鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻の整形の経過に関するまとめ

鼻の整形の経過

鼻の美容整形で効果、仕上がりとして気になるのが経過です。鼻の美容整形は鼻の治療は隆鼻術(プロテーゼ、シリコン、ゴアテックス、L型、I型、自家組織移植)、耳介軟骨移植、鼻中隔延長術、鼻尖縮小術、鼻翼縮小術(小鼻)、眉間プロテーゼ、鼻骨骨切り、わし鼻、団子鼻、抜去、鼻先形成、ヒアルロン酸・レディエッセなどの様々な方法がありますが経過は施術により様々です。トラブルを回避するためには名医を選ぶ必要があります。

例えば、鼻中隔延長術を例にすると、鼻先の皮膚を無理矢理軟骨で突っ張らせる手術であるため、皮膚は若いときは厚みがあっても、年を取ると薄くなってきます。そのため、手術をして、若いうちは問題なくても、延長量が多い場合や鼻先の皮膚が薄い人ほど、年を取ってから鼻先の軟骨の輪郭が浮き出て不自然になることがあります。
また、長い板状の軟骨で鼻先の皮膚を無理矢理突っ張らせているので、突っ張られた皮膚が元に戻ろうとする力が働き、その力で移植した軟骨が曲がり、鼻が曲がってしまうことがあります。

どの施術が適しているのか、将来の為にもドクター選びは慎重にする必要があります。

鼻の整形の経過に関するまとめ

鼻の整形の経過 症例写真

症例画像①

鼻の美容整形・治療・手術

鼻の整形でトラブルを起こしてしまう事は考えられます。

技術が低いドクター・クリニック、衛生管理の甘いクリニックですと、失敗を生み出してしまいます。

そこで、よりリスクを回避した治療やクリニック選びをご相談窓口では提案しております。ご希望の方は遠慮なくお問い合わせいただければと思います。

鼻の整形の失敗・修正・再手術

経過が悪く、失敗してしまった場合の美容整形はプロテーゼ(隆鼻術I型プロテーゼ・L型プロテーゼ)・鼻中隔延長術・鼻尖縮小術・小鼻縮小術・鼻翼縮小術・注入物などの材料の抜去・除去・入れ替えが考えられます。拘縮が起こる素材などで入れ替え・修正・再手術をしなければならなくなると厄介なので、是非、はじめから失敗しないために名医を選択して頂く事が大切です。

こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

鼻の整形の効果・仕上がり・アフターケア

鼻の美容整形の効果・仕上がりを評価する上では、鼻筋や鼻先の形状を確認する必要があります。
整形をした事がばればれの形であったりすると綺麗とは言えません。

本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。
アフターケアとしては、血流が良くなる事のない様に安静にお過ごしください。

Hyde(ハイド)と同じような鼻を作る整形

Hyde(ハイド)は、バンドのヴォーカルとして大人気の男性アーティストです。

今では40歳を超える年齢ですが、若い頃から、その中性的な美しさは変わることなく、たくさんのファンを魅了しています。
男性からも女性からもその美しさを認められているHyde(ハイド)のような、ほっそりとした輪郭になるための美容整形手術にはいくつかの方法があります。

彼のような美しい小顔にするためには、骨格の修正が必要です。
もとの顔立ちによって、必要な手術の内容は変わってきますが、代表的なものが3つあります。
まずは、エラ削りです。

小顔にするためには、もっとも多くの人が気にしているポイントでもあります。
エラの骨が出ていると、顔に脂肪が付いていなくても、顔が大きく見えてしまうというデメリットがあります。
また、エラが張りすぎていると、角ばった輪郭となり、男性的なごつごつとした雰囲気になってしまいます。
彼のような中性的な雰囲気を出すためには、エラを削りシャープなフェイスラインにすることが大切です。
次に頬骨削りです。

頬骨が出ていると、目や鼻がくぼんで見えてしまうというデメリットがあります。
また横から見たときに、頬骨ばかりが目立ってしまい、鼻や目が埋もれてしまうという問題があります。
これによって、横顔がきれいに見えないというデメリットもあります。

余計な頬骨を削ることで、目鼻立ちがはっきりとして見えるだけでなく、横顔にも自信を持つことが出来ます。
最後に顎骨についてです。

顎をシャープにしたい場合には、顎削りが有効です。
顎の長さや、幅を整えることで、きれいなフェイスラインに仕上げることができます。
特にHyde(ハイド)のような輪郭にするためには、ほっそりとしたラインにすることが大切です。

鼻の整形のトラブル・リスク・デメリット・後遺症・ダウンタイム・腫れ

鼻の美容整形におけるトラブル・リスク・デメリットが付き物です。
技術が低いドクター・クリニックを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。鼻の美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。
ご相談窓口でも説明いたしております。

腫れ・ダウンタイムについては、本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。
ダウンタイム中に外出をしなければならない場合には、マスクなどで隠す事をお薦めいたします。

鼻の整形のお悩み・まとめ

鼻の美容整形によって、オーダーメイドでお悩みを改善できますが、失敗を回避するためにもクオリティの高い手術を選択する様にして下さい。

ご相談窓口にて、名医の条件、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*