鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

自家組織移植の名医選びの4つの法則

自家組織移植は、主に鼻の美容整形に用いられる施術方法で、耳介軟骨や肋軟骨、筋膜など患者本人の組織の一部を患部へ移植して形を整えていきます。
人工物を挿入するよりも定着率が高く、また自分の組織であるため拒絶反応も起こりにくいという安全性の高さが魅力です。
また自家組織移植は、医師が自由に鼻をデザインすることが出来るため、より自然に満足のいく仕上がりを得ることが出来ます。

自家組織移植の名医

医師選びは慎重に

しかし、この自由さがゆえに自家組織移植の仕上がりは、医師のテクニックによって大きく違ったものとなりやすいため、医師選びは慎重にしなければいけません。医師選びを誤ってしまうと、移植する組織を切り出す際に目立つ傷跡が残ってしまったり、患部の痛みがなかなか引かないなどのリスクが出てきます。特に鼻は顔の印象を決めるパーツの一つでもありますので、デザイン自体にミスがあると日常生活において支障をきたす可能性が高くなります。

また自家組織移植は人工物と違って自分の組織ゆえに移植部位周辺の組織と癒着してしまいやすく、万一、失敗をした時の修正手術の難易度が非常に高く、完全に元に戻すことが不可能というケースもあります。
ですので、自家組織移植を考えているのであれば、出来る限り、失敗のリスクを減らすためにもいわゆる名医を探すことが重要となるのです。

自家組織移植の名医

十分なカウンセリングが行われるかどうかというのもポイント

名医の定義は様々ですが、自家組織移植に関しては、移植に使われる骨や筋膜、移植部位の知識や特徴に精通しており、患者の希望を叶えられるような術式の選択が出来るということがまず求められます。

そのためには経験や実績が豊富であることや口コミなどの評判も高いというのは当然ですが、十分なカウンセリングが行われるかどうかというのもポイントです。

カウンセリングではメリットだけではなくリスクなどのデメリットの説明もしっかりと行い、患者の施術に対する不安を解消して信頼関係を築くことが出来るというのも名医ならではの能力といえるでしょう。

自家組織移植、おすすめの美容外科を紹介!

自家組織移植は、自分の組織を利用した鼻の整形手術です。使用される主な組織は軟骨ですが、筋膜などを使用する場合もあります。自分の組織なので安全性が高く、仕上がりも自然になります。自家組織移植は、プロテーゼよりも修正するのが難しい手術なので、経験豊富でスキルの高い医師を選ぶことが重要です。

自家組織移植を行っている医療機関では、新たな治療法を開発し、世界に向けて発信するなど、常に最高水準の美容医療を提供できるように努めています。経験豊富な医師による丁寧なカウンセリングとアフターケアで、安心した施術を提供しています。その他にも、高度な医療技術、適正価格、徹底したアフターケアをモットーに掲げ、口コミによる紹介やリピーターが多いクリニックもあります。無料で受けることができるカウンセリングでは、手術の不安や心配が軽減されるように丁寧な説明がされます。

自家組織移植は、自分の体から採取した軟骨や筋膜などを使用して行う整形手術で、鼻を高くしたり、鼻の形を整えることができます。安全性が高く、自然な仕上がりを好む人に適しています。

費用相場は40~60万円!?

自家組織移植は、鼻の手術の前に組織を採取しなければならないのでプロテーゼよりも費用がかかります。一般的な相場は、40万円から60万円くらいです。極端に安いクリニックは、医師が未熟であったり、衛生面に問題があったりする場合があるので、クリニックは慎重に選ぶ必要があります。

失敗例には、感染や思ったような仕上がりにならないということが考えられます。修正するのが難しい手術なので、評判が良く、経験が豊富で高い技術を持つ医師にお願いすることが大切です。費用が安いという理由で選ぶと後で費用がかかることになるので、丁寧にカウンセリングを行い、アフターケアも万全のクリニックを選ぶようにしましょう。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*