鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻プロテーゼの効果と失敗・修正のすべて!

鼻プロテーゼとメリット

鼻プロテーゼのメリットは鼻先・鼻筋を高くすることができる点です。

種類としては、シリコンプロテーゼゴアテックスの材料があり、形状としては、L型プロテーゼI型プロテーゼがあります。

メリットを享受するためには、リスク回避のポイントを押さえる必要があります。
さっそく見ていきましょう。

鼻孔縁下降術の効果と失敗・修正のすべて!

鼻プロテーゼの名医と有名病院

鼻プロテーゼでは大きく分けると拘縮が起こってしまうタイプの鼻プロテーゼと拘縮が起こらないタイプの鼻プロテーゼがあります。

こだわった治療をしていれば拘縮FREEでなおかつ、プルアウト固定などの処置をとってくれます。
全国で名医の紹介をしておりますので希望の方はお気軽にお問い合わせいただければと思います。

失敗しないための鼻の整形トラブル・リスク・デメリットSOS

鼻プロテーゼの症例写真

鼻プロテーゼの美容整形・治療

鼻プロテーゼは使い方を間違えなければ、健康に害が出ない美容整形です。
L型プロテーゼなどの鼻先への圧迫が強いものは、昔の手術法ですから要注意です。

最近のトレンドは、鼻プロテーゼ+鼻中隔延長術などの手術となっています。
ほりを深くしたい方の場合には、眉間プロテーゼも併用します。

鼻プロテーゼの失敗・再手術

鼻プロテーゼの失敗例としては、鼻先の圧迫による炎症・感染やアバター状態などがあります。
失敗してしまうと癒着が強くついていれば再手術に時間がかかります。

鼻プロテーゼの修正・抜去・入れ替え

鼻プロテーゼでは入れ替えでI型プロテーゼへの切り替えを希望される方が多いです。
L型プロテーゼでは鼻先への圧迫が強すぎて後々トラブルをきたすリスクがあるためです。

鼻中隔延長術や耳介軟骨移植を併用して、鼻先をよりきれいに作ることができます。

鼻プロテーゼの効果・仕上がり・アフターケア

鼻プロテーゼのダウンタイムは2週間程度です。
ダウンタイム中はマスクを使用して外出は可能です。腫れと内出血に要注意です。

鼻の美容整形を受けられる際には、以下の様な効果・仕上がりに注意する必要があります。

カタチ 触感 持続性 傷跡 合併症・後遺症 痛み 術後 経過

鼻プロテーゼのトラブル・リスク・デメリット・後遺症

鼻プロテーゼのその他のトラブル・リスク・デメリット・後遺症については下記をご参照ください。

関連する治療法>>>鼻プロテーゼのリスクとは?

感染(化膿)アレルギー(異物反応)血が溜まる 傷口が開く 糸が出てくる 鼻尖の曲がり 鼻の穴のひきつれ 鼻尖の違和感 鼻柱(鼻の穴と穴の間)が分厚くなる 鼻閉感(鼻が通りにくい) 鼻柱が凸凹する 延長が長すぎる 鼻尖が高すぎる 延長が短すぎる 鼻尖が低すぎる 傷跡 プロテーゼの飛び出し プロテーゼの輪郭が浮き出る 鼻筋(高さ・幅・長さ)の違和感・異物感 非対称 ズレ 曲がり しびれ・感覚麻痺 硬い 耳の変形  移植後に生着しない 膨らみ・盛り上がり ハンプ 凸凹 中縫いの糸が出てくる 丸くなる polley-beak変形 ピンチノーズ 拘縮

鼻プロテーゼのダウンタイム・腫れ

腫れや内出血などのダウンタイムは2週間です。

鼻プロテーゼの料金相場と安い価格・費用

料金相場は30万円で、値段は安いと20万程度。

鼻プロテーゼのまとめとオススメ

鼻プロテーゼによって低い鼻を鼻を高くすることができます。

ご相談窓口にて、名医の条件、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽のご相談頂ければと思います。

失敗しないための鼻の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*