鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

人中短縮(鼻下短縮)の名医選びのポイント2つ

人中短縮(鼻下短縮)は、上唇にあるくぼみ(人中)の周辺を短縮することで、すっとした口元に仕上げる手術です。

プチ整形ブームにより、幅広いニーズとそれに応えられるだけの技術が増加しました。人中短縮(鼻下短縮)もその一つであり、小顔に見せたい人や、唇を厚くしたい人に効果的です。

人中のある部分は、顔の印象を決める重要な部位であり、たとえ痩せていたり目元がすっきりとしていても、ここが広がっていると間延びした顔に見えてしまいます。上唇もまくれあがり、前歯が覗いたり、口元に締まりがなくなってしまう原因にもなります。

人中短縮(鼻下短縮)では、皮膚を切除した後に縫合することで、余分な皮膚を取ってしまう手術です。その際に、口の周りにある筋肉にも施術を施し、きれいな形に仕上がるように調整します。これにより、厚みを帯び、形の整った口元を手に入れる事ができます。
手術は短期間で終了し、他の整形手術と比べると安価であるため、様々な年齢の方が利用しています。
人中短縮(鼻下短縮)の名医

希望通りの結果にならないケース

ただし、間違った治療を行なうと、希望通りの結果にならないケースもあります。
例えば、皮膚だけを切除して済ませてしまうと、傷痕が目立ち、形が崩れる原因になります。整形手術は、皮膚の下にある脂肪や筋組織、隣接している部位との調整が必要な大変デリケートな手術です。経験が不足していたり、安易な考えを持った医者が執刀に当たると、一時的な効果すら得られず、より深刻な事態につながることもあります。
未熟な医者やクリニックによる被害は、整形の失敗それ自体に留まらず、感染症のリスクも懸念されます。口元は雑菌が繁殖しやすいため、衛生面もきちんと気遣われる必要があります。悪質なクリニックでは値段を抑えるために、所々で不備が目立つことになるため、こういったリスクも高まってしまうのです。

人中短縮(鼻下短縮)を受けたいときには、クリニックの広告をよく見定め、希望通りの結果に仕上げられるだけの知識と経験がある名医を探すようにしましょう。

人中短縮(鼻下短縮)の名医

評判が良い!人中短縮(鼻下短縮)を受けるならこのクリニック!

鼻と唇の間は、生まれつき長めの方もいますし、年を取ってたるんでくることもあります。鼻の下が長いと間延びした顔に見えてしまいます。これを解消して、引き締まった若々しい顔にする方法のひとつが、別名リップリフトとも呼ばれる人中短縮(鼻下短縮)です。具体的には鼻の下の皮膚を数ミリほど切除して縫い合わせます。皮膚を縮めただけでは元に戻る可能性があるので、口輪筋の引き上げも同時に行ないます。なお鼻の下を縮めるには、他に鼻中隔を延長する方法や、上唇を分厚くする方法もあります。

人中短縮(鼻下短縮)を実施している美容外科で技術が低いと、鼻の下は傷跡が残りやすい場所で、人によってはケロイド状になってしまうこともあります。しかし腕の良い医師がきれいに縫合すれば、ほとんど目立たなくすることも可能です。経験を積んだ専門医に施術を依頼することが大切です。

人中短縮(鼻下短縮)のリスクとしては、傷跡のほかに唇や鼻の形が変形してしまうという失敗例があります。唇は中央部だけが持ち上がって、口の端が下がったようになる可能性があります。また鼻が下に引っ張られて、正面から鼻の穴が見えてしまう場合もあります。このような失敗を避けるには、あらかじめ顔全体のデザインを十分に考えておく必要があります。手術の直後は顔が引きつったようになることもありますが、時間が経てば自然に落ち着いてきます。

人中短縮(鼻下短縮)の施術料金は、施術を行っている美容外科クリニックでは25万円~40万円程度になるのが一般的です。安いクリニックでは15万円程度で実施していますが、麻酔料金などがオプションとなることもあるので注意してください。人中短縮(鼻下短縮)は修正が難しい手術なので、実施するかどうかは慎重に判断する必要があります。評判の良いクリニックでカウンセリングを受け、いろいろな選択肢から検討するようにしましょう。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*