鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻ヒアルロン酸注入のデメリット3つを考察

鼻ヒアルロン酸注入のデメリットとして考えられることのひとつは、鼻の幅が横の方法へと広がることは考えられます。

鼻が高くなのはヒアルロン酸という詩文を乳臭するからであって、鼻筋にはジェル状の物質が入り込むこととあります。ジェル状なので柔軟性があって鼻を高くもしますが、横への広がりも避けることはできません。

鼻ヒアルロン酸注入に使うヒアルロン酸は、新しいものも登場しています。

ですから、注入をして無駄に鼻ほかたちが広がらないタイプも、利用をすることはできるようになってきてはいます。とはいえ開発雨をされているヒアルロン酸は、シリコン素材と同じようなレベルではないです。

鼻を高くして美人に見せたり、かっこいい顔に見せたりするためには、ヒアルロン酸は簡単な方法ですが、柔軟性があるが故に、思い通りの仕上がりには手が届かない可能性も秘めている部分があります。

鼻ヒアルロン酸注入の素材は、何を使うかにもよりますし、鼻に適したヒアルロン酸を選んでみても、費用的に高額になることも考えられます。

鼻ヒアルロン酸注入のデメリット

デメリットについて

鼻ヒアルロン酸注入のデメリットとして思えておくべきなのは、鼻にヒアルロン酸を入れて万足な時間は、永遠ではないことです。

ヒアルロン酸は人間が持っている成分ですから、肌に入れ込んでも問題はないものの、体内では時間と友に吸収されます。

つまりお金をかけてヒアルロン酸を入れても、必ず吸収が終わる時が来ます。鼻にヒアルロン酸を打ち込んでも、その効果は思うよりも長い持続はありません。鼻を高くして外人のような美しい鼻筋につくったとしても、その効果はヒアルロン酸では短期的な効果で終わります。

永遠に続く鼻の高さは、ヒアルロン酸では不可能なことです。ヒアルロン酸の費用は意外と高くて、半年持つ対応でも数万円もします。

長くは持たないヒアルロン酸なので、年に何十万もかけるのは、お財布にとってかなりのダメージになります。美容は鼻だけではないので、美容費用がかさむことになります。

時間の経過とともに効果がなくなる事もある

鼻を高くしたり鼻先を整えて美しい形を作るのに使用するヒアルロン酸は、非常に安全性の高い物質で、アレルギーを起こしたり副作用のリスクが少ないのがメリットです。数年経過すると溶けて身体に吸収されて元の状態に戻るのも特徴で安心できます。

本来は、時間の経過とともに体内へ吸収されるヒアルロン酸なのですが、中には術後すぐにヒアルロン酸が吸収されてしまって効果を実感できない方もいます。

デメリットを最小限におさえる!鼻ヒアルロン酸注入で石灰化しないための方法

術後の後遺症が残る場合も考えられます。

日本人は欧米人と違い低い鼻の方が多く、高くしたい女性の間で知られているのが鼻ヒアルロン酸注入です。ヒアルロン酸自体は身体にも存在していて安全な物質なので悪さをする事はほぼありません。

鼻の形を整えようと、一箇所に大量の鼻ヒアルロン酸注入を行ってしまうと、その部分がしこり・石灰化してしまう事があります。石灰化はしこりよりも硬くなり異様な感覚もなり、自然治癒は難しい状態です。

前よりも見た目が悪くなる場合もある

鼻ヒアルロン酸注入は、鼻の先を尖らせたいという方にも向いています。軟骨を移植して整える施術方法よりも簡単に行え、メスを使わないので人気です。

しかし、リスクが全く無い訳ではなく鼻先をヒアルロン酸を注入すると団子鼻になる事もあります。鼻先の皮膚は他よりも厚い構造で、伸びる余裕がありません。ヒアルロン酸注を鼻先に注入すると団子鼻になる事があります。これは、横にヒアルロン酸が広がってしまい鼻全体が大きくなる為です。

当相談所の活用がおすすめ

どのような美容整形であっても、100%安心で安全とは言い切れずリスクは必ずあると頭に入れておく必要があります。ヒアルロン酸注入であれば質の良い材料や保存状態そして、医師の技術や知識に大きく出来上がりが左右されます。不衛生なクリニックでは感染症や後遺症に悩む事になる可能性もあります。

術後の仕上がりに満足する為にも美こちらの相談所を活用して、技術や経験が豊富なクリニックまたは、医師を紹介してもらう事をおすすめします。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*