鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

小鼻縮小術の失敗3つと修正手術まとめ

大きな小鼻を小さくしたいという場合、小鼻縮小術という手術を受けると良いでしょう。

これは比較的簡単といわれる美容整形手術なのですが、リスクや失敗がないわけではありません。

そこで実際に小鼻縮小 術を受けた人の体験談をチェックすることにより、安心して手術を受けられるようになるでしょう。

美容整形においてはドクターの美的センスも必要であり、これは勉強して身につけられるものではありません。

顔というのは人それぞれに最適なバランスがあるため、顔のバランスを無視して小鼻を小さいくしても綺麗な顔にはならないこともあります。

つまりドクターには患者の顔とのバランスを見て小鼻のデザインを決めるセンスも必要であり、事前にしっかりとカウンセリングを行ってもらうと良いでしょう。

小鼻縮小術の修正

メスを使わずに鼻を細くするプチ小鼻縮小術と切る小鼻縮小術の説明

最近、切らない小鼻縮小術が注目を集めていますが、これはメスを使わずに鼻を細くする整形術で、団子鼻等の解消に有効な手段となっています。

また、鼻先を尖らせることもできるので、こだわりの鼻の印象にすることができるわけです。団子鼻になる原因としては、鼻先の軟骨や皮下脂肪の厚さが挙げられ、解消のためにはそれぞれに適した施術を行う必要があるわけです。

通常はメスを使って軟骨等の部分を除去しますが、手術に抵抗がある場合も多いと言えます。メスを使わない小鼻縮小術を受けると、正面から見た小鼻の幅が細くなるわけですが、場合によっては横からのシルエットが丸みを帯びてしまう事があります。

この場合、鼻翼軟骨の頭側を一部切除することで緩和できます。

美容クリニックによっては、独自の方法を加えて、鼻翼軟骨を先端に移植する場合もあり、シャープな鼻尖を実現しています。どのような小鼻縮小術を受けるかは、担当のドクターと良く相談し、自分に適した方法を見つけることが重要になると言えます。

手術で失敗を防ぐおすすめの方法は?

医療は年々進化を遂げているといわれていますが、それは美容外科業界でも同じことです。先ほどもお伝えしたように小鼻縮小術は難しい手術ですから、担当している医師は自然と勉強熱心になるはずです。

そのため、おすすめできる医師ほど「Z字切開がいい」「普通のI型プロテーゼはダメだ」と美容外科オタクといっていいほど、いろいろ話をされるはずです。

こういったクリニックほど「仕上がりが良い」という口コミや評判が高いことが多いでしょう。

小鼻縮小術の失敗

失敗無く左右対称の鼻にすることが大切

小鼻縮小術では左右対称の鼻にすることが大切です。小鼻というのは、左右でわずか数ミリ違っているだけでも違和感のある鼻になってしまいます。

失敗を未然に防ぐには高いレベルの技術を持ったドクターを選ぶことが大切であり、クリニック自体の信用度や施術の症例数などもしっかり確認しておきましょう。

小鼻縮小術は場合によっては効果があまりはっきりと現れないこともあります。特に切らない小鼻縮小術の場合、数ミリ単位の効果を求めるものなので仕上がりに満足できることが大切です。

小鼻縮小術の失敗例としては、あまり効果がなかったことやイメージと違っていたことなどが挙げられます。そこで施術前にドクターとイメージをしっかり共有することがポイントであり、トラブルを防ぐためにもできるだけ時間をかけて相談した方が良いでしょう。

小鼻縮小術に失敗してしまった場合、修正手術を受ける必要があります。失敗の程度によっては治すこともできるのですが、クリニック選びで悩んでしまうかもしれません。

失敗の程度によっては修正できない場合もありますし、まずは別のクリニックに相談してみると良いでしょう。

小鼻縮小術の失敗

小鼻縮小術の失敗、ピンチノーズってどういうこと?

ピンチノーズとは、ピンチ(洗濯バサミのようなもの)でつまんだような鼻になってしまうことを指す手術ミスの典型例です。

いわゆる不自然な仕上がりの代表のようなもので、正面から見ると鼻の穴が強調されるので審美性に欠けます。

人によってはピンチノーズの修正のために何度も手術をやり直さないといけない事態になってしまうこともあります。

仕上がりを良くするために、プロテーゼなどの挿入物を吟味する熟練医師に出会うのがベストでしょう。

小鼻縮小術の後戻りを防ぐには?

残念ながら、小鼻縮小に関する手術の失敗例は後を絶ちません。近年、問題になっているのが「切らないプチ整形」によるミスでしょう。

「切らない」というと、何かとてもメリットが多いように思いますがそうではありません。

いわゆる糸だけ行う手術よりも、外側もしくは内側から小鼻の組織を切除できる手術が可能な医師の方が、技術は高いのです。そのため、せめて外側法もしくは内側法の小鼻縮小術がOKなクリニックや美容外科を選んでください。

傷跡が残らないようにするにはどうしたらいいの?

小鼻縮小術は、整形手術の中でも最も難易度が高いといわれています。例えば、心臓疾患などの外科医は手術を担当する回数が多いほど、名医として評判が上がることがあります。後戻りや傷跡を防ぐには、豊富な手術件数をこなしている医師を選ぶことが大切です。良い医師ほど、多数の手術経験から最適な方法やデザインを判断することができるからです。手術件数や経験をアピールしている美容外科やクリニックを選んでください。

修正手術について

東洋人の鼻先は皮膚が厚い為、皮下組織が豊かである反面、軟骨等の発達が西洋人に比べ脆弱となっています。

その為に鼻先が丸みを帯びた形になり、団子鼻になるケースが多くなっているわけです。従来の施術では、鼻にインプラントを入れて高くする方法がとられていましたが、現在はメスを使わずに行う小鼻縮小術が主流になりつつあります。

それでも、クリニックによっては「小鼻縮小」の概念を違って捉える場合もあり、患者の希望通りの変化がない、という問題も生じています。

一般的な鼻翼軟骨を糸で中央に寄せるだけでは、小鼻を細くすることにはなりません。

鼻尖の丸みを作っているのは皮膚や軟部組織の厚み、そして鼻翼軟骨等の形なので、それらを処理する必要があると言えます。

それ故、希望する細い小鼻にするには軟部組織を切除する必要あるわけですが、この手術には熟練した技術を要します。

というのも、軟部組織を切除すると、修正することが難しくなるからです。

小鼻縮小術の修正

 

小鼻縮小術を受けるなら口コミ人気の高いこの美容外科!

大阪で小鼻縮小術をすることで、鼻の形をあこがれのものに変えようとしている人にすすめることができる美容外科などのクリニックは、心斎橋コムロ美容外科クリニックや城本クリニックです。

国内外の優れた医療技術を多数取り入れている環境であり、独自の技術も多数確立させているため、たくさんの人が満足ができるような治療をしてもらうことができます。

医師が中心的になって、治療プランを考えていくのではなく、患者ともしっかりと話し合ってもらうことができるため、たくさんの要望を医師に話しやすい環境が整えられています。

なるべく体に負担がかからないようなケアを施してくれるため、ダウンタイムを比較的短いものにしてもらうことも魅力的であり、早期に回復できるような気配りをしてもらうことができます。

鼻の治療以外にも、全身のさまざまなケアを施してもらうことができ、気軽にたくさんのことを相談しながら、無理のない治療ができるため、とてもおすすめできます。

小鼻縮小術の治療にかかる料金の設定は、安いクリニックの場合で20万円前後になっています。

小鼻縮小術には、メスを使って、大幅に鼻の組織を取り除く方法や、糸などを利用して鼻の穴が小さくなるような治療をする方法など、たくさんの治療法が開発されていて、相性が良いものを選び出すことができます。

複数の治療法を組み合わせて、より理想的なものに近づけていくこともでき、希望の形に整えやすくなっています。

ACRなどの鼻の鼻柱から鼻翼までの左右のバランスや、目や口などの大きさを考えたときの理想的な比率などを考えて治療をしてもらうことができるため、後悔をしない、失敗しない治療ができます。

たくさんの治療によって、理想的な顔に近づけていくこともでき、評判がとても高く、治療をしている人が多いです。

日常生活をなるべくすぐに送れるような状態にしてもらえるため、仕事をたくさん休まなくてもよく、治療を行いやすいです。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

鼻を細くする整形の施術を受けるときには医者をきちんと選ぶことが大切です。

鼻を整形することで起こる危険性などもきちんと説明してくれること、アフターフォローをしっかりとしてくれるなどクリニックや医者の対応についても確認しておくといいです。

施術はカウンセリングを含めて約1時間ほどで麻酔クリームの塗布、デザインをして局所麻酔、施術をしてアイシングという流れです。

自分でもあらかじめ施術の流れや修正するときのことについても理解しておくことが大切です。修正を施術を受けたクリニックでしてもらうことができなかった、という場合でもおすすめのクリニックを探すことできちんと対応してもらうことができます。

クリニックを探すときにはその医者の経歴と施術の実績を確認しておくことが大切です。ほかのクリニックでの施術の実績や大学病院での実績などがある医者は施術が上手なので安心して施術を受けることができます。

また修正の必要があるトラブルがあったときにどこまで対応をしてくれるのかということをカウンセリングで確認しておきましょう。

カウンセリングを受ける前や施術を受ける前に施術によって起こる可能性があるトラブルや危険性を自分でも理解しておくことが大切です。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*