鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻翼縮小術の効果を2つまとめてみた

美容整形においては鼻への施術は数多く行われますが、小鼻が上や横に大きく広がり鼻の穴が強調されて見えてしまう場合には鼻翼縮小術が用いられることになります。鼻翼縮小術の方法としては、内側法と外側法の2つがあり、それぞれの患者の鼻の形やバランスに合わせて、最適な方法が選択されることになります。

鼻翼縮小術の効果

内側法と外側法

内側法とは、鼻の穴の中の余分な皮膚と組織を削除することで行われ、特徴としては小鼻の外側まできらない内容となります。症状としては、鼻の穴が大きくても小鼻が外側に張り出していない人に適した方法となり、傷跡に関しては鼻の穴の中から小鼻の付け根のあたりまでとなるために、外側に対しては傷跡が出ないことになります。外側法の場合には、小鼻の外側の余分な皮膚と組織を削除して縫合をすることで小さくする方法となります。症状としては小鼻が大きく外側に張り出している人に適した方法となり、ここでは傷跡は外にでるものの小鼻の外側の溝と一致をするために、ほとんど分からな状態になります。鼻翼縮小術では、他に方法として内側法と外側法とを併用して行う場合もあり、この場合には、鼻の穴が大きく、小鼻が外側に這い出していいる人に適した方法となり、両方の施術法を用いるためにきれいな鼻の形成をすることができるようになります。

手術時間や、術後の過ごし方

鼻翼縮小術は、鼻の穴を小さくしたい人や正面から見て鼻の穴が目立つことが嫌な人、また、鼻自体を小さく見せたい人には高い効果があり、行うことで半永久的に形を保つことができるようになります。手術に関しては約30分程度で終了し、通院に関しても1回程度で済ますことができる内容となっています。そして、シャワーや洗髪などにおいても当日から行うことができます。
小鼻の皮膚や組織は、まぶたなどに比べた場合には非常に厚くできており、そのために術後の腫れは少なくて済み、あまり目立たない状態となります。ただし、抜糸をするまでの間は小鼻の傷に糸がついているために近くから見た場合には判断できることになり、どうしても回りに知られたくない場合にはマスクをすることで相手から気付かれずに済むようになります。

鼻の穴が大きい方へ

鼻翼縮小術は小鼻のサイズが気になっている場合や、鼻の穴が大きくて小さくなりたいと希望しているときに有効性がある施術で、笑ったときに小鼻が広がってしまうのを治したいと考えている人にも改善が期待できます。鼻翼の一部を切除する必要があるため、優れた医師による施術を受けることができるように、クリニック選びを行う必要があります。東京で鼻翼縮小術の対応ができる病院でも、Z字形成にまで対応している病院はごくわずかです。一般的には、切らない治療手術が多く行われています。

鼻の横幅を小さくしたい方へ

小鼻は小さいのに鼻の穴が大きいことが幅広の鼻の原因になっているときには、鼻の穴を小さくすることを意識し、鼻の穴の中から小鼻の付け根の辺りで切開し部分的に切除するなどして縫合します。小鼻の外側までは、傷ができない術式です。小鼻が大きく外側に張り出しているときには、鼻の穴から小鼻の溝にかけて切開を行い、小鼻の外側の余計な皮膚や組織などを取り除き縫合を行います。いずれも正面から見たときにはあまり目立たない傷跡になりますが、顔を上に向けて鼻の穴が見える状態になると傷跡が見える状態になります。数か月経てば腫れや赤みも引いてきてわかりにくくなります。

評判が良いクリニック選び

鼻翼縮小術の評判が良いクリニックから選んで手術を受ければ、小鼻をきれいに小さくすることができる可能性が高く、後悔しない施術になって理想的な鼻の形を長期間維持することにつながります。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*