鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻ヒアルロン酸注入の失敗3つをまとめてみた

鼻ヒアルロン酸注入の失敗として、ヒアルロン酸の材料を入れすぎることも問題です。低い鼻は患者にとってコンプレックスですから、希望はかなりの高い鼻のレベルを目指しがちです。

コンプレックスの裏返しで、できるだけ高い鼻を望む患者に対し、要求のままにお金さえ払えば鼻へのヒアルロン酸注入を過剰にする医者のもとでは、見た目は失敗に終わる可能性が大きくなります。鼻ヒアルロン酸注入の量を過剰に行った場合、顔のパーツ的にも見事なまでにアンバランスになります。

鼻ヒアルロン酸注入の失敗

鼻ヒアルロン酸注入の失敗例

鼻ヒアルロン酸注入の失敗例として、経験の浅い医師は技術力と知識も不足していますから、鼻に思いがけないトラブルを引き起こすことがあります。その一つが鼻の血管を注入によって詰まらせるというハプニングです。鼻に血管が詰まれば、そこに血液が溜まって、見た目の肌は詰まった血管の血液でドス黒い色をした肌に見えることになります。

鼻は顔のど真ん中にある、とても目立つパーツです。鼻ヒアルロン酸注入で血管を詰まらせる失敗は、見た目を異様なまでに醜くします。ヒアルロン酸を鼻に注入をする施術は、比較的簡単な印象があるでしょうが、医師の経験値と技術力、そしてデザインのセンスも必要になるので、若い経験が乏しい医師に任せるのは、自らリスクに飛び込むようなものです。

鼻ヒアルロン酸注入に失敗、「しこり・石灰化」するとどうなる?

ヒアルロン酸は体内に存在している成分です。物質としてはネバネバとした無色透明のもので保水力に優れた性質を持っています。現在では美容整形の分野で広く使用されており、注入することで形を変える注入剤として使われています。ヒアルロン酸はいずれは体内に吸収されますが、場合によってはしこり・石灰化といった症状があらわれます。これは身体がヒアルロン酸を異物と認識して周囲にカルシウムが蓄積されることで起こります。

鼻先に注入すると団子鼻になる?

ヒアルロン酸はいずれ身体に吸収されるため身体のどの場所にでも注入することは可能です。このため鼻のボリュームを上げるためにも使われています。このため鼻先に注入するといったことも行われていますが、この場合にはリスクが高いとされます。理由としてはヒアルロン酸は粘度があるものの形を作るほどの力はないため、注入しても鼻先を建てることができず鼻先に注入すると団子鼻になるケースが多いためです。

吸収されるメリットと鼻ヒアルロン酸注入のリスク

鼻ヒアルロン酸注入は、形が整わないというリスクがあるもののいずれ吸収されるためプロテーゼなど人工物を挿入するよりも安全といったメリットがあります。ただ鼻への注入はそのほかの場所と異なり組織の余裕が少ないため注入量が多いと形が整わないだけでなく、組織を傷つけるリスクが高くなります。また鼻から目の周りまで注入したヒアルロン酸が広がることで、目に対する障害が起こるリスクがあり、注意が必要です。

鼻ヒアルロン酸注入の失敗

おすすめの鼻の整形は

ヒアルロン酸を注射器で鼻に注入するだけで、顔の印象を大きく変えられる「鼻ヒアルロン酸注入」は、鼻の美容整形の中でも特人気の施術です。多くの美容外科で施術を受けられます。

鼻の美容整形としては、少し鼻の高さを変える程度であればヒアルロン酸による注入もプチ整形としては有効ですが、大胆に形を変えるといった場合にはリスクが高いため不適切といえます。このようなことから鼻の高さをしたい場合には整形ではプロテーゼや軟骨を挿入する方が安全かつ確実といえます。

プチ整形の費用はクリニックによって変わりますが、安い所だと約2万円程で施術を受けられるようです。
メスを使う鼻の美容整形と比較すると、値段が安いという点も鼻ヒアルロン酸注入の魅力と言えるでしょう。
ただ、メスを使わないからといって、全く失敗が無いという事はありません。
ヒアルロン酸を注入する量が多すぎた場合、鼻根が太くなるなどの失敗を起こしてしまうケースがあるのです。
ですので、鼻のヒアルロン酸注入を受ける場合は、できるだけリスクを避ける為にも評判の良いクリニックを探す必要があります。

いずれにしてもその人の鼻の状態によってとられる手段は変わってくるため適切に判断してくれる医師に依頼するのがおすすめです。

医師の経験と知識不足は重大な失敗につながる

鼻ヒアルロン酸注入は手軽だという認識は、捨て去ったほうがいいでしょう。医師の経験と知識不足は、重大な失敗につながることもあります。鼻への注入は少なからず、周囲への何らかの影響を与えないとは言えません。皮膚の下には目元へ血液をおくす欠陥があって、知識が浅い医師はヒアルロン酸による塞栓を起こすことも考えられます。血管への配慮もないままに施術を下ばかりに、失明という最悪の事態を起こしたケースさえあります。血管を詰まらせるのは危険で、血液の流れをとめて失明を起こすことさえあります。鼻ヒアルロン酸注入をする時には、必ず医師のこれまでの実績などを調べておきましょう。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*