鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

L型プロテーゼの名医選び4つのまとめ

L型プロテーゼの美容整形は、鼻の内側をメスを使って切開して、そこからL型プロテーゼを挿入するという隆鼻術です。L型プロテーゼの手術は簡単に思うかもしれませんが、とても高い技術を必要としまうので、名医と呼ばれる医者を探して治療は依頼することです。

費用を安く提示する美容クリニックもありますが、まだ医者としては経験の浅い医者だと、失敗のリスクは大きくなるでしょう。それほどリスクと向きあうことになるが、L型プロテーゼです。

L型プロテーゼの名医

プロテーゼについて

プロテーゼはI型とL型があって、本人の理想のデザインをカウンセリングで伝えて、それに応じたタイプを挿入することはできます。美容クリニックの隆鼻術は、糸を使ったり耳介軟骨を使用するものもあります。手術方法として、拘縮フリーの素材などは人気も高いです。

人工の隆鼻術は、I型とL型プロテーゼの形状と、ほかにもまだあって、オーダーメイドの船型だとか、プルアウト固定などで曲がりのリスクを少なくすることもできます。

安い費用のクリニックによる、大量生産型の隆鼻にのってしまうと、ジョークのように手術をした人間はほとんど一緒の鼻にしあがります。これはオーダーメイドプロテーゼではないことが原因でもあります。

L型プロテーゼの名医

既製品のプロテーゼ

直 線みたいな形をしてるのが、メーカー側が出しているタイプのプロテーゼです。鼻にはそのまま挿入をしますので、鼻先には圧迫が強力になります。見た目には 全くナチュラルさがないですから、いかにも美容整形をしたというような、不自然さがさらに増すことになります。手術をしたら、特に同性の視線は厳しいです から、プロテーゼを入れたことは女性同士ではわかります。

ただ鼻の形状そのものを変える手術とは違いますので、もしも気に入らなかった時に は、取り出して元の鼻に戻せます。オーダーメイドになると、鼻の高さの調節もできることにねります。美容整形にもいろいろ種類がありますが、他の隆鼻術と 比べてみても費用が安価である面も利用のしやすさがあるでしょう。

プロテーゼ法は美容外科で受けられる、美容整形の1つです。
人工シリコンを鼻に挿入し、高さを出す隆鼻術となっています。
シリコンには大きく分けて、I字プロテーゼとL型プロテーゼという種類があり、どのくらい鼻を高くするかで使い分けるのが一般的です。
鼻根だけ高くしたい、鼻筋を通すだけにしたいという場合は、I字プロテーゼを選ぶ方が多いようです。
一方、L型プロテーゼは鼻根から鼻先までをカバーできる為、鼻の印象を大きく変えたいという方に向いています。
I字型プロテーゼは鼻先までは高くできません。
ですので、横から見た時に鼻先まで見た目を変える事はできませんが、L型プロテーゼの場合は鼻先までを高くできます。

L型プロテーゼを受けるなら?口コミで評判の良いクリニックはココ

美容外科では色々な美容整形を受けられます。その中でも特に人気なのが、鼻を高くできる隆鼻術です。鼻は目のようにメイクで形を変えられません。ですので、鼻の低さを解消したいという場合、隆鼻術で悩みを解消する方が多いのです。

中でもL型プロテーゼという人工シリコンを使う、プロテーゼ法という隆鼻術は大きく顔の印象を変えられます。この隆鼻術ではアルファベットの「L」の形に似た、人工シリコンを鼻に挿入する事で、鼻根から鼻先までを高く出来ます。正面から見た時はもちろん、横から見ても鼻の形を整えられるので、大きく見た目の印象を変えたいという方にL型プロテーゼによる隆鼻術ははおすすめです。

鼻プロテーゼ法を専門的に行っているクリニックには、プロテーゼによる隆鼻術はL型だけでなく、I型を使っている所も多いので施術を希望する場合は、L型での施術を受けられるかI型を使うのか、事前に相談しましょう。顔の印象を大きく変えられるとして人気なのが、L型プロテーゼでの隆鼻術です。多くのクリニックで施術を受けられます。料金は安い所だと約20万円程のようです。

ただ、費用がリーズナブルというだけで、クリニックを選んでしまうと、のちのち後悔するかもしれません。プロテーゼによる隆鼻術はメスを使います。メスを一切使用しないプチ整形と比較すると、メスを使うという以上、様々なリスクが考えられるのです。

メリット・デメリット

正面から見た時だけでなく、横顔も整う点がL型プロテーゼのメリットです。
鼻の穴の中を切開し、そこからL型プロテーゼを挿入する為、顔の表面に傷跡が残るという事もありません。
この点もプロテーゼ法のメリットと言えるでしょう。
ただ、L型プロテーゼは鼻先の皮膚に、大きな負担を与えてしまう為、場合によっては圧迫によって皮膚が赤くなる、最悪のケースだと皮膚を突き破って、プロテーゼが飛び出してくる事さえあります。

L型プロテーゼの名医

技術に優れていないと難しい施術

このようなリスクを軽減する為、名医と言われる医師による施術を受けましょう。
名医であるかどうかは、プルアウト固定ができるかどうかで判断する事が可能です。
プルアウト固定とは挿入したプロテーゼを糸で固定し、ずれないようにする施術の事を言います。
技術に優れていないと難しい施術という事もあり、プルアウト固定ができるかどうかは、1つの判断材料となります。
もちろん、カウンセリングに時間をかけ説明も十分に行ってくれる医師も、名医かどうかのチェックポイントです。
ただ、名医であってもメスを使う手術という事もあり、痛みは避けられません。
施術後、約3日から1週間程は強い腫れや痛みに襲われます。
ですが、痛みは鎮静剤で抑えられる程度です。

また、特にL型プロテーゼは医師の技術が高くなければ、失敗してしまうリスクが高いのでクリニック選びは慎重に行いましょう。
例えば、鼻筋が曲ってしまったり、アップノーズといって鼻先が上を向いてしまう症状を起こすケースもあります。

最悪の場合、プロテーゼが外へと飛び出してしまう事もあるのです。このような失敗があるという事を考慮して、L型プロテーゼでの隆鼻術を受ける際は、実際に施術を受けた方の口コミなどを参考にし、評判の良いクリニックを探す事が大切です。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*