鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

切らない鼻翼縮小術の失敗3つと修正手術

鼻という部位は顔の中でもほぼ真ん中に位置する部位であるため、その人の顔の印象に大きな影響を与えます。

そんな大切な部位であるからこそ、自分の鼻の形や大きさなどに対してコンプレックスを抱えているという人は少なくありません。

鼻が低いことに悩んでいる人、高すぎて魔女のような形に悩んでいる人、鼻先が大きくてぼってりとしていることに悩んでいる人など、その悩みの内容は人それぞれです。

切らない鼻翼縮小術の失敗

切らない鼻翼縮小術の修正トラブルにかかる時間とお金

鼻翼が横に広がっていることが悩みという人には、鼻翼縮小術がおすすめです。

鼻翼縮小術には、切開する方法と切らない方法がありますが、傷跡が目立たず、術後もメイクが可能ということで、切らない鼻翼縮小術が人気となっています。

メスを使った施術には抵抗があるという場合でも、切らないで特殊な糸を使って施術をしていきますから、小鼻の膨らみを改善して、鼻が横に広がるのを目立たなくすることができますし、切開法に比べるとダウンタイムが短いということで、近年人気の美容整形となっています。

ただ、切らない鼻翼縮小術は、医師の技術が低いと、効果が現れなかったり、すぐに元に戻ってしまう場合もあり、修正手術が必要となる場合があります。

また、不自然な小鼻になってしまうケースもありますから、信頼できる経験豊富な医師を選ぶことが大切です。

鼻というのは、顔の中心にあるパーツですから、失敗してしまうと違和感のある不自然な顔になってしまいますから、医師やクリニック選びは慎重に行うことが大切です。

よく、費用が安いからという理由だけでクリニックを選ぶ人がいますが、失敗してしまうと修正手術をしなくてはいけなくなり、よけいな費用がかかってしまいますから、注意しましょう。

ちなみに、修正にかかる費用相場は40万円程度となります。

※クリニックの技術力にもよって話は変わります。

切る手術から切らない手術へ

近年、プチ整形などという言葉も誕生し、美容整形に対する意識が随分と変化しており、メスを使って切ったりしないので、エステサロンでフェイシャルケアを受けるのと、同じような感覚でチャレンジできる、という女性の声も聞かれるようになっています。

美しくなりたいという願望は、女性であれば誰もが抱くものであり、毎日鏡を見ては、自分が気に入らないパーツなどを何とかできないものかと悩んでいるのです。

メイクなどでごまかせる目元などはそれほど深い悩みにはなりませんが、顔の中心にある鼻は、なかなかごまかしきれない部位でもあるため、美容整形手術を受けてみたいと切望される女性も少なくありません。

しかし鼻の手術はどうしても大掛かりになりやすく、予算や術後のダウンタイムを考えると、そう簡単には決心できません。

鼻のコンプレックスを解消

そんな鼻の悩みのひとつに小鼻が横に大きく張り出しているのが気になると言うものもあります。

いわゆるあぐらをかいた鼻と例えられるように、横に大きく鼻翼が張り出しており、全体にすっきりとした印象を受けないため、鼻翼を修正して、すっきりとした鼻にしたいと言う希望が少なくありません。

通常は鼻翼縮小術というのはメスで小鼻の組織の一部を切除して、その部分を縫い縮めると言う方法で行われます。

小鼻の外側部分から行う方法と鼻の内側の部分を切除する方法とがあります。

メスを使って手術するためダウンタイムはある程度の期間必要なります。

手術の際に血管を傷つけると内出血によって幹部が赤紫色になってひくまでにさらに時間がかかるケースもあります。

そうしたことから切らない鼻翼縮小術というやり方を希望する人もいます。

切らない鼻翼縮小術とは、メスなどを使用せず、横に広がった鼻翼部分にナイロン製の糸を通して真ん中に向かって引っ張って留めると言うやりかたです。

メリットについて

切らない鼻翼縮小術はメスを使った手術よりも手術時間も短くてすむうえ、手術の料金も安くて済むこと、そして身体に対する負担が小さくてすむことなどがメリットですが、切らない鼻翼縮小術を受けたことによる見た目の変化は、通常の鼻翼縮小術の方法と比較するとずっと小さな変化になります。

確実に劇的に変化させることを望むのであれば切らない鼻翼縮小術よりも通常の鼻翼縮小術を受けるほうが確実に結果を実感できると言えます。

切らない鼻翼縮小術の修正

Gackt(ガクト)と同じような鼻になるための整形、その種類とは?

Gackt(ガクト)は、立体的な顔やギリシア彫刻のような体型も魅力のシンガーです。

彼の顔の特徴として、鼻筋があり、顔全体のバランスを美しく保っています。

鼻は他人からも見られる部位ですから、大きさや高さなどで印象を左右します。

特に男性の場合には、あぐらをかいたような鼻や丸い鼻先などを少しかえるだけでも、ずいぶんと印象を変えることができますから、鼻の整形手術はおすすめです。

よく、はなの整形はメンテナンスが大変だということが噂されていますが、これはシリコンプロテーゼなどの話となります。
シリコンプロテーゼは、医療用の人工軟骨で、美容整形以外にも膝関節などの治療にも用いられている素材で、実績もあり安心して使用できるものです。

ただ、ここで問題となってくるのは、シリコンの耐久年数の問題ではなく、挿入したはなの皮膚が問題となってきます。

シリコンには、I型やL型があり、L型は、鼻先も高くすることができ、鼻筋を通すこともできるため、大きく印象を変えることができる反面、長期間挿入していることで、徐々に鼻先の皮膚が薄くなり、シリコンが浮き出して見えたり、最悪の場合鼻先から突出してしまうケースもあります。

このため、数年経ると、シリコンを取り出したり、入れ替えなどのメンテナンスが必要となる場合もあります。
こういったことから、シリコンはメンテナンスが必要といわれる理由となっています。

大掛かりな整形のリスクを避けるためには、ヒアルロン酸を注入する方法があります。

ヒアルロン酸は、もともと人体に存在する成分で、水分を保持する能力が高く、細胞と細胞の間に多く存在している物質です。
このヒアルロン酸による施術は、元々体内にある自然な成分ですから、アレルギーの心配も少なく、メスを使用しませんから、痛みや腫れが少ないのも特徴です。

大人気な切らない鼻翼縮小術だが失敗例も

そこで今、大人気となっているのが、切らない鼻翼縮小術で、小鼻を小さくすることができるので、鼻が高く見えるという相乗効果も期待でき、鼻の手術の中でも比較的手軽にできるものなので、男女問わず人気を集めています。

しかしこの切らない鼻翼縮小術は、誰でも同じように効果が出るものではなく、患者の鼻の形によっては、あまり効果が出ないという失敗例もあるので、初診のカウンセリングで理想とするデザインを伝えるとともに、切らない鼻翼縮小術で望む効果が現れるのかしっかりと医師と話し合うことが必要です。

切らない鼻翼縮小術は、小鼻の下に糸を通して、中央に引き寄せるという至って単純な手術ですが、鼻の穴の大きさにも個人差があるので、呼吸をするという機能を妨げるようでは困ります。

そういったことも含めて、どれくらい縮めれば良いのかといった見極めも大切なので、失敗を避けるためにも、納得できるまで話し合うことが大切です。

美容整形手術は、医師のデザイン能力ももちろんのこと、自分が希望する仕上がり具合を、詳細に理解してもらうことも大切なので、執刀医としっかりと意思の疎通ができること、そして医師に十分な知識とスキルがあることが非常に重要なのです。

切らない鼻翼縮小術の失敗

切らない鼻翼縮小術での失敗例で、「だんご鼻になる」事態が

切らない鼻翼縮小術では、仕上がりがだんご鼻になるというトラブルもあります。
これは、鼻翼を小さくしたのにも関わらず、鼻先の高さが足りないことから起こるトラブルです。
元の鼻の状態によっては、この手術だけでなく他の手術を併用して行うことで、きれいな鼻筋が作ることが出来ます。
理想の仕上がりのイメージをきちんと医師に伝えて、どのような手術で効果が得られるかなど、丁寧な買ううせリングが必要です。

ピンチノーズになる可能性

切らない鼻翼縮小術では、鼻翼部分を糸を使って留めることで縮小していくプチ整形手術です。
メスを使用しないので、傷跡は残りませんが、医師の腕によって仕上がりが左右されやすいです。
リスクの一つとして、仕上がりの状態がピンチノーズになるというものがあります。
ピンチノーズとは、鼻先をピンチでつままれているような形の状態を言います。
とても不自然な形となってしまうので、修正手術が必要になります。

手術後の後戻りの可能性

切らない鼻翼縮小術では、鼻翼を糸で留めるだけのプチ整形手術なので、元の形によっては効果が出にくく、手術後に後戻りを起こしてしまう可能性があります。
これは、元の鼻の状態によって手術の方法を検討しなくてはならないので、医師とのカウンセリングがとても大切になってきます。
希望している仕上がりのイメージをきちんと伝えて、現状からどのような手術が必要となるかなど、きちんと話をすることが大切です。

鼻整形の名医-失敗と効果

上手な医師・クリニックの特徴

切らない鼻翼縮小術は、人気の美容整形ですが、医師の技術が大きく関係する手術でもあります。

切らない方法は、プチ整形ともいわれていますから、手軽に受ける人も少なくありませんが、全く効果が得られなかったり、不自然な鼻になってしまうなどのトラブルも少なくありませんから、上手な医師を選ぶことが大切です。

上手な医師の特徴としては、事前のカウンセリングできちんと患者の希望を聞き、患者に適した手術を提案してくれます。

どんなに患者が切らない鼻翼縮小を望んだとしても、鼻の特徴から切開した方がよい場合もありますし、効果を得られない場合もありますから、きちんと一人一人にあわせた治療を行ってくれます。

また、美容整形にはさまざまな手術がありますが、その中でも鼻に特化した技術の高い名医を選ぶことが、失敗を防ぐためには重要です。

メスを使って切開する鼻翼縮小術に比べると、傷跡は目立ちにくいというメリットはありますが、医師の技術が低い場合には、傷跡を修正する必要がありますから、修正手術を受けないためにも、経験豊富で症例数も多い医師を選択するようにしましょう。

また、手術を行う前には、きちんとメリットやデメリット、リスクを説明してくれる医師を選ぶことも大切です。

カウンセリングが丁寧な名医を選ぼう!

切らない鼻翼縮小術のようなプチ整形手術であっても、カウンセリングはとても大切になってきます。
名医であれば、よりカウンセリングが丁寧で、手術前の不安が全て解消されるといっても過言ではありません。

レントゲン写真や現状の写真などを提示しながら、理想に近づけるために必要な手術の方法とリスクなどを説明してくれます。
カウンセリングが短時間で終わってしまったり、きちんとした説明が無い場合には注意しましょう。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

切らない鼻翼縮小術は、さまざまなクリニックで受けることができますが、値段が安いという理由だけで選んでしまうと、失敗してしまう可能性もゼロではありません。

横に広がった小鼻が悩みだという人におすすめの鼻翼縮小術ですが、切開法とは異なり、通常3~6ヶ月程度でほとんど元に戻ってしまいます。

おすすめのクリニックは、そういったデメリットもきちんと事前のカウンセリングで説明してくれますから、安心して施術をうけることができます。

切らない鼻翼縮小術は、小鼻が大きすぎる人の場合、効果を得られない場合があります。

こういった場合は、余っている皮膚や皮下組織を切除する切開法を行わないと、糸だけで無理矢理引き寄せたとしても、ひきつったような不自然な鼻になってしまいますから、患者にあわせた治療法を提案してくれる医師を選ぶことが大切です。

また、信頼できる医師やクリニックというのは、ホームページ上に症例写真なども掲載していますから、医師のセンスなども事前に知ることができます。

どんなに技術が高くても、自分とセンスが違う場合には、納得できる結果になりませんから、センスのあう医師を探しましょう。

当相談所で名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*