鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻 自家組織移植の効果3つまとめ

鼻 自家組織移植の効果

このページでは鼻 自家組織移植について、マル秘情報を提供しています。

鼻の整形においてはシリコンインプラントを挿入する隆鼻術がポピュラーですが、人工物を体に挿入する事に抵抗がある患者の中には鼻 自家組織移植による整鼻術を受ける人も多いです。

ただインプラントを用いた隆鼻術よりも高さを調節する事が難しい部分がありますし、鼻 自家組織移植は費用もかかるので、まずはカウンセリングを通じて自分に適した手術方法を相談するのが良いでしょう。

鼻 自家組織移植の効果

この治療の特徴

自家組織移植ではどのような効果が見られるのでしょうか。本題より先に自家組織移植とはどのようなものかを追って説明していきます。

まず、自家組織移植とは軟骨や筋膜を移植する方法です。

自分自身の組織ですので生着してなにより安全性に特化しているのがこの手術の大きな特徴です。

軟骨の移植後における吸収が少なく弾力性に富んでるため、細工しやすいものだという理由から最も適しているとも言えるものです。

軟骨の採取部位となる耳介軟骨や助軟骨、鼻中隔軟骨が一般的と言われているものです。

筋膜は単独で高さを出すためには柔らかすぎますので、耳介軟骨を砕いて使用します。

自家組織移植の効果としましては、自分の組織ですので器具などの人工物を使わないで鼻を高くでき触った感じが自然で動いたりしない、そして鼻先を高く出来ることです。

傷跡もない

手術では、人工物をしようしないのがこの方法の特徴なので初めてこの方法を行う方でも安心して出来る治療法です。鼻の穴の中からの術式では、傷跡もないのがこの治療の大きな効果と特徴といっても過言では無いです。

効果をよりよく得られるために最も適応される方はまず異物の使用を敬遠されて、自家組織による隆鼻をご希望の方やインプラントによる隆鼻が過去に1度以上は行われ露出、動揺などによる自家組織の置き換えを希望とされる方など多くいらっしゃいます。

また逆に不適な方は、形状的にシャープな鼻を好む方は残念ながら適応対象外となってしまいます。

移植片の輪郭がインプラントのようにスマートではなく、自然な鼻筋を好まれる方に大きく適応をしています。

インプラントの片禄が浮き出た感じがする方にこの治療を勧めております。

次に手術の手段では、各作業でのポイントがありまして、術前デザインや麻酔法、移植材料の採取、耳甲介軟骨、移植片細工があります。

この中で一番患者様が耳にしたことがあるのが麻酔法ですが、これについては、麻酔科の標榜医がいらっしゃるクリニックを選択することをオススメいたします。

この手術は最低でも2時間は時間を要するため静脈麻酔を行う方は非常に多いです。こういったケアをしてよりよい美肌を作っていきましょう。

鼻 自家組織移植の効果のマル秘とは?

鼻 自家組織移植の美容整形についてまとめます。

自家組織移植の効果

鼻 自家組織移植の効果のマル秘その1 団子鼻の修正

鼻 自家組織移植は日本人に多い団子鼻に対しても、脂肪除去や軟骨を移植する事で根本的に改善する事ができるので、鼻を自然な形で整える事ができる手術です。

鼻 自家組織移植の効果のマル秘その2 拘縮FREEでの隆鼻術

鼻 自家組織移植はシリコンインプラントを挿入した時のような鼻せん部に生じるトラブルは起こりにくく、自分の体から採取した軟骨や筋膜を用いるので、インプラントが露出したり細菌感染するリスクがほとんどありません。

鼻 自家組織移植の効果のマル秘その3 堀が深くなる

鼻が高くなることで堀が深くなります。

武藤静香と同様の鼻になるために必要な整形

雑誌のモデルを中心として活躍している武藤静香には、その容姿をまねしたいと憧れているファンも多くいます。
彼女のような顔になるためのメイク方法などが、雑誌で特集されたりしますが、より彼女に近づくためには整形手術が必要な場合があります。

彼女のような鼻になるために必要な整形手術については、元の顔によっても異なります。
武藤静香の鼻の特徴としては、鼻筋が通っていて、鼻先が下を向いているという点です。

鼻筋を通すためには、一般的にはプロテーゼの挿入が行われます。
これは、鼻に人口軟骨などを挿入することで、高さを調節する方法です。

この方法であれば、大幅なサイズ調整も可能となるので、より理想通りのデザインに仕上げやすくなります。
鼻先まで高さを出したい場合には、L型のプロテーゼを使用することで、一度に全体の形を修正することも可能です。

しかし、切開手術となるので、傷跡が残ってしまうというリスクがあります。

また手術後には、プロテーゼや傷跡が落ち着くまでの期間、安静に過ごす必要があるので、スケジュール調節もきちんと行う必要があります。

他にも、切開手術に抵抗がある場合には、ヒアルロン酸や脂肪の注入を行うことでも、高さを出すことは可能です。
この場合、注射だけで手術が終了するので、傷跡が残る心配がないというメリットがあります。

しかし、大幅なサイズ修正は不可能なので、希望通りのデザインにするためには、何度も手術を繰り返し行ったり、他の方法と併用する必要があります。

また、ヒアルロン酸や脂肪は体内への吸収率も良いので、手術後に体に吸収されてしまい、元の状態にもどってしまう可能性もあります。

効果を持続するためには、定期的なメンテナンスが必要となるので注意しましょう。

鼻 自家組織移植の名医のご相談はこちら

鼻の美容整形をご希望の方は、名医のご紹介から失敗しないポイントまでをアドバイスしておりますのでご連絡ください。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*