鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻尖吊り下げ術の名医

鼻尖吊り下げ術という手術を受けることにより、上向きになっている鼻を解消することができます。軟骨を移植することで鼻尖部分を下げることができるのですが、鼻中隔延長術や鼻孔縁形成などの方法があります。また、鼻の穴を目立たないようにしたいという場合、軟骨移植が必要になるでしょう。クローズ法の場合は傷跡はほとんどめだちません。この手術では方法によって仕上がりが変わってくるため、それによって印象も変わってきます。オープン法の場合は技術の低いドクターに任せると傷跡が残ってしまうことがありますし、鼻の変形などが起こってしまうこともあります。

鼻尖吊り下げ術の名医

修正や失敗のリスクがある

鼻尖吊り下げ術はアップノーズの人や鼻先が上に向いている人におすすめの手術となっています。この手術も修正や失敗のリスクがあるため、しっかり確認しておくと良いでしょう。失敗例としては鼻曲がりや感染、変形などが挙げられます。クオリティを求めるなら信頼できるクリニックや経験豊富なドクターを選択する必要がありますし、しっかりとクリニックやドクターを選んでいかないと修正の原因となるので注意しましょう。ちなみに、オープン法の場合は鼻柱に傷跡や段差が残ってしまう可能性があるため、形成外科認定医を探すのがおすすめです。また、こだわるクリニックやドクターを選ぶことにより、極細糸や傷跡クリーム、専用の薬を使ってくれるということです。

感染のリスク

ちなみに、鼻尖吊り下げ術だけでなく、どのような手術でも感染のリスクがあります。感染は鼻尖吊り下げ術のリスクの中でも注意が必要であり、衛生面の整ったクリニックで手術を受けた方が良いでしょう。クリニックによっては短時間で鼻尖吊り下げ術を行っているのですが、雑な手術をされてしまうことがあるので注意が必要です。名医なら感染率を限りなく0%にすることができるでしょう。鼻尖吊り下げ術のリスクとして代表的なものに変形があるのですが、鼻尖吊り下げ術では軟骨を挿入することになるため、吸収されると鼻の形が変わってしまうことがあります。

鼻尖吊り下げ術の名医

東京で口コミ人気の高い、鼻尖吊り下げ術を行っている美容外科を教えます

上を向いた鼻の修正に効果的なのが鼻尖吊り下げ術です。鼻尖を吊り下げるには、軟骨を移植して鼻の長さを伸ばす方法や、鼻中隔を延長して鼻を高くする方法などがあります。このうち鼻中隔延長術では、鼻の穴の内側を切開するクローズ法と、下側を切開するオープン法がありますが、鼻尖吊り下げ術としてはオープン法が採用されます。そのため鼻の下に傷跡が残ってしまうケースがあり注意が必要です。

鼻の整形手術にはプロテーゼを挿入したり、余分な軟骨を削ったり、ヒアルロン酸を注射したりする等、さまざまなメニューがあります。しかし失敗すると目立ちやすく、再修正のために手術が必要になることも少なくありません。また鼻尖は1ミリの違いでも顔の印象が大きく変わるため、あらかじめ希望するデザインをしっかりと伝え、信頼できる医師に施術を依頼することが大切です。

鼻尖吊り下げ術のうち軟骨を移植する手術は、30万円~50万円程度が東京では標準的な料金です。ただし本人の肋軟骨などを用いる場合は、軟骨の採取にも手術が必要で、料金は80万円以上になることがあります。プロテーゼの挿入などは比較的安い手術で、20万円代で実施しているクリニックもあります。

鼻尖吊り下げ術では移植した軟骨がずれたり、皮膚から浮き出て見えたりする失敗例があります。軟骨が柔らかすぎると鼻尖が曲がってしまうこともあります。また鼻の高さと向きのバランスが崩れると不自然な形になり、かえって鼻の穴が目立つ可能性があります。美的センスのない医師が施術を行なうと、こうした失敗が起きやすくなります。手術の前にカウンセリングで医師と十分なコミュニケーションを図り、場合によってはセカンドオピニオンを活用することも一つの方法です。クリニックの評判などを参考にして、症例数の豊富な医師を選ぶようにしてください。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*