鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻先形成のデメリット3つを考察してみた

鼻先形成術は団子鼻解消術とも呼びます。

団子鼻になる原因については、鼻の皮下脂肪の厚さや軟骨の発達などによって生じますが人によって様々といえます。鼻先形成術においては、軟骨が発達している場合に適しており余分な軟骨を削ることで鼻の形をスマートにすることができます。

鼻先形成術にかかる時間については、およそ30分ほどですみます。

傷跡については、鼻の中に傷跡を作るため目立ちにくい点がメリットといえます。効果については半永久的に続くので団子鼻がコンプレックスとなっている人にとっては人気のある美容整形術といえます。

鼻先形成のデメリット

デメリットについて

しかし、そんな鼻先形成術にもデメリットが存在します。デメリットとしては、鼻の修正術は仕上がりの面において難しいとされています。

鼻の印象が1mm程度違うと印象が変わることがありますので、デリケートな技術を必要とします。

また、もしも思った効果が得られなかったと感じる場合においては、もう一度修正手術を行うことが難しくなる上に費用も高額になりがちな点がデメリットといえます。

正面から見た際にはすっきりと整った鼻に見えるのに、側面から見た場合には鼻が低く見えてしまうということもあります。

仕上がっても元に戻ってしまう可能性についてもありますので、完全に綺麗で満足できる鼻になるという保証はないことを留意しておきます。アップノーズ気味になることもあります。

ダウンタイムについてはやや長く、手術から10日ほどすれば鼻の腫れについては引いていきます。しかし、鼻が完全に安定するには長くて半年ほどかかる場合がありますのでじっくりあせらずにしておくことが求められます。

術後の後遺症で違和感を覚えるリスク

鼻先形成で、鼻先を整える方法に自分の軟骨を移植する以外に、プロテーゼと呼ばれる人口軟骨を鼻先に挿入して形を整える施術もあります。

理想とする形を作るのに非常に適した方法であるのが魅力ですが、鼻先の圧迫を起こしやすいデメリットがあります。

プロテーゼの挿入の際に鼻先を中から強く圧迫した状態になり、皮膚が押されてしまいます。圧迫されると皮膚の赤みや強い痛みが起き違和感が続く事もあります。

鼻先が異様な形になるデメリットもある

鼻先形成で鼻先の圧迫!?デメリットを再確認。

鼻先形成は、鼻先を細くしたい方に行われる手術で鼻先が横に広がっていたり団子鼻の状態を改善するには最適な方法です。綺麗な鼻筋を手に入れる事は出来ますが、失敗する例も後を後を絶ちません。

殆どの場合が鼻の形に関するもので、ポリービーク(PollyBeak)変形と呼ばれる医師の技術不足で鳥のくちばしの様に不自然な形になるリスクもあります。修正するには再手術を行う必要もあり大きな負担となります。

時間が経つと効果が無くなる事もある

鼻が低くて悩んでいる方には、鼻先形成の施術で鼻を高くして美しい形を作る事が出来ます。その方法として軟骨を移植して鼻先を整える施術があります。

自分の軟骨を使用するので安全で副作用はありませんが、場合によっては施術の時間の経過と共に体内に軟骨の吸収があるデメリットもあります。

異物を入れないので安心できる施術ですが、自分の軟骨なので吸収率も高く結果として効果が得られない事もあります。

後の事を考え慎重に名医を選ぶ必要がある

鼻先形成で理想的な美しい鼻を手に入れる事は可能ですが、美容整形はリスクも高いのも事実です。失敗すれば、再手術で精神的にも肉体的にも大きな負担となります。

最初から信頼出来て技術力の高い名医にお願いする事が重要となります。個人で探すには大変でもこちらの相談所に依頼していただければ、失敗確率の低いおすすめの医師をご紹介致します。

様々なデメリットの多い美容整形を成功させる為にも、慎重にクリニックを選択するのが重要です。

手術を行う前にはきちんとカウンセリング

ただ、手術を行う前にはきちんとカウンセリングを行った上でこうしたリスクについては充分な説明があります。

説明を聞いた上で手術を必要とするのか他の治療方法を選ぶかを選ぶことができますので、鼻先形成術を希望する際にはある程度長期的な視点から考えておくとよいでしょう。

費用については平均40万円ほどが相場となっており、決して安くないというデメリットもあります。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*