鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻尖吊り上げ術の失敗

クリニックで行われている鼻尖吊り上げ術とは、鼻尖が垂れ下がっている鼻を治療する手術のことなのですが、鼻翼軟骨の一部を切開して吊り上げ、縫合することによって鼻尖部分を上げることができます。

オープン法やクローズ法などがあり、重度の場合はオープン法、軽度の場合はクローズ法がおすすめです。クローズ法は内側を切開することになるため、傷跡が目立ってしまう心配はありません。しかし、オープン法は外側を切開することになるため、技術力のあるドクターによる施術を受けないと、傷跡が目立ってしまうことがあります。

鼻を高くする整形のさまざまな方法と失敗

ちなみに、一口に鼻を高くする整形といってもさまざまな方法があります。普通のI型プロテーゼではクオリティが下がってしまいますし、プルアウト固定や拘縮フリーの素材を使えるドクターやクリニックを選んでいきましょう。鼻尖吊り上げ術のメリットとしては、鼻を高くできることはもちろん、鼻先の角度を整えることや綺麗な鼻筋にできることなどが挙げられます。また、鼻の形を自由に決められることも大きなメリットです。鼻尖吊り上げ術では鼻筋や鼻先を高くすることができるのですが、手術の修正として入れ替えをすることがあります。鼻尖吊り上げ術を受けたいと言う場合、技術があって信頼できるクリニックを選ぶようにしましょう。鼻尖吊り上げ術の失敗例としては、化膿やアレルギー、傷口が開く、糸が出てくる、鼻尖の曲がり、違和感などといった症状が挙げられます。

鼻尖吊り上げ術の失敗

鼻尖吊り上げ術に失敗してしまうと鼻曲がりの可能性が

鼻尖吊り上げ術とは、鼻先が下を向いてしまって魔女のような鼻になってしまっている場合に、症状を改善することが出来る手術です。
元の鼻の形や希望するデザインによって、手術の方法は異なります。
そのため、医師の見極めがとても大切になってきます。
また医師の技術力によって、仕上がりが左右されてしまう手術でもあります。
未熟な医師による手術の場合、鼻曲がりなどのリスクも考えられるので注意が必要です。

手術後の内出血と腫れ

鼻尖吊り上げ術では、手術の方法はいくつかあります。
ほとんどの方法において、皮膚の切開が必要となるので、手術後の内出血と腫れが伴います。
骨の切開などを行った場合には、ギブスでの固定も必要となってくるので、ダウンタイムが長引きます。
ダウンタイム中は、腫れや内出血もひどく手術跡が目立つだけでなく、外からの衝撃に弱いので、出来るだけ安静に過ごせるようなスケジュール調節を行う必要があります。

アップノーズになるリスク

鼻尖吊り上げ術では、鼻先を上向きに形成していく美容整形手術ですが、バランスを失敗してしまうと仕上がりがアップノーズになるリスクが伴います。
これは、医師とのきちんとしたカウンセリングが行われていなかったり、医師の技術力が低かった場合に起こりやすいトラブルです。
カウンセリング時に仕上がりのイメージをきちんと伝えておくことや、医師の技術力が高いことが、リスク回避のポイントとなります。

鼻尖吊り上げ術の失敗

技術の高いドクターに相談

鼻尖吊り上げ術を失敗してしまった場合、再手術を行うことになります。たとえば軟骨を切除しすぎてアッ プノーズになってしまうことがあるのですが、その場合は修正手術によって軟骨を移植することになります。失敗してしまった場合はまず、修正ができるかどう かの判断が必要となるため、技術の高いドクターに相談してみると良いでしょう。また、失敗を避けるためにも信頼できるクリニックやドクターを選んでいくこ とが大切です。

名医による手術が必要

鼻尖吊り上げ術では、医師の技術力や正しい判断力が非常に大切になってきます。
元の鼻の状態や、希望する仕上がりのイメージによって、手術方法が異なるので、正しい手術方法の選択をすることが大切です。
また技術力が低い医師の場合、失敗のリスクも高くなるので、注意が必要です。
名医であれば、豊富な知識と、高い技術力を持ち合わせているので、すべての面で安心して任せることができます。
医師選びを慎重に行いましょう。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*