鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

切らない小鼻縮小術の名医

切らない小鼻縮小術はその名の通り切らないで行うことができるため傷跡を残さずに施術を受けることができます。切らない小鼻縮小術は小鼻のふくらみを改善したい場合や、鼻が広がるのを目立たなくしたい場合、とにかく小鼻を小さくしたい場合などにお勧めの施術方法です。メスを使い石灰することに抵抗がある方に向いていおり施術時間も少ないのが特徴です。切らない小鼻縮小術の方法は糸を埋没させて両小鼻のふくらみを改善し、小鼻のふくらみを目立たなくすることができます。施術は局所麻酔や静脈麻酔をして痛みや不安がないように行うことができますが、ダウンタイム期間は痛みを感じる場合があるので注意が必要です。

切らない小鼻縮小術の名医

リスクやデメリット

切らない小鼻縮小術は切開手術に比べると値段も安いのが特徴で、東京では20万円程度が相場になります。また糸で縛る以外に、ボトックス注射や脂肪溶解注射で小鼻を縮める方法もあります。注射の量によっても異なりますが、1回につき2~3万円で施術を受けられます。ただし大きな効果が長続きすることは期待できません。

切らない小鼻縮小術はメスは使いませんがリスクやデメリット、後遺症などがあるので注意が必要となります。デメリットやリスク、後遺症としては不自然な仕上がりの小鼻になってしまったり鼻が変形してしまうこともあります。このようなトラブルを引き起こさないためにも施術を受けるときは名医を探して安心して施術を受けられるクリニックを探すことが重要となります。

切らない小鼻縮小術の失敗例としては、左右の鼻の穴が非対称になったり、小鼻が小さくなりすぎてバランスが崩れたり、逆に効果がほとんど実感できなかったりするケースがあります。微妙な力加減が大きな影響を及ぼすため、施術する医師には繊細な美的感覚が必要です。切らない小鼻縮小術は糸を抜けば元に戻せるので、失敗のダメージはそれほど大きくないとはいえ、時間やお金のムダは避けるに越したことはありません。理想の施術を受けるには評判の良い病院を選び、きっちりとカウンセリングを受けるとともに、自分の希望も詳細に伝えることが大切です。

口コミで評判の東京で切らない小鼻縮小術を受けられる美容外科・クリニックはココ

小鼻が張っていると鼻そのものが大きく見えたり、笑ったとき鼻の穴が広がって目立ったりします。小鼻を引き締めて団子鼻を解消するには、メスを入れて整形するほかに、切らない小鼻縮小術という方法もあります。これは小鼻の付け根に糸を入れ、真ん中に引っ張って横幅を縮める方法で、小鼻の膨らみが目立たなくなると同時に、鼻の高さを出す効果も期待できます。クリニックによって体内で溶ける糸を使う場合と、溶けない糸を使う場合があります。

東京でも多くの形成外科・皮膚科などが、切らない小鼻縮小術を実施しています。局所麻酔で施術でき、1時間ほどで終了することや、ダウンタイムも短いことから人気のあるプチ整形です。顔にメスを入れるのは怖いという方でも、比較的安心して施術を受けることができます。とはいえ人によっては、炎症や腫れが1週間ほど続く場合もあります。万一のことを考えて、アフターケアのしっかりしたクリニックを選ぶようにしましょう。

切らない小鼻縮小術の名医

名医を探すいくつかポイント

安心して施術をけることができる名医を探すにはいくつかポイントがあります。手術実績がある医師をさがしましょう。手術実績があれば症例の数も多いため、症状に合わせて適切な治療を行ってくれます。クリニックや病院の情報も確認することも大切です。手術前にカウンセリングを受けることができ、手術後のアフターケアもしっかりとしている病院で施術を受けると安心です。事前にカウンセリングを受けることはとても重要です。疑問点はすべて解消しておかないと仕上がりに納得がいかずトラブルの元になってしまうこともあります。

そのため、院長や施術を担当する医師がカウンセリングを行っている病院を選ぶようにしましょう。術後のアフターケアもしっかりとしていることも重要です。術後は痛みが強かったり腫れがなかなか引かないなど症状があるため、不安要素を取り除いてくれる病院が安心です。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*