鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻 自家組織移植のデメリット3つまとめ

自家組織移植は、自分の身体の組織を採取して移植する手術です。この移植手術には幾つかのデメリットがあります。

口や耳や鼻などの顔に関係する手術を行った場合に、仕上がりの状態が患者の望むものにならないというトラブルが少なくありません。

鼻の場合で挙げてみますと、代表的には鼻筋が太くなるというケースです。

細くて高い鼻を目指しているのに、鼻筋が太くなってしまえば失敗ということになります。

この失敗を回避するためには、自家組織移植について上手な名医を選択していただく必要があります。

この手術のデメリットをまとめます。

自家組織移植のデメリット

鼻 自家組織移植の名医

このページでは鼻 自家組織移植について、マル秘情報を提供しています。

鼻 自家組織移植は、自分の体の組織を鼻に移植する手術です。自分の体の助軟骨などの組織を使用するためアレルギー反応や異物反応などが起きにくく安全性の高い方法で、鼻を高くしたり鼻先を整えたたり希望に応じた形状にすることができます。

鼻 自家組織移植はメリットもありますが、デメリットもあります。

デメリットや失敗を避けるためには、技術の高い信頼できる医師に手術を依頼することです。良い医師を選択することが鼻 自家組織移植を成功させるためには必要なことです。

鼻 自家組織移植のデメリット

鼻 自家組織移植の名医・デメリット・費用のマル秘とは?

鼻 自家組織移植の美容整形についてまとめます。

また、手術を行っている際に感染してしまうというデメリットもあります。感染してしまうと、手術した部分が術後に化膿してしまいます。

化膿がひどくなってしまえば、手術した部分が腫れたり変形したりします。変形を起こせば、修正が困難になってしまいます。更に、異物反応が出てしまいますと、炎症を起こしてしまうこともあります。

手術した部分の腫れについては、馴染むまでに時間がかかってしまいます。

長い場合では、半年前後かかることがありますので、我慢強く辛抱しなければなりません。

自家組織移植の費用に関して、組織や移植箇所によっても変わってきますが、概ね目安としましては三十万円前後をみておけば良いでしょう。

鼻 自家組織移植の名医のマル秘その1 細菌感染

鼻を高くする方法ではプロテーゼを挿入する方法がありますが、それよりも自然に近い形状にすることができる自家組織移植ですが、自分の体の組織を使うため細菌感染があります。

鼻 自家組織移植の名医のマル秘その2 皮膚の貫通

圧迫が強すぎると皮膚が破けて露出することがあります。

鼻 自家組織移植の名医のマル秘その3 鼻の変形

異物反応が出てしまったり、炎症、手術中の感染、術後に鼻が変形することもあります。

自家組織移植は、自分の身体の組織を採取して移植する手術です。この移植手術には幾つかのデメリットがあります。口や耳や鼻などの顔に関係する手術を行った場合に、仕上がりの状態が患者の望むものにならないというトラブルが少なくありません。

自家組織移植前に知っておくべきデメリット「軟骨の吸収」の恐ろしさ

軟骨の吸収というデメリットとは。

自家組織移植法は、自身の耳の軟骨や肋骨と胸骨を結びつけている軟骨などを使用して、鼻に移植していく整形手術で、プロテーゼと比べ定着率も高く細菌感染や皮膚が破けて露出してしまうというリスクを低減することができます。

ただ、自家組織による施術は、吸収されやすくプロテーゼに比べると高さの調整が難しいというデメリットがあり、費用も高額になってしまうのがほとんどですから、デメリットもあります。

鼻筋が太くなるデメリットについて

自家組織移植法とは、軟骨や筋膜などを移植する方法で、隆鼻術にも使われている方法です。

自家組織移植法は、自身の組織を利用していますから、安全性も高く細工がしやすいという理由から人気となっていますが、鼻筋が太くなったり、軟骨が吸収されてしまうなどのデメリットもありますから、事前にきちんとデメリットやリスクを説明してもらうことが大事です。

二次修正が必要となった場合、移植組織が癒着してしまい、施術が困難になることもあります。

抜去が困難になるデメリットとは

自家組織移植法は、プロテーゼと比べるとメリットが多く、触れた感じも自然に近く、レントゲンにも移りませんから周囲にばれる心配もないという特徴があります。

ただ、長期的にみると組織同士が固定・癒着してしまいますから、修正手術や再手術が難しいというデメリットもあります。

また、軟骨や筋膜の厚さを調整することが難しいため、美しいラインを作り出すには、熟練した医師の技術が必要となります。

失敗しないためにも良い医師を選ぼう

自家組織移植で使用するものの中に側頭部にある筋膜、要するに頭の筋膜があります。頭にメスを入れることに抵抗がある方も多いでしょう。

しかし、この筋膜は頭皮から五ミリ程度の位置にあります。そのため、脳への影響はありませんので安心してください。

また、髪の毛で隠れる箇所から採取しますので、最も傷口が目立ちにくくなります。

自家組織移植で多いのが鼻になりますが、鼻のように顔の中心部分が赤くなったり変形したりしますと、外に出たくないですし、誰にも会いたくない気分になるでしょう。

そうならないためにも、ここで挙げましたデメリットを認識し、良い医師を選んで失敗のない手術に臨んでください。

名医に依頼することをおすすめします

自家組織移植法は、拒絶反応が起こりにくく、組織同士が固定していくためずれるという心配もありません。

ただ、後々鼻のラインを変えたくなったとしても、組織同士が癒着していますから、修正や再手術が難しく、医師の技術が必要となります。

技術が未熟な場合には、美しい鼻のラインを作り出すことができませんから、必ず経験豊富な医師に依頼することをおすすめします。

当相談所で名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*