鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

団子鼻整形の失敗

美しくなりたいというのは誰もが持っている願望です。化粧をしたり、エステへ通うのと同じように、整形を美しくなるための手段として行う人が増えています。整形では目や鼻といった部分的なものから、エラを削るなど顔全体に及ぶものもあります。中でも第一に人の顔を見たときに、印象に残りやすいのが目と鼻です。鼻が高く、筋が通っていたら顔がすっきりと美人に見せることができます。団子鼻になっていると、すこし野暮ったく見えることがあるので、団子鼻整形をするといいでしょう。
団子鼻整形の失敗

団子鼻整形と失敗例

団子鼻整形とは、鼻先をほっそりさせる、鼻尖縮小術という方法を行います。鼻翼軟骨の余分な脂肪を除去し、鼻翼軟骨の上部分を切除して軟骨を縫合したり移植することで、団子鼻を改善することができます。鼻柱を切開して、軟部組織と軟骨を切除する団子鼻整形は、オープン法と呼ばれ、比較的簡単な手術だと言われています。しかし団子鼻整形に失敗してしまった場合、前から見たら鼻筋が通っているものの、横から見たら団子鼻のままであったり、手術後すぐは綺麗に整形できても時間がたつと団子鼻に戻ってしまうことがあります。

団子鼻整形に失敗。後戻り・効果が無い状態に…。

団子鼻整形は、後戻り・効果が無いという結果になることがあります。傷対t部分を修復していく人間本来の治癒能力によって、後戻りするようなことがあるため、アフターケアをしっかりとしてもらえるような医師に治療を相談することがよいです。また、鼻先の皮下組織が厚い人の場合は、手術を受けても効果があまりないことが多いため、鼻の状態によって、治療方法を変えてくれる医師に相談することをおすすめします。

ポリービーク(PollyBeak)になることもある

団子鼻整形を行うことで、ポリービーク(PollyBeak)になることもあります。横から顔を見ると鼻がオウムのくちばしのような形に見えてしまうような症状になることがあるため、横顔のバランスも見てもらいながら治療をしてもらうことが大切になっています。そのため、ポリービーク(PollyBeak)になることがほとんどないようなクリニックを、口コミなどのたくさんの情報の中で選び出すことが重要になっています。

ピンチノーズになることもある

団子鼻整形を行うことで、ピンチノーズになることがあります。ピンチノーズは、洗濯ばさみで鼻をつまんだような形の鼻のことであり、見た目に違和感が出てしまうため、リスクを考えた治療をしてもらうことが大切です。希望する治療の内容を確認してもらって、ピンチノーズになる可能性がある場合は、違う治療を選択してもらうなどの工夫をしてもらうことが重要になっているため、経験がたくさんある医師を探すことをおすすめします。

団子鼻整形の失敗

よい治療のためにおすすめのこと

団子鼻整形は、鼻の形を変えて、コンプレックスをなくすことができる治療方法になっています。魅力的な顔に整えてもらうことが可能になっていて、自分に自信が持てるような顔になれるため、人気の治療法になっています。しかし、手術によって、希望とは異なるような仕上がりのものになることもあるため、技術が高く、カウンセリングをしっかりとして、アフターケアが充実している環境のクリニックを探すことをおすすめします。

名医を選ぶことが成功のコツ

失敗してしまった場合、鼻部分の皮膚がかたくなって皮下組織が傷ついて傷跡が残ってしまうことがあります。修正を何度も行うと、失敗したときと同じで、皮膚がかたくなり傷跡が残るなどの後遺症がありますから、団子鼻整形をするときは名医を選ぶようにしましょう。名医が行う手術であれば、一般的に1時間半程度かかります。雑な手術だと短時間で終わることがありますが、名医の場合は手術時間をゆっくりかけて、丁寧な施術を行います。術後、鼻部分に腫れが出ますが、大体3~5日程度で腫れは引いていき、それから抜糸を行います。全体的は腫れは2週間程度で引いていくので、その間に痛みがある場合は鎮痛剤を処方してもらうことができます。団子鼻整形をして1か月くらいたつと、腫れも引いて完全な美しい鼻を手に入れることができます。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*