鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

耳介軟骨移植の効果と失敗・修正のすべて!

医師が教えてくれない耳介軟骨移植の裏側

鼻の耳介軟骨移植の疑問に医師が教えてくれないデメリット面から解説していきます。手術の前に必ず把握していたおきたい事項をまとめました。

耳介軟骨移植の効果と失敗・修正のすべて!

耳介軟骨移植とメリット

耳介軟骨移植はメリットが高く、鼻の整形の中でも人気の施術です。具体的なメリットを紹介します。

だんご鼻の解消

耳介軟骨移植は、鼻が短く上に向いている方、鼻の穴が目立つこと方の症状解消や鼻尖部分の団子鼻を解消します。鼻先に耳の軟骨(耳介軟骨)を移植して長さや高さを調整します。軟骨をお鼻に移植する際は、お鼻の中を切開して入れますので、傷跡が目立つことはありません。

鼻尖の組織移植は、鼻翼軟骨の間を縫合した後に先端部分に耳介軟骨を移植しまが、土台の鼻翼軟骨の強度が弱い場合や皮膚が厚い硬い場合は突出効果が出にくいです。突出の効果をしっかり出したい場合は土台をしっかりと補強する必要があります。その場合は、耳介軟骨で支柱を立て、軟骨移植を行う必要があります。

低い鼻先が高くなる

耳介軟骨移植や鼻中隔延長術などの鼻先の整形で低い鼻を高くすることができます。I型プロテーゼとの相性が良くてしばしば同時に行われるのが特徴です。また眉間~鼻筋~鼻先までの隆鼻術をする場合、眉間プロテーゼも併用して横顔をきれいにすることもできます。

耳介軟骨移植の名医と有名病院

耳介軟骨移植の名医と有名病院は前述した名医の条件をクリアしている事が前提となります。

耳介軟骨移植の症例数が多いだけではなく、クオリティの高い耳介軟骨移植の症例数を多く積んでいる名医や有名病院を選択しなければなりません。

ご紹介をご希望であればお気軽にお問い合わせください。

鼻整形の名医-失敗と効果

耳介軟骨移植の症例写真

症例画像①

耳介軟骨移植の美容整形・治療

鼻の美容整形は、10年前のL型プロテーゼが主流だった術式から大きく変化してきており、名医であれば眉間から鼻先の角度、鼻の大きさや穴の形状までを含めた提案が出来ます。

オープン法とクローズ法がある

耳からの軟骨を採取して鼻先に挿入する際に、鼻柱を切開するのがオープン法で、鼻の穴の中を切開するのがクローズ法です。

オープン法の方が延長量を多くとれるとも言われております。

鼻中隔延長術と耳介軟骨移植の違いは?どっちが良いの?

たびたび、鼻中隔延長術と比較されますが、延長量を多く取りたいのであれば、鼻中隔延長の方が適しています。耳介軟骨移植では、鼻先の角度の調整を大きく取れないのがデメリットとなります。

どちらにも対応しているクリニック・名医をご紹介しておりますので、どちらが良いのか悩んでいればお問い合わせいただけます様、お願いいたします。

耳介軟骨移植の失敗・修正・再手術

耳介軟骨移植の失敗・修正・再手術

耳介軟骨移植の失敗をしてしまった場合の美容整形はプロテーゼ(隆鼻術I型プロテーゼ・L型プロテーゼ)・鼻中隔延長術・鼻尖縮小術・小鼻縮小術・鼻翼縮小術・注入物などの材料の抜去・除去・入れ替えが考えられます。

鼻先が曲がる

鼻先の耳介軟骨移植というのは、挿入する箇所によって形をある程度変えることができるのですが、未熟なドクターですと固定をさせる位置を誤り、鼻先の形状を損ねてしまわれる方が多いのです。拘縮が起こる素材などで入れ替え・修正・再手術をしなければならなくなると厄介なので、是非、はじめから失敗しないために名医を選択して頂く事が大切です。こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

耳に傷跡が残る

軟骨を採取する際に、耳に傷跡が残ってしまいます。医師の技術によっては、定着率が低かったり曲がってしまうこともあります。クリニックの衛生管理が悪いと感染の確率が上がります。

感染

クリニックの衛生管理が悪いと感染の確率が上がります。感染が起こった場合の最初の目安は皮膚の赤みです。これが起きてしまった場合には、抗生物質を服用 しまが、それでも治らなければ抜去です。感染を放置してしまうと、皮膚が腐り取り返しのつかないことになってしまいます。

耳介軟骨移植の入れ替え・抜去

耳介軟骨移植では、術後に抜去したいといわれる方がいらっしゃいます。その理由は主に下記の原因があります。

デザインが気に入らない

カウンセリングでの医師とのデザインの共有を怠ってしまうと、希望通りの形の鼻にならないことが想定されます。

鼻先の圧迫

耳介軟骨移植でも鼻先の圧迫による修正・入れ替えがあります。
鼻先の皮膚が薄い方は注意が必要です。

豚鼻が改善しない

延長量が足りずに、鼻中隔延長に切り替えられる方が多いです。
鼻の整形の手術の効果を最大限発揮するために、鼻中隔延長にも対応しているドクターを推奨いたします。

耳介軟骨移植の効果・仕上がり・アフターケア

耳介軟骨移植の効果・仕上がりを評価する上では、鼻筋や鼻先の形状を確認する必要があります。
ばればれの形であったりすると綺麗とは言えません。

鼻の美容整形によって、オーダーメイドでお悩みを改善できますが、失敗を回避するためにもクオリティの高い手術を選択する様にして下さい。

ご相談窓口にて、名医の条件、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽のご相談頂ければと思います。

鼻の美容整形を受けられる際には、以下の様な効果・仕上がりに注意する必要があります。

カタチ 触感 持続性 傷跡 合併症・後遺症 痛み 術後 経過

耳介軟骨移植のトラブル・リスク・デメリット・後遺症

耳介軟骨移植におけるトラブル・リスク・デメリットをご紹介いたします。

代表的なリスクとしては、軟骨の吸収、鼻筋が太くなるなどのトラブルです。
技術が低いドクターを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。

耳介軟骨移植と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。
ご相談窓口でも説明いたしております。

ヒアルロン酸注入と同じ個所にしてはならない

注意して欲しいのですが、プロテーゼや軟骨試食と同時に、ヒアルロン酸やレディエッセを注入してしまっている医師がおりますが、これは感染のリスクがありますので注意してください。失敗しないためには、クリニック、ドクター選びが非常に大切です。

鼻を高くする美容整形のその他のトラブル・リスク・デメリット・後遺症については下記をご参照ください。

関連する治療法>>>耳介軟骨移植のリスクとは?

感染(化膿)アレルギー(異物反応)血が溜まる 傷口が開く 糸が出てくる 鼻尖の曲がり 鼻の穴のひきつれ 鼻尖の違和感 鼻柱(鼻の穴と穴の間)が分厚くなる 鼻閉感(鼻が通りにくい) 鼻柱が凸凹する 延長が長すぎる 鼻尖が高すぎる 延長が短すぎる 鼻尖が低すぎる 傷跡 プロテーゼの飛び出し プロテーゼの輪郭が浮き出る 鼻筋(高さ・幅・長さ)の違和感・異物感 非対称 ズレ 曲がり しびれ・感覚麻痺 硬い 耳の変形  移植後に生着しない 膨らみ・盛り上がり ハンプ 凸凹 中縫いの糸が出てくる 丸くなる polly-beak変形 ピンチノーズ 拘縮

耳介軟骨移植のダウンタイム・腫れ

腫れ・ダウンタイムについては、プチ整形のもので1日~数日程度、本格的なものなどは2週間程度が目安となります。ダウンタイム中に外出をしなければならない場合には、マスクなどで隠す事をお薦めいたします。

耳介軟骨移植の料金相場と安い価格・費用

料金相場は40万円で、値段は安いと30万程度。

耳介軟骨移植のまとめとオススメ

耳介軟骨移植によって鼻が低い事を改善したり、ホリを深くしたりといった事が可能となります。

鼻の美容整形によって、オーダーメイドでお悩みを改善できますが、失敗を回避するためにもクオリティの高い手術を選択する様にして下さい。

ご相談窓口にて、名医の条件、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽のご相談頂ければと思います。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*