鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻ヒアルロン酸注入の名医選びのコツ3項目!

美容整形は、その対象となる部位や使用される方法に関しても様々な内容がありますが、少しの変化を付けることで行う方法もあり、鼻ヒアルロン酸注入はその中でも代表となる1つとなります。施術は、カウンセリングで自分の希望の鼻の形を伝え、注射する範囲をペンでマーキングを行い痛みを最小限に抑えるために麻酔を使用して行われますが、ここではバランスを見ながら少しづつヒアルロン酸を注入していることで形成が行われることになります。

鼻ヒアルロン酸注入の名医

トラブルを避けるにはクリニック選びを慎重に

ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分として知られていますが、施術で使用されるものは安全で高品質なもののみが使用されており、初めての場合においても安心して施術を受けることができます。また、感染を防ぐために注入用の薬剤は1本単位で取り扱われており、鼻に適した粒子のヒアルロン酸が使用されてます。

鼻ヒアルロン酸注入を受ける場合には、経験のある名医と言われる存在のあるクリニックを選ぶ必要があります。施術としては5~10分程度で完了する内容となりますが、医師のレベルが低い場合などには凸凹になってしまったり、繰り返し注射を行うことで鼻根部が太くなってしまうというトラブルにもなり兼ねないために実績などに関しても十分に確認をした上で受けることが重要になります。

技術や経験のある医師の場合には、痛みの軽減や血管に傷を付けないことに対して細心の注意をして施術を行っており、場合によってはアイスパックなどで冷やしながら鼻ヒアルロン酸注入を行います。また、デザインにおいてもきれいな鼻筋にするための技術を持ち合わせており、ここでは鼻筋を整えることで顔全体をすっきりとした小顔に見せることも可能となります。

事前にしっかりと調べた上で医師の選択

鼻ヒアルロン酸注入の効果としては、概ね1年勘程度の短期間の効果となりますが、医師によってその仕上がりは大きく異なるために事前にしっかりと調べた上で医師の選択をする必要がありますが、使用される注入技術には、微小に注射をする方法や直線的につないでいく方法、また細かい平行線が交差をするように行う方法など様々な内容があり、どのような方法で行われるのかについても確認をすることも安心につなげることができます。

鼻ヒアルロン酸注入の名医

鼻ヒアルロン酸注入を行っている評判の良いクリニックとは

美容整形といえば、メスを使うというイメージがありますが、最近は一切使用しないプチ整形も数多く行われるようになりました。鼻を高くできる隆鼻術でも、ヒアルロン酸を使用しています。鼻のヒアルロン酸注入では弾力性のあるヒアルロン酸を、鼻の鼻根に注入する事で高さを出す施術を行います。

切開・縫合といった外科的な手術を行わないので、体への負担が軽い点が魅力です。もちろん、傷跡が残るという心配もありません。仕上がりもとても自然で、不自然な鼻の高さにはしたくない、周りにプチ整形で鼻を高くした事を知られたくないという方に、鼻のヒアルロン酸注入は向いています。

施術後の腫れや痛みといった症状も比較的軽く、施術翌日からメイクも可能なので、仕事を休む事なく施術を受けられる点もメリットです。

鼻のヒアルロン酸注入を行っている、美容外科は数多くあります。
技術の高いクリニックでは、ヒアルロン酸注入を受けられる美容外科として知られています。

注射器でヒアルロン酸を注入するだけで、鼻根を高くできる鼻ヒアルロン酸注入は、手軽なプチ整形として人気です。

美容外科であれば、ほとんどのクリニックで施術を受けられるでしょう。鼻ヒアルロン酸注入はメスを使わないプチ整形という事もあり、元々値段は安めです。特に安いクリニックだと、2万円程で施術を受けられるようです。メスを使わないという事や、値段が安いという事もあり鼻のヒアルロン酸注入は、若い世代から40代・50代と大人女性にも人気となっています。

ただ、プチ整形だからといって、必ずしも成功するとは限りません。失敗してしまうリスクもあるので、クリニック選びは慎重に行いましょう。失敗としてはヒアルロン酸を注入し過ぎてしまい、鼻根が太くなってしまった、感染症を引き起こしたといったケースが挙げられます。このような失敗をしない為にも、口コミなどを参考にして評判の良いクリニックで、施術を受けるようにしましょう。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*