鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

フレックスノーズの失敗

鼻の整形を効果的に行うのであれば、美容外科クリニックで行なえるフレックスノーズがおすすめです。
フレックスノーズは、日本国内の独占技術となっており、様々なメリットがあります。
鼻のデザインを自分の希望に合わせて選ぶことができたり、特殊な糸を使って手術を行っていくのでメスを使い皮膚を切る必要はありません。
また、ダウンタイムがないのも嬉しい点です。
面倒なダウンタイムがないことから、施術直後から通常通りの日常生活を送ることもできます。
また、リーズナブルな価格で施術を受けることができるのも口コミで大きな人気を集めている理由と言えるでしょう。

どんな人におすすめ?

フレックスノーズは、メスを使わずに鼻を高くしたり整えたい方におすすめです。
また、ヒアルロン酸注射では効果を実感することができなかったという方やダウンタイムの心配がない施術を受けたい方にもうってつけと言えるでしょう。
また安全性の高い施術法なので、翌日から仕事を行うことができ日常生活への支障はありません。

フレックスノーズの失敗

余計なトラブルを回避するには

このようにたくさんのメリットがありフレックスノーズですが、実践者の中には全く効果が無かったといった意見や自分の納得できる鼻に改善できなかったなどのトラブルに合ってしまう方もいます。
このような悩みやトラブルを解消できるのも信頼できる美容外科クリニックです。
フレックスノーズを行っている美容外科クリニックは数多くありますが、アフターケアや安心の保証サービスがある美容外科クリニックを選ぶことでもしもの失敗の際にも安心です。
1年間の安心保障サービスがあるクリニックもあり、医師の診察により再手術が必要だと判断した場合には、無料で施術をやりなおしてくれます。
通常、フレックスノーズの施術は、溶ける糸を使用して施術を行っていくため、半年から1年ほどの期間で元に戻ってしまいます。
なかには、そのまま固定され効果を半永久的に維持することができる人もいますが、ほとんどの方の場合、半年から1年ほどで効果が無くなってしまうので注意しましょう。

フレックスノーズの失敗

フレックスノーズに失敗して変形ってどういう状態?

フレックスノーズは、時間の経過で変形することがあります。

フレックスノーズはメスを使わずに鼻を高くしたり鼻先を尖らせたりする施術です。特殊な糸で縛り、鼻の形を整える方法で、施術時間もダウンタイムも短いのが特徴です。ただし1本の糸では効果が薄く、8本~12本ぐらい入れるのが普通です。また糸で縛っても時間が経過すると後戻りしたり、変形したりすることがあります。効果の幅や持続時間には個人差があり、誰でも永遠に美しい形を保てるとは限りません。

ピンチノーズになる可能性も

ピンチノーズとは鼻の先を洗濯バサミでつままれたような形になってしまうことです。だんご鼻を気にするあまり、鼻先を尖らせすぎて鼻筋とのバランスを失ったとき、こうした状態になりがちです。鼻尖縮小術や鼻中隔延長術でよく見られる失敗ですが、フレックスノーズでも起こりうるので注意が必要です。経験不足で技術が未熟だったり、センスのない医師に施術を受けると、ピンチノーズになる可能性が高くなります。

ポリービーク(PollyBeak)とは

ポリービーク(PollyBeak)とは、鼻を横から見たとき、オウムのくちばしのように曲がった状態になることです。鼻先が不自然に膨らんで、嫌でも目立ってしまいます。軟骨を移植した場合に起こりやすい失敗です。フレックスノーズでも、横から見た形を十分に考慮して施術しないと、ポリービーク変形が起こる可能性があります。糸の縛り方で結果が変わるので、微妙な調節のできる名医を選ぶことが大切です。

名医を探してリスクを避ける

フレックスノーズは切らない施術とはいえ、痛みや腫れが残る場合があり、感染症のリスクも皆無とは言えません。クリニックには衛生面で厳重な管理が求められます。また糸の本数が足りなくて効果を実感できなかったり、反対に縛りすぎて過剰な効果が出たりする場合もあります。思いどおりの鼻の形を実現するには、数多くの症例をこなした名医に相談することが第一です。名医の情報に関しては、お気軽にご連絡ください。

失敗しないための鼻の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*