鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻尖縮小術の効果と失敗・修正のすべて!

鼻尖縮小術とは、鼻先の形を美しく整える施術のことを言います。鼻尖縮小術による修正は、鼻先が大きい人や鼻が低くて丸い、いわゆる「だんご鼻」の人の悩みを持っている人に人気のある施術です。

一括りに、鼻尖縮小術による手術といってもその手法は様々で、皮下組織(脂肪)を除去したり、軟骨を中央で固定したり、耳介(じかい)軟骨移植をしたり、糸による鼻先をアップすることも多いです。

鼻尖縮小術とメリット

鼻尖縮小術とは、いわゆる団子鼻と言われる丸みのある鼻や太く見える鼻の先を細くして整えるといった手術方法です。

鼻尖縮小術の手術方法は、鼻の先の皮膚を切除し、更には小鼻の軟骨の間にある脂肪を取り除く事により鼻の皮膚を薄くするといったもので、これにより両方の小鼻の軟骨を中央へと引き寄せる様にして縫合します。

これにより、鼻の先を細くするといった事が実現出来、整った鼻にする事が可能になります。

はじめに鼻尖形成のメリットをまとめます。

鼻先のだんご鼻を解消できる

鼻尖縮小術や鼻中隔延長術は、太い、丸いといっただんご鼻とよばれるような状態を、鼻先をほっそりとさせ解消する手術です。

太い鼻を細くできる

鼻筋~鼻先がだんご鼻の方は、鼻尖縮小術によって鼻をほっそりと細くすることができます。

ただし糸で鼻尖を細くする鼻尖縮小術を行うと、鼻先が上がってしまったり不自然な形状になってしまうことがあります。その場合は修正手術として、プロテーゼの挿入や自家組織移植(軟骨移植)などを同時に行うことで、鼻全体のバランスを整えます。

多くの美容外科では糸で括るだけの方法で団子鼻の整形、つまり鼻尖縮小術を行っています。
ただ糸で引きあうだけの方法では、後戻りがありますし形を崩す可能性がありますので要注意です。

鼻尖縮小術を失敗しないためには、クリニック、ドクター選びが非常に大切です。

鼻尖縮小術の効果と失敗・修正のすべて!

鼻尖縮小術の名医と有名病院

鼻尖縮小術の名医と有名病院は名医の条件をクリアしている事が前提となります。こだわった鼻尖縮小術であれば、鼻翼軟骨の余分な脂肪部分を除去し、さらに鼻翼軟骨の上側を切除、軟骨の縫合や移植を行います。

鼻翼軟骨移植(3D立体形成)ができるか

鼻尖縮小術では立体形成ができる名医であれば、鼻先のポリービークやピンチノーズによる失敗を回避することができます。糸で結ぶだけの鼻尖縮小術では効果に限りがあります。

小鼻縮小や鼻中隔延長にも対応しているか

鼻の整形は小鼻、鼻尖、鼻骨などの総合的なバランスを見て治療されなければ不自然な仕上がりになり得ます。そのため、鼻尖縮小術の症例数が多いだけではなく、クオリティの高い小鼻縮小術の症例数を多く積んでいる名医や有名病院を選択しなければなりません。

手術時間は1時間半が目安

技術が高い鼻尖縮小術の場合には、1時間半程度の手術時間を取り、鼻翼軟骨移植を併用しています。しかし糸だけで縛り付けるタイプの鼻尖縮小術は、30分程度で終了しています。クオリティを求めるのであれば前者を選択すべきですが、ご予算感やダウンタイムの関係もあると思いますので、どちらにも対応している医師のリストアップも行っています。

全国の名医のご紹介をご希望であればお気軽にお問い合わせください。

鼻整形の名医-失敗と効果

鼻尖縮小術の症例写真

症例画像①

鼻尖縮小術の美容整形・治療

鼻尖縮小術の美容整形は鼻の整形の中でも人気のお悩み・ご相談内容です。

鼻尖縮小術とは、だんご鼻を直す手術のことです。中にも、切らない鼻尖縮小術は、体に吸収される糸で鼻の中の軟骨を縛り、形を整えます。手術時間も短く、メスを入れないことから、手軽だと考える人も多いです。

しかし、『効果が出なかった。』、『効果があったが、元に戻ってしまった。』等の声が多い手術でもあります。これには理由があります。

効果が出なかった人の場合、切らない鼻尖縮小術は向いてなかった可能性があります。

だんご鼻の原因は、様々です。

主に、鼻の軟骨が発達している、左右の軟骨が開いて横に広がっている、脂肪がついている、鼻先の皮膚が厚い等の要因が組み合わさって、だんご鼻になります。

その為、人それぞれの原因に合わせた手術法で対応しないと、だんご鼻の改善は難しいです。

鼻の美容整形は、10年前のL型プロテーゼが主流だった術式から大きく変化してきており、名医であれば眉間から鼻先の角度、鼻の大きさや穴の形状までを含めた提案が出来ます。

例えば、眉間からのカーブにこだわった治療をするには隆鼻術+鼻中隔延長術+眉間プロテーゼなどの手術方法が度々行われております。鼻尖縮小は丸いは鼻先の団子鼻を改善する整形です。

最近ではプチ鼻尖縮小術がポピュラー

従来の日本における鼻の手術といえば、インプラントを入れて鼻を高くする手術が主流でしたが、今ではすっきりとしたバランスの良い鼻尖にするプチ鼻尖縮小術がポピュラーとなっており、隆鼻術は影を潜めています。

鼻先をつんと尖らせるだけで、鼻は高くすっきりと見えるので、異物を混入せずとも美しいラインが生まれ、大きく切開する必要もありません。

しかし、一口にプチ鼻尖縮小術といっても、この手術を扱うクリニックがすべて、皆同じ方法で手術を行っているかというとそうではなく、プチといえども、余計な脂肪を取り除いたり、軟骨を削り取って土台に使ったりと、患者さん一人一人に適した処置を行った上の、精密な形成手術を行っているクリニックもあり、そういったところで受けると、何年たっても術後の美しいラインがしっかりと持続させられます。

オープン法とクローズ法

鼻尖縮小術でも切開を伴う治療では、鼻柱を切開するオープン法と鼻の穴の中から手術を行うクローズ法の2種類があります。

切開をしないタイプの手術である糸で結びつけるだけの1day鼻先縮小ですと後戻りをきたす可能性があります。

鼻尖縮小術は、切開する場所によってオープン法とクローズ法とに分けられます。

オープン法は外から見える位置の皮膚表面を切開し、クローズ法は、鼻孔内(鼻の穴の中)から切開すします。

オープン法は、視野が広く鼻尖の状態を正確に把握しながら手術を行うことができますが、外から見える位置に傷跡ができます(数か月で目立たなくなります)。

一方、クローズ法は、外から見える位置に傷跡が残らないというメリットがありますが、手術を行う際の視野が狭く、オープン法に比べ難易度が高くなります。

ヒアルロン酸注入は鼻先にはしてはいけない

ヒアルロン酸注入を鼻先に行われてしまって失敗してる例がありますが、鼻先にヒアルロン酸注入を行うと団子鼻になってしまい、不自然な鼻になります。レディエッセ注入も一緒です。

プロテーゼやヒアルロン酸などの隆鼻術の素材も選択の幅が広がり、よりリスクを回避した治療をご相談窓口では提案しております。ご希望の方は遠慮なくお問い合わせいただければと思います。

鼻尖縮小術の失敗・修正

鼻尖縮小術の失敗5つと修正手術をまとめてみたをしてしまった場合の美容整形は、3D形成など高度な軟骨移植を伴った再手術等が考えられます。鼻尖縮小術でよくあるのが、横から見たときにダンゴ鼻になってしまった、手術を受けたのに後戻りしてしまったなどです。

鼻尖縮小術の失敗・修正

ポリービーク変形(Polly-Beak変形)

鼻の軟骨をただ縛るだけといった単純な鼻尖縮小術をおこなうと、側面でオウムのくちばしのようなPollybeak 変形と言われる丸い鼻になることがあります。納得のいかない結果となってしまったトラブルが多いです。

ピンチノーズ

切らない鼻尖縮小術の失敗3つと修正手術まとめでよくある症状で、鼻をつまんだ状態をピンチノーズの鼻があり、手術方法が悪いとピンチノーズで鼻の穴が不自然・バレやすい状態になります。

一度手術を行うと、手術跡が固くなり修正が難しくなります。失敗しないためには、最初から経験豊富な名医を選ぶ事が大切です。拘縮が起こる素材などで入れ替え・修正・再手術をしなければならなくなると厄介なので、是非、はじめから失敗しないために名医を選択して頂く事が大切です。こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

鼻尖縮小術の再手術・抜去・メンテナンス

鼻尖縮小術を失敗してしまった場合の再手術・抜去・メンテナンスが必要となります。鼻尖縮小術の再手術では、単に糸を抜去するかもしくは、鼻尖縮小術3D形成などが行われる事が多いです。

根本的に鼻の形のクオリティを上げたい方の場合には、鼻尖縮小術3D法をお薦めいたします。

再手術をお考えの方は鼻尖縮小術3D方の技術が高い名医をご紹介いたしますのでご連絡ください。

鼻尖縮小術の効果・仕上がり・アフターケア

鼻尖縮小術の効果・仕上がりを評価する上では、鼻筋や鼻先の形状を確認する必要があります。
ばればれの形であったりすると綺麗とは言えません。

プロテーゼなどの隆鼻術でのダウンタイムはおよそ2週間程度、アフターケアとしては、血流が良くなる事のない様に安静にお過ごしください。

鼻尖縮小術の修正

鼻の美容整形を受けられる際には、以下の様な効果・仕上がりに注意する必要があります。

カタチ 触感 持続性 傷跡 合併症・後遺症 痛み 術後 経過

鼻尖縮小術のトラブル・リスク・デメリット・後遺症

鼻尖縮小術におけるトラブル・リスク・デメリットをご紹介いたします。

代表的な鼻尖縮小術のリスク鼻尖縮小術のデメリット、としては、後戻り、polly-beak変形、ピンチノーズなどのトラブルです。技術が低いドクターを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。

鼻尖縮小術と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。ご相談窓口でも説明いたしております。

鼻尖縮小術を含む鼻の美容整形のその他のトラブル・リスク・デメリット・後遺症については下記をご参照ください。

感染(化膿)アレルギー(異物反応)血が溜まる 傷口が開く 糸が出てくる 鼻尖の曲がり 鼻の穴のひきつれ 鼻尖の違和感 鼻柱(鼻の穴と穴の間)が分厚くなる 鼻閉感(鼻が通りにくい) 鼻柱が凸凹する 延長が長すぎる 鼻尖が高すぎる 延長が短すぎる 鼻尖が低すぎる 傷跡 プロテーゼの飛び出し プロテーゼの輪郭が浮き出る 鼻筋(高さ・幅・長さ)の違和感・異物感 非対称 ズレ 曲がり しびれ・感覚麻痺 硬い 耳の変形  移植後に生着しない 膨らみ・盛り上がり ハンプ 凸凹 中縫いの糸が出てくる 丸くなる polly-beak変形 ピンチノーズ 拘縮

鼻尖縮小術のダウンタイム・腫れ

腫れ・ダウンタイムについては、プチ整形のもので1日~数日程度、鼻尖縮小術3D等は2週間程度が目安となります。

鼻尖縮小術の料金相場と安い価格・費用

料金相場は40万円で、値段は安いと20万程度です。ただ、鼻尖縮小術3D形成の場合には、費用が高くなります。

鼻の整形でオススメ美容外科のご紹介はこちら

鼻尖縮小術によって鼻先が低い事を改善したり、団子鼻を改善したりといった事が可能となります。

しかし、ただ単に糸で左右を引っ張り、鼻先で引き寄せているだけのクリニックでは、横から見ると鼻先が余計に団子のように丸くなってしまっていたり、すぐに元に戻ってしまったり、手術を行っても、最初からあまり変化がなかったりと、満足できる結果にはならないようです。

最近の美容整形手術は、できるだけ切らない手術がメインとなってはいますが、大きく切開することなく形成手術を行うということは、熟練した高い技術力が求められます。

実績が豊富で、様々な症例をより多く手掛けているドクターを見極める力が、患者側に求められているのです。

当相談所では、ご相談窓口にて、全国の名医、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽のご相談頂ければと思います。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

“鼻尖縮小術の効果と失敗・修正のすべて!” への1件のコメント

  1. 匿名 より:

    私は自分のニンニクのような形をした鼻に悩みを持っていて、

    名古屋の美容外科に行ったところ、鼻尖縮小術+耳介軟骨移植を勧められましたがカウンセリングに納得いかず、後日別のクリニックにカウンセリングにいきました。

    こちらでは鼻中隔延長術+鼻尖縮小術+耳介軟骨移植を勧められました。

    やはり、大掛かりな手術には抵抗があり、溶ける糸でのプチ整形にしようと思いましたが、効果はないのでしょうかね。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*