鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

人中短縮(鼻下短縮)の料金相場

人中短縮(鼻下短縮)は、唇が引き上げられて分厚くなった印象になることから上口唇リフト リップリフトともいわれています。人中短縮(鼻下短縮)を受ける人はどのような人がいるのかというと、自分の口元に品がなくて悩んでいる人や、顔が間延びしているようにみえる、という人が多くおられます。

このような悩みがある人が、人中短縮(鼻下短縮)を受けると効果があります。人中短縮(鼻下短縮)を受けることで、顔の鼻の下から上唇までの距離が長くて、自分の顔がオラウータンのように見えてしまったり、馬のように見えてしまったりして、顔が長くなるという人は、その悩みを改善することができるのです。鼻の下から上唇までの距離は、もともと長い人もおられるのですが、年齢を重ねるにつれて、どんどん長くなるものです。また、上の前歯が出てくることでも長くなってしまいます。

人中短縮(鼻下短縮)の料金相場

人中短縮(鼻下短縮)はどのような手術?

人中短縮(鼻下短縮)がどのような手術かというと、鼻の穴の下の部分で皮膚を切除する手術になります。ただ皮膚を切除しても、効果は少ないですし傷も目立つので、皮下を剥離し、口の周りの口輪筋を引き上げ縫い合わせるのです。このとき、切除する幅は、5~6mmが多くなっています。人中短縮(鼻下短縮)を受けた場合には抜糸は一週間後になっています。また、腫れが3日から4日くらい強く出る人が多くなっています。傷あとは、3〜6ヶ月くらいは赤く硬い状態が続くことが多いですが、半年後には白い線になっていきます。

そして、その白い線は残るのですが、それほど目立つことはありません。人中短縮(鼻下短縮)を受ける場合の料金相場ですが、約20万円となっています。クリニックによって、必要となる金額は若干違ってきます。しかし、料金だけでクリニックを選ぶのはよくありません。あまりにも低価格で手術を行っているところは、それなりの理由があるからです。医師があまり高い技術を持っていないという場合もあります。きちんと評判も確認することが大事です。

手術費用と技術の関係性

人中短縮(鼻下短縮)の美容整形手術では、高い技術力が必要となります。
未熟な医師による手術の場合、傷跡が残ってしまったり、左右非対称な仕上がりとなってしまう場合もあります。
特に、鼻の下は、傷跡が赤く残ってしまったり、ケロイド状になりやすい部位でもあるので、医師の技術力が仕上がりを大きく左右します。

失敗しないためにも、医師選びを慎重に行うことが大切です。
手術料金が相場よりも異常に安い場合には、新人の医師や、技術力が未熟な医師が担当する可能性が高いので、注意したほうが良いでしょう。人中短縮(鼻下短縮)手術をはじめとする、鼻や骨格の手術で評判のよいクリニックや医師が多くあります。

しかし、そのクリニックは決して手術費用が格安ではありません。
仕上がりの安全性を求めるのであれば、手術費用にポイントをおくのではなく、医師やクリニックの実績や評判をチェックして選択したほうが、仕上がりの安全性は高いでしょう。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*