーゼ抜去 プロテーゼ入れ替え、鼻先形成、ヒアルロン酸 レディエッセ、人中短縮(鼻下短縮) 鼻根部Vライン形成 鼻翼基部プロテーゼ 鼻骨幅寄せ エンドプラスト アクアミド 鼻尖吊り上げ術 鼻尖吊り下げ術 鼻孔縁形成 鼻柱挙上術 鼻柱下降術 鼻中隔延長PRC法 ベストリノプラスティー 鼻尖形成術

鼻の整形 下向きの鼻先にしたい 失敗・修正・再手術

下向きの鼻先にしたい場合の美容整形は鼻中隔延長術や耳介軟骨移植、鼻尖縮小術3Dなどが考えられます。

拘縮が起こる素材などで入れ替え・修正・再手術をしなければならなくなると厄介なので、是非、はじめから失敗しないために名医を選択して頂く事が大切です。

こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

鼻の整形 下向きの鼻先にしたい 効果・仕上がり・アフターケア

下向きの鼻先にする美容整形の効果・仕上がりを評価する上では、鼻筋や鼻先の形状を確認する必要があります。
整形をした事がばればれの形であったりすると綺麗とは言えません。

耳介軟骨移植、鼻中隔延長術、鼻尖縮小3Dなどのダウンタイムはおよそ2週間程度、アフターケアとしては、血流が良くなる事のない様に安静にお過ごしください。

鼻の整形 下向きの鼻先にしたい トラブル・リスク・デメリット・後遺症・ダウンタイム・腫れ

下向きの鼻先にする美容整形におけるトラブル・リスク・デメリットをご紹介いたします。

代表的なリスクとしては鼻閉状態(息苦しい)、変形、鼻曲がりなどのトラブルです。

技術が低いドクターを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。

下向きの鼻先にする美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。
ご相談窓口でも説明いたしております。

腫れ・ダウンタイムについては、耳介軟骨移植、鼻中隔延長術、鼻尖縮小3Dなどでは2週間程度が目安となります。
ダウンタイム中に外出をしなければならない場合には、マスクなどで隠す事をお薦めいたします。

鼻の整形 下向きの鼻先にしたい まとめ

下向きの鼻先にする美容整形によって、団子鼻、鼻が丸っこい印象を修正したりといった事が可能となります。
クオリティの高い手術を選択する様にして下さい。

ご相談窓口にて、名医の条件、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽のご相談頂ければと思います。

失敗しないための鼻の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*