鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻翼基部プロテーゼのデメリット3つをまとめます

顔の形は遺伝によって形成されるため、自分の顔にコンプレックスを感じている方は少なくありませんが、小鼻のつけ根や、鼻柱のつけ根が陥没している場合顔がさみしげな印象になります。

そこで美容皮膚科クリニックなどで受けることが出来る医療施術鼻翼基部プロテーゼは鼻翼や鼻柱の陥没を修正して、顔を立体的で明るい印象にすることが出来るようになります。

鼻翼基部プロテーゼのデメリット

アフターケアについて

また切開を行う為人によってはダウンタイムに起こる患部の腫れが長引いたり、細かい血管が傷つくと内出血が起こるため鼻周辺が紫色や緑色に変色してしまう可能性が高いですが、この状態は1~2週間ほどで回復するようになっていますので、あまり周りに症状を知られたくない場合は、長期休暇を利用してこの施術を受けるか、マスクを装着することで症状が治まるのを待つ必要があります。

クリニックできちんとアフターケアの処置は受けられますが、人によっては化膿や炎症が4ヶ月程続く場合もありますのできちんと定期診察を受けることも大切です。

メリットだけではなくデメリットもある

一般的に顔のふくらみなどを修正したい場合、ヒアルロン酸や脂肪を注入して高さを合わせる施術を行う場合が多いのですが、どの方法も時間が経過すると体内に吸収されてしまうため定期的に同じ施術をクリニックで受け続けることが必要になるデメリットがあります。

ただ、鼻翼基部プロテーゼの場合専用のプロテーゼを挿入して固定することによって、陥没している部位を修正して自分の希望通りの立体感のある花に仕上げることが出来ますし、状態も半永久的に維持することが出来る点も注目されています。

ただ鼻翼基部プロテーゼにも施術を受ける際のデメリットがあり、ヒアルロン酸や脂肪注入とは違って鼻翼基部プロテーゼは上口唇の裏側の粘膜を左右2cm程切開して、鼻翼や鼻柱のつけ根を上顎の骨からはがし、その部位をポケットとして中にシリコンプロテーゼを挿入するため、局所麻酔や笑気ガス麻酔か痛みに弱い方などは全身麻酔を受けてから施術を受ける必要がありますので、体にかかる負担が多くなる恐れがあります。

鼻翼基部プロテーゼをしたらプロテーゼの被膜拘縮が…デメリットを詳しく知ろう!

「プロテーゼの被膜拘縮(カプセル)」デメリットについて。

鼻翼基部プロテーゼの挿入手術において、プロテーゼの被膜拘縮(カプセル)のデメリットもしっかりと把握しておく必要があります。

プロテーゼは、体内に挿入した場合、異物と判断されることが多いものです。

体内に異物が入ってきたことによる拒否反応から、プロテーゼの被膜拘縮(カプセル)のリスクが生じます。
しこりになってしまったり、硬く違和感が生じるようになると抜去や入れ替えの手術が必要です。

手術による「傷跡」デメリットについて

鼻翼基部プロテーゼの挿入手術では、鼻と口との間にくぼみが出来てしまっている人の症状を改善することが出来る美容整形手術です。

口の中を切開して、手術を行うので、傷跡が表面に残ることはほとんどありません。
しかし、口の中にツッパリ感が残ってしまったり、傷跡が残ってしまうというデメリットがあります。
未熟な医師の場合、中の傷が表面に見えるような状態にもなりえるので注意が必要です。

「効果が無い」デメリットについて

鼻翼基部プロテーゼの挿入手術では、適した人に行わないと、手術を行っても効果が無いというデメリットがあります。

鼻と口との間の距離が狭いことが気になっている人や、法令線が気になる人にも効果的な手術ですが、もともとの状態や、その人の顔のバランスによっては適していない場合もあるので、医師の正しい判断が必要となります。

カウンセリングでしっかりと理想としているデザインを伝えることが大切です。

名医による手術でデメリットの回避

美容整形手術には、かならずメリットとデメリットがあります。

デメリットの中には、医師の技術力や、知識力でカバーできるものもあります。

最初に行われるカウンセリングで、きちんと希望している仕上がりの状態を医師に伝えることで、正しい手術を行うことができます。

また、技術力が高い医師であれば、仕上がりの状態がきれいになったり、希望通りの仕上がりとなる可能性がアップします。

名医による手術を受けることが大切です。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*