鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻の整形で太い鼻筋を細くしたい方が読むべき8項目

鼻の整形 太い鼻筋を細くしたい

美容外科では様々な治療が提供されていますが、鼻をよりきれいにする治療も高い人気となっています。太い鼻筋を狭くするためには鼻骨骨切りや鼻尖縮小術が考えられます。

手術はオープン法で行います。鼻の正面から見た際にも美しく整えることができるのが、鼻骨骨切り手術です。

鼻尖縮小術の場合には鼻先だけを細くさせる効果となります。

こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

鼻の整形 太い鼻筋を狭くしたい

症例写真

症例画像①

鼻の整形 太い鼻筋を細くする手術・治療

太い鼻筋を狭くしたい場合の美容整形は鼻の整形の中では人気のお悩み・ご相談内容です。

鼻の美容整形は、10年前のL型プロテーゼが主流だった術式から大きく変化してきており、名医であれば眉間から鼻先の角度、鼻の大きさや穴の形状までを含めた提案が出来ます。

例えば、手術方法としては、鼻骨骨切りや鼻尖縮小術などが考えられます。

骨切り手術は頭蓋学外科の技術の高い名医をお薦めいたします。そこで、よりリスクを回避した治療をご相談窓口では提案しております。ご希望の方は遠慮なくお問い合わせいただければと思います。

失敗・修正・再手術

太い鼻筋を狭くしたい場合の美容整形は鼻骨骨切りや鼻尖縮小術が考えられます。

拘縮が起こる素材などで入れ替え・修正・再手術をしなければならなくなると厄介なので、是非、はじめから失敗しないために名医を選択して頂く事が大切です。

こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

効果・仕上がり・アフターケア

日本人の場合は鼻が低い、鼻が大きい、丸いなどの悩みが多いですが、こうした悩みはメイクだけでカバーするのは難しいものがあります。鼻の形や高さはメイクだけで変えるのは難しいものがありますが、美容整形なら劇的な変化も期待することができます。鼻をより細く、シャープにすることができれば、顔立ちもよりすっきりと美しく見える効果がありますし、女性の場合はより女性らしさをアップさせることもできます。

太い鼻筋を狭くする美容整形の効果・仕上がりを評価する上では、鼻筋や鼻先の形状を確認する必要があります。
整形をした事がばればれの形であったりすると綺麗とは言えません。

鼻骨骨切りや鼻尖縮小術などのダウンタイムはおよそ2週間程度、アフターケアとしては、血流が良くなる事のない様に安静にお過ごしください。

トラブル・リスク・デメリット・後遺症

太い鼻筋を狭くする美容整形におけるトラブル・リスク・デメリットをご紹介いたします。

代表的なリスクとしてはpollybeak変形や曲がりなどのトラブルです。

技術が低いドクターを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。

太い鼻筋を狭くする美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。

ご相談窓口でも説明いたしております。

鼻を細くする整形のデメリット・トラブル・リスク

『デメリットまで教える整形memo』鼻が曲がる!?鼻を細くする整形は慎重に。

異様な形になり不自然な鼻になる事があります。

理想の鼻に近づける事が出来る鼻を細くする整形では、手術前にどの様な仕上がり状態にしたいかを事前にしっかりと医師と話し合い納得した上で、施術に望む事が重要です。

術後直ぐには、腫れやむくみによって不自然・デザインの違和感を感じる事がありますが、ダウンタイムを過ぎても違和感を覚える時は失敗の可能性があります。納得がいかない場合は施術を受けた医師に相談する事が重要となります。

術後の後遺症で長期間にわたり苦しむ事もある

鼻を細くする整形では、欧米人の様な細くて鼻筋が通った鼻をになる事ができます。しかし、その方の鼻の状態により様々な施術方法を選択し、難易度の高い技術が求められる事もあります。

技術や経験そして知識のない医師に任せた事により、術後の腫れや内出血でダウンタイムが長引く場合があります。通常は2週間程度で治る事が多いですが、長期にわたる場合や、悪化する場合は早急に医師に相談する必要があります。

仕上がりのバランスが悪くなる可能性もある

鼻を細くする整形では、状態に合わせて鼻尖縮小・鼻骨切り・鼻尖縮小などの施術方法が選択されます。年々様々な施術方法が増えて仕上がりのデザインもバリエーションが豊富となっています。

その分、医師には高い技術力と知識が求められ、クオリティーの低い医師では失敗する可能性が高まります。

その中でも、鼻が曲がる失敗があり一度曲がった鼻は再手術を行わなければ改善されません。肉体的にも大きな負担となり大変な事です。

ダウンタイム・腫れ

腫れ・ダウンタイムについては、鼻骨骨切りや鼻尖縮小術などでは2週間程度が目安となります。

ダウンタイム中に外出をしなければならない場合には、マスクなどで隠す事をお薦めいたします。

鼻を細くする整形受けるなら、口コミ人気の高い美容外科

鼻を小さく細くする治療は様々な方法がありますが、クリニックでもこうした治療を得意としている病院選びをしましょう。

鼻は顔の真ん中部分い位置しとても目立つ部分ですので、少し変わるだけでも顔の印象はかなり変化することとなります。

理想の美しい鼻に整えることはもちろん、自然な仕上がりになることも大事ですので、クリニック選びは慎重に行っていきましょう。

鼻を細くする整形を行う場合は、それぞれのクリニックではどのような施術を得意としているのか、費用はどれぐらいかかるのかをよく確認しておきましょう。

最近は美容整形もかなり低価格で提供しているクリニックもありますが、ただ安いだけではあまり良い改善が得られなかったり、失敗のリスクもありますので、値段だけではなく、医師の技術力の高さ、センスの良さも重視して選んでいきましょう。

ただ細くするだけでは不自然になってしまうこともありますので、顔全体とのバランスもよく考えた施術を行ってくれるクリニックを選ぶことも大事です。

鼻を細くする整形も簡単なものでは、メスを使わずに鼻先を整える治療などもありますし、よりしっかりと悩みを解消していくのであれば、鼻骨の骨切りを行ったら、鼻柱を整える治療も考えていきたいところです。

そして、こうした本格的な施術を行った場合はアフターケアを丁寧に行っておくことも大切です。
技術力が優れていることはもちろんですが、アフターケアまで万全に行ってくれるか、評判はよく調べておきましょう。

名医を慎重に選ぶ為には美容整形相談所を利用する

鼻を細くする整形を始めとして、美容整形には必ずリスクがあります。そのリスクも名医と呼ばれる方や信頼あるクリニックを選択できれば、大幅に失敗の可能も減らす事ができます。

自身で探すのが難しい場合は、こちらの美容整形相談所を活用する事で、クオリティーの高い医師やクリニックを紹介してくれます。

失敗すれば、効果が感じられないばかりか、一生の傷や異様な鼻の姿で過ごす事になり精神面でも大きなダメージとなります。

鼻の整形 太い鼻筋を狭くしたい まとめ

太い鼻筋を狭くする美容整形によって、男らしい印象を変えたり、団子鼻を修正したりといった事が可能となります。
クオリティの高い手術を選択する様にして下さい。

ご相談窓口にて、名医の条件、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽のご相談頂ければと思います。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*